さよさんの映画レビュー・感想・評価

さよ

さよ

へたっぴ映画記録帳。
どんでん返し映画、頭が悪い(褒め言葉)映画と音楽映画、大友克洋作品が好きです。ドラゴンボールブーム到来中ー!評価激甘。
twitter→@ah_cg82

映画(293)
ドラマ(0)

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

ありがとうMCU。
ありがとうアベンジャーズ。
MCUオタクになれて本当に良かった。
今までMCUに携わった全ての人たちそして一緒に興奮を分かち合えた友人達。
本当にありがとう。

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

5.0

もっと早く観たかった。
あまりにカッコよすぎて、泣いた…………
なんかさ、純粋に女の子がヒーロー目指していいんだなって。
最近のMCUでダントツトップに興奮した作品。
スパイダーバースといい、「ヒーロ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

2ヶ月ぐらいレビューサボってました。
忘れないうちに。

60年代のアメリカ、ガサツなおっちゃんと生真面目おっちゃんのでこぼこロードムービー。

ガサツなおっちゃんこと、トニーの行動の雑っぷりがとても
>>続きを読む

ドラゴンボールZ(1989年製作の映画)

3.5

Z1作目。
お決まりのツンデレセリフを放ち、加担するピッコロさんのカッコよさ。「悟空のライバル」として最も輝いていた時期のピッコロさんだ…最高だ……

悟空さがちゃんとパパだ。
守るものがあって戦って
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

4.6

無理をしてでも新宿へ観に行けばよかった。
それぐらい新宿。そのまんま新宿。
このシリーズを通しての舞台なんだから当たり前なんだけど、
ここまで一つの場所に対する愛を受け取れたんだから、その場で体感した
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.0

悔しい
と常に感じ続けていた作品。

メリーポピンズは小さい頃に何度も何度も観ていた作品なのに、全然覚えてなかった。
このシーン、知ってたら感極まるポイントなんだろうな〜と、なんだかよく分からない冷め
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 神と神(2013年製作の映画)

3.7

楽しいビンゴ!ハッ!
DB劇場版巡りも終盤に差し掛かってきました。
「復活のF」および当作品の叩かれようったらすごくて、観ようか迷っていましたがせっかくなので制覇します。


結論。
めちゃくちゃ面白
>>続きを読む

ドラゴンボール 最強への道(1996年製作の映画)

3.7

少年篇の中だと、ダントツに面白い!まさに冒険譚。

悟空とブルマの出会いからRR壊滅までのリメイク作品。

劇場版は基本、DB本編の延長線上にあるものだけど、この作品は単体で独立してるイメージ。
ブル
>>続きを読む

ドラゴンボール 神龍の伝説(1986年製作の映画)

3.3

物語を冒頭からなぞりつつ、オリジナルな展開も交えて摩訶不思議アドベンチャーを繰り広げる劇場版第1作目。悟空さの絵のタッチこの時が一番可愛くて好き。
何度見てもブルマとの出会いはワクワク。

今食べてい
>>続きを読む

ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ(1990年製作の映画)

3.2

ツルマイなんとか山にミソカッツンにエビフリャー…
鳥山先生出身地だからか、突然の名古屋ネーミングラッシュに地元民、腹筋が持ちません。

ピッコロさん、だいだいだいだいだーいすっき〜♪な悟飯のかわいさ。
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!! ぶっちぎりの凄い奴(1993年製作の映画)

3.0

劇場版は悟空死んでる事多いよね。7年も死んでたもんね。よく考えるとめっっっちゃ長い。

SS2の悟飯のぶっちぎりなカッコよさよ。
でもね、悟空さ、、優しくしてあげて、、、笑

親子展開及びSS2はこみ
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ(1994年製作の映画)

3.4

悟天トランクス18号クリリンサタンがメイン。

どのキャラも秒殺されなかったし、何よりも18号が活躍してくれて嬉しい〜!
いまんとこクリリン皆勤賞なのにかっこいい〜!と思ったのは今作が始めて!笑 あま
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人(1992年製作の映画)

3.8

DB劇場版は悪役気になる順で鑑賞しているので、
そろそろ知らんキャラの作品に差し掛かってきた……とあんまり期待せず鑑賞したら、

こんなところで高得点な作品発見!(DB比)

バーゲンセール前の超サイ
>>続きを読む

太陽に恋して(2000年製作の映画)

4.6

愛おしすぎる作品。

冴えない教員見習いのダニエルは、ある日太陽が描かれた指輪を売りつけられる。
その指輪を身につけると、同じ「太陽」を持つ者と運命で結ばれるとのこと…。

クスリ、盗み、違法な国境越
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

Here to the fools who dream.

真っ先にLALALANDのこの歌詞が思いついた。

夢追い人たちの頂点に立った者こそ、一番人間らしいのかもしれない。

最近波に乗っているで
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.2

ずーーーーーーっと、観たかったやつ。

思ったよりコメディじゃないけど、これはコメディ。コメディ!コメディであってくれ……

ヨーロッパ映画らしいシュールでスローテンポな笑い。「ヒトラー最後の12日間
>>続きを読む

ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険(1988年製作の映画)

3.5

ちょっと設定を変えて、
少年編の中盤あたりをなぞった内容。

背景の作り込みは過去作1!
中国ベースでしっちゃかめっちゃかした雰囲気がかわいくて、
スクショしまくりしました。

とりゃりゃりゃ!!
>>続きを読む

ドラゴンボール 魔神城のねむり姫(1987年製作の映画)

3.5

少年編!!

ちっこい悟空とクリリンかわいい!
動いてるランチさんかっこいい!
そうだブルマとヤムチャ付き合ってたわ!
めっちゃ80年代って感じの目的とビジュアルを持つ悪役だー!

頭からっぽで楽しめ
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる(1995年製作の映画)

3.7

ある……ストーリーが……ある…
それだけで泣きそう()

今回はちびトランクスが主役。孫家以外が要になるのって結構珍しい。
あとあと!オープニングの悟飯のかっこよさ!グレートサイヤマンめっちゃ好きでし
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ(1995年製作の映画)

3.9

今回の劇場版除いたら、一番好きな作品だー!!

DBはどんなに頑張っても緊張感や絶望感が出しにくい世界観を持ってるなぁって思うから、割り切ってコミカル成分70〜80%入れた作品の方が好き。

ゴジータ
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦(1990年製作の映画)

3.5

お決まり
中ボス(vsピッコロさん悟飯)→大ボス(vs悟空)でフルボッコ展開は置いといて、

野沢雅子さんカッコよすぎる作品!
DBを知る前から聞き慣れている悟空ボイスを基盤に、
悟飯みたいな子供声や
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち(1992年製作の映画)

3.7

「あぁよかったこれはストーリーっぽいものがある…」と思ってたけど今考えるとやっぱりなかった。

ベジータ劇場版初登場回とのこと!登場シーンカッコ良かったけどボコられるの早い!!笑
もっと小さい頃にDB
>>続きを読む

ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強(1991年製作の映画)

3.6

フリーザのお兄ちゃん登場!声も同じ!
ギニュー特戦隊的なポジションな中ボスも出てきて、フリーザ編リスペクトな内容。
だからかな、悟空が超サイヤ人になった時の演出がめっちゃ力入ってる!最高だ〜!!

ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない(1994年製作の映画)

3.2

カカロットォォ!とうぉぉぉ!しかセリフがなかったブロリー さん。
なんか弱っちくなったブロリーさん。

ブウ編の前ぐらい
悟飯がお兄ちゃんしてるのと、ラストの親子かめはめ波が胸アツ。

「?」だった前
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空(1991年製作の映画)

3.0

めちゃくちゃハマってますドラゴンボール。

ピッコロ大魔王編なぞったような内容。
時系列理解せずに観てた。
フリーザ編の前?ベジータ来た後?らへんだけど、悟空が超サイヤ人になりかける。かっちょいいいい
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.2

予告編をちらっと見かけてからずっと気になっていた作品。
「意識飛ぶ」という意見を耳にしたので、しっかり睡眠をとってから観に行きました。笑

予告から、心がほっこり温まるラブストーリーだと勘違いしてたけ
>>続きを読む

鉄コン筋クリート(2006年製作の映画)

4.8

もちもーち、こちら地球星日本国、シロ隊員!応答どーじょー。

日本の下町?イスタンブール?香港?寂れてて、ぐっちゃぐちゃな宝町の雰囲気よ。行きたい架空の街ランキングダントツの1位。

そんな宝町をぴょ
>>続きを読む

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

4.0

犬ヶ島観てから気になりまくってた、ウェス監督のストップモーション作品。ロアルドダール原作なのは知らなかった!
2人ともストーリーにちょっぴり毒入れる人だし、相性良いに決まってる。

犬が島の時も思った
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

「泣きすぎて鼻血が出る」という謎体験をしました。
思わぬところで2018ベスト候補。

本当、皆さん口を揃えて言っていますがラストのライブエイドのアツさ!なぜ泣いているのかもわからずただマスカラを溶か
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

4.5

ワールドプレミア!行ってきました!

ネタバレ無し。

こんなシーン観たかったなぁって要素がつめつめなハイスピード戦闘シーンに、

漫画だけのニワカな私、ちびっこたちからコアなファンの方まで、ドラゴン
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.8

普通ってなんですか?

文明から離れて自給自足生活を営む一家が、あることをキッカケに街に乗り出すロードムービー。

冒頭の狩猟の儀式やトレーニング、何もためらわず動物を殺し骨を集める子供達、あの年で量
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.6

くそったれなドルーグの、最高にホラーショーな話(使い方あってるかな)あのベタベタ喋るセリフがクセ。Righty, right?って言ってみたい。

disと賞賛、両方の意味を込めて「趣味が悪い」作品。
>>続きを読む

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD(2015年製作の映画)

1.5

前作同様、ダイジェスト鑑賞。

絶句。

「最低5行はレビューを書く」という自分ルールを破ってしまいますが、この言葉でしか表現ができませんでした。(ギリギリ5行)

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

2.1

お酒片手にダイジェスト鑑賞

オープニングのアニメが一番良かった…()

原作に忠実な必要はないなーとは思っているけど、これはあまりにもスカスカで、面白くなさすぎて笑うことすら超えて真顔になった。
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.8

正直、あんまり期待していなかった。
サムライミ版だと2人のピーター/スパイディに対する執着の描写が印象的なヴィランだったから、スパイディ不在の世界線だとこの2人の良さがあるのかなーって。
シリアスな映
>>続きを読む

>|