みきちゃさんの映画レビュー・感想・評価

みきちゃ

みきちゃ

since DEC. 2017.
never to feel comfy about giving fxxing scores but i do.

映画(869)
ドラマ(0)

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.9

サントラやっば!かっっっっこいい。
景色もアングルもかっこいいんだけど、なんせ音がめっちゃ良い。ジョニー・グリーンウッドがサウンド作ってる映画全部観たくなる勢い。一番ハマった曲は「YWNRH」。

1
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

3.8

「ペンタゴン・ペーパーズ」と「大統領の陰謀」を観たら「ザ・シークレット・マン」の流れ、あると思います。

ウォーターゲート事件の捜査真っ最中のFBIの内部事情が、内部告発者のFBI副長官マーク・フェル
>>続きを読む

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

4.5

「ペンタゴン・ペーパーズ」をみたらコレの流れ、あると思います。はー…面白かった…。やっと自覚したけどどうやら”ジャーナリズムが熱い!”系の物語が好きらしい。

「ペンタゴン・ペーパーズ」のラストシーン
>>続きを読む

劇場版 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)負荷領域のデジャヴ(2013年製作の映画)

3.7

2011年のアニメのSG世界線のほうの、その後の物語。

観測者には後遺症めいたものが残った。
観測者が向かう残酷な未来を変えるために過去へ飛び、ふいに回収された伏線に泣けた。ここまで見てきた25話分
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

3.3

ちょっと奥さん!
アナスタシアは発情期無双!!!
クリスチャンはさらなるセレブ無双!!
なんなん!

1よりも振り切ってたので、やはり最初から3部作通しで見据えてて、徐々にギアをあげてく計画だったんだ
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.4

なんか元気出た!トーニャもトーニャ母も超絶タフネスで、元気もらった。社会派の方向に持っていくわけじゃなく、ユーモアだらけで、誰のことも裁かないし、美化しすぎてもないし、そのせいでたまにかなり胸が痛いん>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

ギラギラした昭和。
じりじりと暑い夏。
面子をかけた極道達の熱。
この平成の終わりに「東映じゃけえ!」

原作を読んでからずーっとめちゃくちゃ楽しみにしてた映画。凝った構成に痺れた小説だったんだけど、
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.8

とにかく何にも考えず楽しく観れて眠気も誘わない作品を求めて映画館へgoしたらどんぴしゃで感謝しかない。おもしろかった。VFXがだいぶすごい王道ヒーロー映画が邦画にも生まれてちょっと感動。元気な邦画♪ >>続きを読む

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(2015年製作の映画)

3.2

ドル箱小説三部作の映画化第一弾。
この一作目はラジー賞に愛されまくってたのに、三作目は結構評価が高いことが気になって見てみた。

映像きれいだなー。夜景とSMシーンが特にきれい。主演の二人もきれい。カ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.8

がっつり宇宙云々なSFだとばかり思っていたら、蛸さんと禅問答する映画だった。澄んだ綺麗な空気を摂取して、精神が洗われたみたいな、なんかそんな気持ち。

思考は、話す言語により確かに影響されると思ってい
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.0

「なにわづにー さくやこのはなー ふゆごもーりー」

やーーーー、泣いた泣いた。
上の句、下の句、―繋ぐ―全五話、―結び―をこの土日で一気見して、気持ちは盛り上がっぱなし。ほんっと楽しかった。色んな気
>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.9

上の句だけ観てから寝るはずが、続きが気になって下の句も観てしまった。

松岡茉優様…。じょ、女帝や…。
冷たい目線と不適な笑み、恐れ入り奉ります…。
松岡茉優主演で「大奥」とかやらへんかな。

迷える
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

4.0

競技カルタすっげー!熱量、そして迫力!
青春アクション映画やんか。スポ根上等。

ちはやふるの出演者がどんどん売れてくー……と、見逃した感が増す一方だった昨年。三作全部で、若手役者陣の成長譚になってる
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

まさか涙するなんて!
ノリにノッてる韓国映画界の勢いをまたもや感じた。

二倍速ゾンビやばいー、ちょう速いよー。
ピストルでどんぱちやらないのを新鮮に思っちゃうくらい、いつのまにかハリウッド的ゾンビ映
>>続きを読む

ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界(2012年製作の映画)

4.0

双子のように育ってきたジンジャーとローザ。変わらないでと願うものは変わっちゃうし、変わればいいのにと願うものほど変わらない。だいたいそんなもん。

いつ第三次世界大戦が起こってもおかしくない時代に思春
>>続きを読む

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

良いお話。俳優さんたちが良いのと、二転三転するのとで飽きはしなかった。取捨選択の苦悩にグッとこなくて、あんまし良い視聴者にはなれず。

禁煙したい人向け。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

ソン・ガンホの兄貴ーっっ!
1980年5月のあの光州事件をどんな風に描くのかとこわごわどきどきで映画公開を待ってた。結果としては、ハードな史実の部分も描きつつ、人情味溢れるエンタメになってることにグッ
>>続きを読む

自由が丘で(2014年製作の映画)

3.5

人を探して日本から韓国にやってきたモリの韓国滞在記。

とても自然で、素のまんまかのような加瀬亮。加瀬亮が喋る英語めちゃ好き。彼が手紙に書く内容のせいもあったかもしれないけど、素直で嘘のない人ってかん
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.7

「レディ・プレーヤー1」をみたらコレの流れ、あると思います。人生二回目の「シャイニング」。ホラーも怖いのも嫌いなのに、これはなぜか怖くないし、意味深なのか意味深じゃないのか決めかねる点が多くてたまに思>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

IMAX3D鑑賞してそのまま映画館の席から立ててない。映画終わってちょっとましてから涙出てきた。感動した。すごい笑ったし、めっちゃ幸せな気持ち。いま目の前にスピルバーグが歩いてきたら胴上げする。

>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

4.4

予告もあらすじも知らずに見た。快作!!!
なんだろうこのエモさ。ちょうエモい。次見たらきっと泣いちゃう。

R15のラインきわきわに過激だったこの映画を見終わってみると、印象に残ったのはなぜだか綺麗な
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.9

求めていた"ザッツ・リーアムニーソン!"がいてくれてめちゃくちゃ満足。楽しかったよリーアムニーソン。リーアムニーソンfeat.乗客のみなさんもありがとう。安定のリーアムニーソンでありがとう。
 
毎朝
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.8

2000年代にドイツで実際に起こっていた連続殺人事件を元に構想が練られた作品だそうな。エンタメ感もまぜこまれていたけど、私にはドキュメンタリー色のほうが濃く思えた。主人公カティヤはごく普通にそこらへん>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.4

時間が過ぎるにつれて自分の中でじわじわ映画の評価が上がってってる気配がありしばらくほっといてみたら、鑑賞直後スコア3.7くらい→ 4.4まできた。良い映画やった…としみじみしてる。この四時間映画の良さ>>続きを読む

ハッピー・アニバーサリー(2018年製作の映画)

3.3

"I just want the most perfect version of imperfectness"

かあいらしいカップルだった。これだけ息ぴったりだと、実際に付き合って三年分の月日を重ね
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.9

「ブレックファストクラブ」を見たら次はコレの流れ、あると思います。やっぱり楽しいジュマンジ!ゲームのなかに引きずり込まれて、ミッションコンプリートを目指す冒険がたのしいだけじゃなくて、リアルの自分と正>>続きを読む

10人の泥棒たち(2012年製作の映画)

3.3

「あっ!悪女のアジョシ♪」という個人的に良き掴みがあったのに三回も寝落ち。でも諦めなかった後半はたのしかった。色恋絡みのエピソードはもっと深掘りしたバージョンで見てみたい。

魅力的な女優さんが多くて
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.2

「ピッチパーフェクト」をみたら次はコレの流れ、あると思います。土曜日返上で図書館に缶詰めにされた、普段の学校生活では交わることのない高校生五人の会話劇。

以下ネタバレ
===============
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.4

立ち見とかひっさしぶり!そんなに人気ある二人とはまったく知らなくて混み具合に驚いた。警察大学の学生二人の真っ直ぐな正義感が気持ちいい、王道の青春コメディ。掛け合いが上手で楽しく見た。

大きな組織は手
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

予告から伝わってきた「行方不明になった息子を探すサスペンス」ではなかった。「現代人まじでやばいよ」というメッセージを掲げた、考え込まされてしまう余白たっぷりの社会派ホラーだった。ラブレスというタイトル>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.6

「あー…」
「きー…」
「せー…」

稲垣さんのパブリックイメージを活かしたEPISODE.01。満島真之介のキャラがいい味添えてた。

素っぽい自然体の香取くんがいたEPISODE.02。こんなのこ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.5

胸に込み上げるものがあった。スピルバーグかっこいい!すごいと思うのは初めてじゃないけど、彼はほんまに巨匠なんやなあとちゃんと実感させられた。伝えたいメッセージがあって、それを届けるために自分の最大の武>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

5.0

愉しかった!古き良き感とお金かかりまくった映像美がコラボした最高のスペースオペラ!拘りまくりなところと雑すぎるところ、どちらも多すぎて惚れ惚れした。なにより映像が良かったのでもいちど劇場でみたい。次は>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.4

開始早々に、Joyみたいな人とは友達にならないわ!という気持ちが蔓延して引きぎみで。途中からはまあわかればよろしいよと思えたんだけど、てか、そんな色眼鏡かけやんかったら物語的に順当にこの展開になるって>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.5

えーーーーーーーーーーーちょっと待ってこれどうしよ
ここ10年イチの動揺きたーたすけて

……一旦置いてみよ。
24時間くらい置いてみよ。そうしよう…

=====
1日半置いてみたけどまだまとまらな
>>続きを読む

特捜部Q 檻の中の女(2013年製作の映画)

3.3

デンマークのコペンハーゲン署の殺人課で、迷宮入りした未解決事件を再捜査する刑事サスペンス。原作がちょうおもしろかったし、デンマークにも興味がわいたしで映画もみてみた。キャスティングめっちゃいいなー!と>>続きを読む

>|