みきちゃさんの映画レビュー・感想・評価

みきちゃ

みきちゃ

since DEC. 2017.
never to feel comfortable giving fxxing scores but i fxxing do.

映画(989)
ドラマ(521)

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

4.0

なにこれwwww
ラッセル・クロウとライアン・ゴズリングのへんなバディによる「アメリアを探せ!」。このオフビート感と笑いのセンスが合うかどうかにつきる。30分くらいでギア入れ替えなくちゃとなって、一回
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.4

瑞々しさ!信じられんくらい瑞々しい!
北イタリアの夏。広い空。青々とした木々。ピアノの旋律。水の音。知的なご両親。心地好かった。

ティモシー・シャラメが惜しげもなく美しくてもはや背徳感。演技すごいな
>>続きを読む

ミスター・ルーズベルト(2017年製作の映画)

3.6

監督脚本主演ノエル・ウェルズによるラブコメ。正しい人の正しさが時に暴力的なのわかるなあ。その気遣いや思いやりって、喜んで嬉しがれないわたしが悪いんですか?「ありがとう」以外の台詞は受け入れられないんで>>続きを読む

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

4.1

うっ………てかんじで。

外見健康中身病みな人と、中身健康外見奇形な人が共存する、ドーリィでパステルで最高に夢かわゆいアシンメトリーな世界のヒューマンドラマ。

自分でも気付いてなかった差別的な固定観
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.6

余計なものがほとんどそぎおとされたようなシンプルな作品で、監督かっけーとなった。実験的でも手堅い感じ。

お三方、サクラメント出身やったとは。一人一人の点と点を繋いでそれまでの歩みを描き、一般人の日常
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.7

色々しんどそう…。
豪華メンバーでおもしろかった。

朝井リョウの本は、初期の「もう一度生まれる」と「少女は卒業しない」がめっちゃ好き。情熱大陸をみたときに、んーなんかちがうか??と思ってて、直木賞以
>>続きを読む

ベテラン(2015年製作の映画)

4.1

「新しき世界」でみつけたチョンチョンことファンジョンミン目当て。やっぱり良い。出演作全部観たくなる。

財閥のワガママご子息ご令嬢スキャンダル系はわりと好物。全体的にエンタメに振り切ってて面白かった♪
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

4.4

"Congratulations, Thomas! Your world is becoming contextual!"

ニューヨークはマンハッタンのロウアーイーストサイドに住む青年、トーマス。な
>>続きを読む

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

4.2

短いシーンや、何の気なさそうな台詞に込められてるものの重みにくらくらした。一見まともで順調そうな社会人が、精神的にバランスを欠き、満たされないことに依存して、自分をどんどん傷つけてしまう。

シシーが
>>続きを読む

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

4.0

続・ニューヨーク行きたみ!

アメリカ版VOGUEの2007年9月号、制作の裏側ドキュメンタリー。面白い。こういうのみるたびドラマ「アグリー・ベティー」まんまで、やはりあれはいろんな角度から考えても大
>>続きを読む

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

4.0

ニューヨーク行きたみ!!
 
街が日常そのままの表情でうつってたような。

夜に似合いの音楽。ゆったりした会話。
めかしこんでないアンハサウェイ。
シンプルで肌ざわりの良さそうなお洋服。

弟くんがス
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.0

「それ言ったら人間関係終わっちゃうんじゃね?」ってなる言葉のハードルは、相手が血縁者というだけでぐんと下がるのかもしれない。親兄弟姉妹など、血縁関係が近ければ近いほどに。血が繋がってるという事実は、切>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.2

CRAZY, STUPID, LOVE.

ゴズリング氏からのオファーのキャッチーなこと!聞き惚れて4回リピートした。きっちりスタイリッシュにお仕事をこなすゴズリング!

カレルには、自分の名前を名乗
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

4.0

頭空っぽにして楽しむどたばた群像劇。良い後味。

レストランパート:
松坂チャラい桃李の、ベッドへダイヴきめながらの「注射しちゃうぞハニーーーーー」がやけにすてき。そして戸田恵梨香の飛び蹴りぃー♪ 戸
>>続きを読む

浮き草たち(2016年製作の映画)

4.2

ファンタビのスキャマンダー兄ことカラム・ターナーがちょっと気になって鑑賞したら、のしのしとした彼と「アンダーザシルバーレイク」でみかけた可愛い子がボーイミーツガールする青春ロードムービーでいとをかし。>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

IMAX3Dめちゃくちゃ楽しい…。縦横無尽さが、美しさが、魔法のマジカルっぷりがたまらなかったー♪ 何も始まらないうちから、ぐんぐん接近してくるワーナーのロゴの金属の質感だけであがるのでほんとチョロい>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.1

大切な人の存在が最高潮にくっきり際立つのは、その人が不在の時。無言は時に言葉よりも雄弁で、静けさは時にとてつもなく騒々しい。

時が止まってしまった人(だったもの)にとっての時ってこんな風に流れるのか
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.9

シリーズ安定の面白さー♪ 鬼ごっこよかった。大層なアウターもよかった。女性になびかないハードボイルド大泉洋を落とす北川景子の涙。あんな表情向けられて助けてあげない男なんていませんよねという説得力。>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.6

IMAX3Dで観るMARVEL映画たのしすぎ。正直「3Dか4Dでアトラクション的に体験する以外の鑑賞方法なら、べつに観なくていいや」くらいに思ってるMARVEL映画。でも、ヴェノムはそういことではなか>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.8

ヤスケンさんの「お館様ぁぁぁ!!どういうことじゃあぁぁ〜!!」で爆笑。

だらだら見れるハートフルコメディを求めたらドンピシャ。ゆるーい伏線がゆるーく回収されてくのがよかった。

悩める夫役が似合うヤ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.7

20世紀FOXのファンファーレやっば!掴み良すぎ!一気にあがった。

ボヘミアン・ラプソディをIMAX鑑賞してから一週間経って、今もまだ余韻が続く。レジでお会計をするたびに、お札の髭面に「あっ、フレデ
>>続きを読む

キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!(1999年製作の映画)

4.0

「ペンタゴン・ペーパーズ」にグッときて「大統領の陰謀」を観て「ザ・シークレット・マン」を観てさらに「フロスト×ニクソン」も観て、ラスボス「ニクソン」も観たら、満を持して「ディック(原題)」鑑賞の流れ、>>続きを読む

ニクソン(1995年製作の映画)

4.0

「ペンタゴン・ペーパーズ」にグッときて「大統領の陰謀」を観て「ザ・シークレット・マン」を観てさらに「フロスト×ニクソン」も観たら、いよいよラスボス「ニクソン」鑑賞の流れ、あると思います。
 
映画冒頭
>>続きを読む

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)

3.7

ほんの5日前の、10月30日のこと。ジョニー・デップが演じたジェームズ・"ホワイティ"・バルジャーが亡くなったニュースを目にして再度鑑賞。重厚で渋がりすぎな映画であんまエンタメしてくれないけど、配役も>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

4.3

予告からはまったく想像できてなかった、素敵な寓話だった。お金にまつわる現代の寓話。

まったりしながら、佐藤健と共に、お金について自分なりの経験を元にすっかり悟りを開いちゃってる癖の強ーーーい人たちと
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

面白い試み!小説ならメフィスト賞とれてそうなやつ。ぜひとも映画館ではなくて自宅PCで観たいと思った映画は初めて。自分がマウス操作してる感覚におちいってメタれそう。PCで観てみるという楽しみが出来た♪>>続きを読む

チワワは見ていた ポルノ女優と未亡人の秘密(2012年製作の映画)

4.3

さすがに黙ってられへん。原題は「Starlet」なので!!!(大声) ちっちゃい星とか、新進女優とか、そんな意味合いで、このスクリーンデビュー作で主演をつとめた、大作家ヘミングウェイの美しいひ孫のドリ>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

-

デイジー、デイジー♪ 君の答えを教えて♪

製作50周年記念IMAX特別上映。はーーーーーーーーーーーーーーーー、疲れた。感性のレイプってかんじ。てかほぼ修行。完全に徳を積んだ。

4度目の挑戦にして
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

4.3

柳楽氏、あなたほんとに何者…。まったく娯楽としては見れなくて、そこそこ退屈しちゃったとはいえ心に迫るものがあった。

得体の知れない柳楽氏。よくわからないけど明らかにヤバい。パーソナリティが不明で、行
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.9

不穏な世界観にめちゃくちゃ美人なサラ・ガドンと綺麗な顔したエイダン・ロングワースがいるのがとてもよかった。展開が早々に読めのたもどうでもいいくらい見てて飽きなかった。意外と後味は悪くない。なんでやろ。>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.3

色んな角度から、どっからどこまでー。どんだけー。

絶妙に昭和でチープで軽薄でポップなのが癖になる、
チャムの「愛の天使」。

恋はドッキッドッキッするけどっ
愛がLOVE LOVEするならっ
もっと
>>続きを読む

抱きたいカンケイ(2011年製作の映画)

4.2

当たりチックフリック♪
コメディ練習中っぽいナタリーポートマンかわいい。アダムがまじでスイートハート。

"The worst thing you can do in life is to say n
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.3

面白いとか素晴らしいとか、ぜひそんなん言えたかったけど残念ながら言えなくて、でも一つ間違いないのは自分がこの映画にちっとも追いついてないこと。そしてそれがすごく嬉しいということ。映画の底はまだまだ見え>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

4.3

一回観て、すぐにもう一回観た。気になる場面が多過ぎて珍しく何回も止めたり戻したりしながら観た。なんせ全編通して文学映画ポップカルチャーなど界隈の偏差値がめちゃくちゃ高い。そして話とキャラ設定のベースが>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

4.1

はー。いいなあこの雰囲気。素敵な色味に浸った。アメリカの高校生達の、夏休み最後の一夜の群像劇。
 
明日になれば3カ月ぶりに友達に会えるとか、後輩が出来るとか、席替えクラス替えがあるとか、可愛い転校生
>>続きを読む

>|