あいさんさんの映画レビュー・感想・評価

あいさん

あいさん

映画(119)
ドラマ(7)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.6

先行、前夜祭上映にて!
すべては、ラストシーンのためのもの!
予告通りに泣けた〜〜〜〜〜〜( ; ; )

スターの光と影。
どんなに富と名声を得ても、どこか物足りない。
それは、あんなに大スターで
>>続きを読む

紅の豚(1992年製作の映画)

3.6

渋い!そして、誰も悪役がいないことがとても気持ちの良い作品!

相変わらずの多くは語らない(魔法の謎とか)ジブリ作品やけど、引き込まれるし、魅了されるなぁ、、

きっとキャラクター一人一人が確立されて
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

なんでもない日常こそが、本当はどんな映画よりもドラマなんだよ、と言われたようなそんな一本。

静かに、淡々と、冬の早朝の空気感みたいな。

最近ずっと退屈な毎日を感じてたから、ちょっと心を改めて、窮屈
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.6

ただただ、ティモシーシャラメが美しい。
皆さんの感想の意味は、観たらわかる。
ただただ美しい、もはや神々しい。
ザ、美少年。

ひと夏の恋、一生忘れられない愛。
ってかんじかなぁ、、
オリヴァーも素敵
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

思ってたんと全然違くて、
ヒューマンものやった。

ストロー以降が、急に思いやりのある話に転換されて、ちょっと泣けた。

怒りに怒りで返しても、
きっと怒りの連鎖にしかならなくて。
どこかで断ち切るこ
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

3.5

遺伝子操作について考えさせられた。
やっぱりあかんことやと強く思う。
優劣つけて、なにになる?

ジュードロウがよかったなぁ、

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.7

すきな一本。
急に父親役がはじまり、
気づけば誰よりも愛に溢れた父親で。
まさかの展開からの最後ではあったけど、
あったかい作品やった。

世の中、みんなあんな親やったら子どもの嫌なニュースみずに済む
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.6

どんな形でも、
愛があればひとって曲がらへんのかもなぁ、
とにかく優しくなれる一本。

洋画でこうゆうの珍しい!

トップガン(1986年製作の映画)

3.6

午前10時の映画祭にて!
この企画、もっともっと普及して欲しい
素晴らしい企画やとおもうー!( ; ; )
邦画の近代名作もぜひ希望!

この時代の映画はやっぱり良いなぁ、
時代背景、ファッション、
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

3.5

‪レイトショー🌛

アラサー以降の女子には辛くも(笑)美しくも美味しくもある映画ではないでしょうか。
むしろ、アラサー以降の女子じゃないと楽しめへんかも、、?

どやったら幸せになれるのか、なにが幸せ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

おもしろかったー!
ザ、エンターテイナーな一本\(^o^)/
8番目が誰なのか、とか見え見えやけど、
それでも楽しめたっ
ゴージャスさ、ビューティーさ、豪快さ、ハッカーさ(笑)、洋画の良いところがふん
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.5

前評判の悪さに期待せず観たら、面白かった!
今までのジブリ作品をふんだんに使った感。
魔女の宅急便をベースにハウルやら千尋やら、、、

ジブリ卒業生の作品でなく、
ジブリ!!の本気の作品がそろそろ観た
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.7

ときめも映画!
観に行ってよかった〜〜〜
原作も少し読んでで、女子漫画特有のキャピキャピ感がなくて好感触やったので、思いきって観に行ったけど正解でした!
珍しく実写成功してた!

すごい楽しませてくれ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

スコアが付けられへん、、
よかった!で片付けるには違うと思う。

毎度のことながら、終始ほんまに存在するかのような、ドキュメンタリーみてるような感覚になった。

当事者にしかわからへん中で、他人の憶測
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.6

ベタベタな内容で、予想通りの展開やけど、それでもハッピーな一本でした!
やっぱりあの代表曲(タイトルわからん…笑)が最高に楽しい気分にさせてくれる^^

人種とか障害とか、ボーダーレスで、ひねくれてみ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ついにー!
我慢できず早速観てきました!!

まぁー、冒頭から面白いし、
王道の、はるか遠い銀河の宇宙で、、
っていうはじまりにサブイボ…!

ヨーダが出てきたことが一番嬉しかったなぁ…

内容は、う
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.6

公開初日にレイトショーで!

素敵で微笑ましい、一本!
海辺とか夕焼けとか、演出がすごく素敵やった。
お産後の家族の様子には、最高かよと。

いやー、なによりフランクの不器用で優しくて誰よりも強い思い
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

簡単に言ってしまえば、サブカルな一本。

ツチダに共感はできひんけど、わかる気はする。
オダギリのハギオはらしすぎるし、なにより太賀のせいちゃんが最高やった。
せいちゃんには共感。

バンドごりごりか
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.6

アイハブアドリーム!
キング牧師が思い出された。
(ちょっと出てたね。)

綺麗にまとまった一本でした。
ところどころ目頭が熱くなった。
MVPはやはりケビンコスナー!
渋いよかっこよいよ〜〜

綺麗
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.3

日本版、ラブアクチュアリー感。
きらいじゃないね!ザ、娯楽!
里見浩太朗夫妻に+0.1

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.6

質より量な一本。(笑)
相変わらずもうなんでもありで、
正直ツッコミどころ満載やけど、
息抜きにはぴったりでした!

ドムはもちろん、ジェイソンが…❤
キャラ変しすぎてて笑えたけど、
ジェイソン好きな
>>続きを読む

森山中教習所(2015年製作の映画)

3.5

なかなかに良作かと!
わたしはすきでした!

自分で決めたんなら、いーんじゃん?

今の私には背中を押される一言だった。

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.4

うーん、、
過去作がやはり良いかと。

はじめから気分悪くて、記憶が曖昧な描写の撮り方も、不快やった。

ラングドン教授が全然魅力的でなく残念無念のひとこと。

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

3.6

浅くはあるけど楽しめた!
クリスパインのキャプテンが格好良くてマル!

SFものをすんなり受け入れることができる人とできない人の差は何なのでしょう…。

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.5

蒼井優の狂いっぷり、流石。
内容としては、なにがどう、ってことはないんやけど、それが逆に現実っぽくて。

とりあえず、はみだし者しか出てこなくて、そんな人たちが頑張る訳でもないけど、ただ生きている、と
>>続きを読む

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

3.6

内容は、簡単で浅いけども
そんなことはお構い無しに思えるほどのアクションに痺れたし、楽しめた!!

冒頭からかっこいい。

ヴィン・ディーゼルは格好いいなぁ、
いまやワイルドスピードのイメージが強すぎ
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.4

途中で少し寝てた!(笑)
こんなことはじめて!
コンディションが良くなかったか…

でも久しぶりにウィル・スミスが
ウィル・スミスでよかった!
キャストはまる!
オチが、寝てたこともあって?(笑)
>>続きを読む

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

4.0

わたくしのフェイバリットムービー、仲間入り。
トップの方に入るかも。
雰囲気、俳優、内容、
すべてにおいて良い作品であった。

なぜ今まで観る機会がなかったのか疑問。

最後はもちろん、
所々泣けてし
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.0

ひさしぶりに観た。
泣いた。
何度観ても、良いものは良い。

希望は、永遠の命。
Brooks was here.


やはり、名作中の名作。

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.4

読めたー!(笑)
どんでん返しに期待したものの、
後半はオチが読めました。

何よりケビンスペイシーが不気味で怖い…。
トラウマになる…。
名演、怪演ということですよね。

告発(1995年製作の映画)

3.7

良作。泣けた。
ただ、苦しいし、
わたしは、やっぱり悔しい。

涙を流す前に、拍手を。
ってコピーは秀逸やけど、
その通りやけど、
Victoryやけど、…やけど!

ケビンベーコン演じるヘンリーが素
>>続きを読む

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)

3.8

良い一本やった。
みんなが優しくて、泣けた。
どうしようもないことってあるけど、
その中でも卑屈にならずに、
前を向ける強さ。
誰かを想える優しさ。
希望を見いだせる心。

そういう生き方をしてると、
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

次の日が仕事で迷いに迷ったけど
レイトショーで鑑賞。
ほんまに、行ってよかった!!
と心から思った。

これだけで十二分な感想ではないでしょうか。(笑)




でも書く!(笑)

二流作品感は確かに
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.6

竹原ピストル。
ただただピストルさんが良い。
馬鹿やけど懐深い大きな器の父を
すごく素敵に演じてた。
でも客観的にみるから素敵やけど、
しんちゃんのように身近やとしんどいんやろなぁ…(笑)

どうしよ
>>続きを読む

>|