Aikaさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

Aika

Aika

ミュージカルが大好き♡︎( ´ ` )でも何でも観る雑食。日々のゆるい鑑賞記録です。
Netflix、アマプラ、TSUTAYA旧作借り放題。ときどき劇場。
Sep,2015 filmarks開始。それ以前に観たものはMarkのみしてます。

#a_musical
#a_music×movie
#a_dance×movie

映画(1495)
ドラマ(4)

ライオット・クラブ(2014年製作の映画)

3.8

ポッシュの美少年たち。だけど全員揃ってクズ!

この胸糞映画を好きと言ったら人間性疑われそうだけど、残念ながら好きでした!笑
悲しいかなこれが現実だと思うんです…何をやってもお金と後ろ盾で許される人種
>>続きを読む

ウォレスとグルミット、危機一髪!(1995年製作の映画)

3.7

ウォレスが自分と同じ顔の女性に一目惚れ!
グルミットが逮捕?!
そして羊のショーンが初登場!

ミステリータッチのストーリーに、お馴染みのドタバタ劇。
いつもに増してグルミットが冴え渡り、その男気に惚
>>続きを読む

ウォレスとグルミットのおすすめ生活(2002年製作の映画)

3.7

2分ほどの短編が10本入ったもの。
私は「ベーカリー街の悪夢」の特典映像として鑑賞。

ウォレスの発明品にグルミットが巻き込まれる話ばかりだけど、ふたりの日常がよくわかるしとっても微笑ましくて面白かっ
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

4.0

追い越しをしたタンクローリーになぜか執拗に追いかけられる。
それだけなのに、めちゃくちゃ怖い!

序盤は猫がネズミを追いかけるかのように生かさず殺さずだったのに、徐々に超攻撃的に。タンクローリーがまさ
>>続きを読む

ある公爵夫人の生涯(2008年製作の映画)

3.8

デヴォンシャー公爵夫人、ジョージアナ・キャヴェンディッシュの半生。

17歳で政略結婚し、ただ後継を産むためだけの愛のない結婚生活。

そんな生活が穏やかに続くはずもなく、自らの破滅的な不倫、親友と夫
>>続きを読む

ムカデ人間3(2014年製作の映画)

2.0

シリーズ第3弾。

今度の舞台は刑務所。
そして1.2のメインキャストが違う役でまさかの再登場。

所長→1のクレイジー外科医
会計士→2のあの!マーティィィン…!
トム・シックス監督自らもご本人役で
>>続きを読む

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

3.8

シリーズ第4弾。

筋肉と美青年が帰ってきたぁぁあ( ;∀;)
これですよ!私がワイスピに求めていたものは!いつでも袖がはち切れそうな腕と、キラリン☆オーラ溢れる笑顔のコラボレーション!生クリームどら
>>続きを読む

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

4.1

タイトルを見て「はいはいどうせ隣人が変人かストーカーもどきみたいな奴だったんでしょ?」と安易に見始めた私は、ラスト30分間息が苦しくなるほどの緊張状態に陥った。
こんなに心抉られるとは…そんじょそこら
>>続きを読む

暗い日曜日(1999年製作の映画)

4.0

その曲を聴いた者は自殺する…

実際曲を聴き数百人が自殺したと言われている曰く付きの曲「暗い日曜日」を元に作られた作品。

自殺が本当に曲のせいなのか、それともただの都市伝説なのかは別として、たった一
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

3.8

サメ映画の原点!

随分前にユニバのアトラクションに乗り、あまりの怖さに散々叫びノリでサメのぬいぐるみまで買ったくせに、映画は初めて観ました。

映画もアトラクションに負けず劣らず怖くて、何度もひぃっ
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

2.7

和製「セブン」なんて言われたら唆られるじゃないかー!

う〜ん…
五つの私刑は結構残虐で、確かに「セブン」や「ソウ」を連想はさせるけど、作品としては全く及びませんでした。

小栗旬の熱さはひとり浮いて
>>続きを読む

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.6

タイトルバックに海坊主!

ストーリーはつまらないし空っぽなんだけど、私がこの作品に期待していたものは全て観せてくれたので何の問題もなし。

とにかく
筋肉!!海!
筋肉!!空!
筋肉!!ザック!
>>続きを読む

砂の器(1974年製作の映画)

4.4

観たあとしばらく呆然としてしまった。
これは傑作。邦画の底力をみた。

父と子の絆。見返りを求めない善意。
しかし立ちはだかるのは無知がまかり通る差別社会。

昭和の街並みに懐かさを覚え、田舎の田園風
>>続きを読む

劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション(2010年製作の映画)

3.7

パペット版「ムーミン谷の彗星」

立体感のないシルバニアのようなパペットになったムーミンたちが可愛くてしかたない。

そして信じられないほど豪華な声優陣。
ムーミン→アレクサンダー・スカルスガルド
>>続きを読む

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(2007年製作の映画)

3.5

運がいいのか悪いのか…
Mr.ビーン、リヨンからカンヌへの珍道中。

ヴィジュアルコメディなんだからわざわざフランスまで行かなくても…と思ったけど、美しい田舎道を自転車で走ったりカンヌを高台から眺めた
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.8

失恋のショックで不眠症になった美大生のベン。
眠れない8時間を有効に使おうと深夜スーパーのバイトを始める。
すると不眠症がエスカレートし、自分以外周囲の時間を止める能力まで身についてきて…

時間を止
>>続きを読む

アダムス・ファミリー2(1993年製作の映画)

3.5

アダムスファミリーに口髭を生やしたベイビーが誕生!
そしてフェスターが恋したベビーシッターデビーはとんでもない女性だった。

キャストも変わらず大集合。キャラもぶれないので安心して観れる続編。

前作
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.2

終焉の始まり。
最強の敵サノス登場。

冒頭10分で呆然としたけど、ラスト10分は記憶から消したいほどの衝撃。劇場の空気が凍ったように感じた。

MCU10周年。
魅力的なヒーローたちが次々と生まれ、
>>続きを読む

リピーテッド(2014年製作の映画)

3.4

あるきっかけで記憶が眠りにつくまでの一日しか持たなくなってしまった妻。
そんな彼女を献身的に支え続けた夫。
そこへ主治医を名乗る男から電話がかかってきて…
隠された真実、誰かが嘘をついている。
彼女は
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

-

シリアの街を過激思考と武力で制圧していたイスラム国(IS)
その現状を本当の姿を伝えたいと立ち上がった市民ジャーナリスト集団「RBSS(Raqqa is Being Slaughtered Silen
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.1

これは問題作だなぁ…

ひとときも気が休まる時などなく、ひたすら緊張感と共にあった2時間。
何だかとても喉が渇いて、何度もマグカップに手が伸びた。

懐かしいオルガンとメトロノームの音が耳から離れない
>>続きを読む

ビーン(1997年製作の映画)

3.8

NHKの深夜で密かにやってたときから大好き♡
母は下品だからと好まなかったので、父に録画してもらってこっそりふたりで観てた思い出。
お小遣いを貯めて、テディのキーホルダーも買ったなぁ(´∀`*)

>>続きを読む

ディス/コネクト(2012年製作の映画)

3.6

いつも側にいるからこそ言えないこともある
家族って近いけどたまにとても遠い存在
だから私たちは今日もSNSを開く
ねぇ
私の僕の
話を聞いて?

SNSで誰とでも気軽に繋がれる時代。
孤独を埋めるため
>>続きを読む

モア(1969年製作の映画)

3.4

ドイツ人青年が一目惚れした彼女は、ドラッグに浸りながら空虚感に満ちた生活を送っていた。

ふたりは日常を飛び出し、空と海の境界線がわからなくなるほどブルーに囲まれたイビサ島で暮らし始める。

セックス
>>続きを読む

ミッドナイト・ミート・トレイン(2008年製作の映画)

2.3

真夜中肉肉肉電車!!

絶対やめておいた方がいいのに、なんせこのタイトルが心を捉えて離さなかったのです。

なんと日本の監督の作品でした。初のハリウッド進出作ということ。
そしてまさかのブラッドリー・
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

80年代に全力でバック走行!

めちゃくちゃおもしろかった!!!
私は語彙力がないので何でもおもしろ〜いとつい言っちゃうんだけど、おもしろいという言葉はこういう作品のために今後は取っておきたい。

8
>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

2.2

シリーズ第3弾。

始まって30分は耐えた。
頭部の怪しい彼(推定32)が高校生だと言われても、その制服姿がコスプレでしかなくても。

もしや先生役?(柴田理恵)
もしや銭湯で会っちゃうやつ?(曙)
>>続きを読む

クライング・ゲーム(1992年製作の映画)

3.6

性(さが)に囚われ性(せい)の深みに落ちる。
全く前情報を入れずに観た方がよい作品。

前半はIRAの男と人質になった黒人兵士の垣根を超えた友情物語。
中盤からはガラッと変わり恋愛ストーリーが中心にな
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.8

3人の女性を繋ぎ苦しめたのは、女性として妻としてあるべき姿というくだらない概念。

お酒に逃げ、男に逃げ、子供に逃げて。
気持ちはわからなくはないけど、今の時代女性だってもっと自由に生きれるよと肩を叩
>>続きを読む

砂上の法廷(2015年製作の映画)

2.9

本当に息子は父を殺したのか。

法廷ミステリーサスペンス。
かなり終盤になりやっと事態が動き出した思いきや一気に真実まで辿り着くので、エンドロール中にあぁあれはそういう意味だったのか…と伏線を回収。
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

2.7

実際の連続殺人事件にエログロ脚色を加えて。

日本のメジャーな作品で、これほどグロシーンがオンパレードなものがあるとはびっくり。

でんでんさんの怪演と「ぼでーを透明にしろ」の一言は強烈。こわいこわい
>>続きを読む

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

3.5

シリーズ第2弾。

前作からのブライアンの身の振り方はどうなのよと思うけど、今作では幼馴染との囮捜査ということで、気の許した仲間と気楽な身分でいられるポール・ウォーカーの笑顔がここぞとばかりに弾ける。
>>続きを読む

ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢(2008年製作の映画)

3.7

パン屋を開業したふたり。
そんなある日ウォレスが恋に落ちた!
しかし相手の女性には大きな秘密があって…

ホラー風味で雰囲気は「スウィーニートッド」か「サイコ」
もちろんそれほど怖くないけど笑
あとは
>>続きを読む

プラハ!(2001年製作の映画)

4.2

初めまして!チェコミュージカル!

始まりは昭和歌謡曲のよう。
「リザとキツネと恋する死者たち」のトミー谷が頭にぽっと浮かぶ。Dance Dance Have a good time! べべべん。
>>続きを読む

箪笥<たんす>(2003年製作の映画)

3.5

ホラーな怖さもあったけど、それよりも悲しくてやりきれない思いでいっぱいになった。

大人の身勝手さに振り回された2人姉妹の感じた孤独や不安、憤りは計り知れない。

そしてみなお互いを罵り合うけど自分の
>>続きを読む

ザ・ビーチ(1999年製作の映画)

3.2

バックパッカー夢の地はDASH村だった。

夏になったらカルピスバー片手に観ようと思ってたんだけど、ここ最近の暑さにやられてつい先走り鑑賞。

ベタ〜な描写のバンコクで出会ったのは、狂うほど魅力が増す
>>続きを読む