あきたけさんの映画レビュー・感想・評価

あきたけ

あきたけ

仕事に忙殺される中、クソ映画を観て頭を空にするの大好き。

目標だった学生の間に2000本を達成し、目標を捜索中。

申し訳ないですが、知り合いだけフォローしてます。
2015 2/22~

映画(2072)
ドラマ(30)

コードギアス 亡国のアキト/第2章 引き裂かれし翼竜(2013年製作の映画)

3.0

全然、コードギアスのストーリーと絡まないからつまんなとか思ってたけど、
遂に出た!スザクとルルーシュ!

あのスカートでバイクに乗るのは反則だろ!
見所はポンコツお嬢様のスカートとスーツのエロさ。

アイス・クエイク(2010年製作の映画)

2.0

安定のB級ディザスター。

奥さんが割と綺麗なのと、息子の将来が楽しみな顔立ちってのが見所。

あと、リア充爆発しろって時に清々しくみれるね!!

ウェズリー・スナイプス ザ・シューター(2007年製作の映画)

2.5

午後ロー準レギュラーの男、ウェズリースナイプスが追われる映画。

まさかのサラコナーズクロニクルのサラ出演。
相変わらず美しくセクシーでキレイでやばい。後ろ姿半端ないって!そんなんできるんやったら言う
>>続きを読む

アウトバーン(2016年製作の映画)

2.6

ニコラスホルトが話を聞かないジジイに振り回されて、車を乗り換えまくる映画。

面子は豪華、ヒロインから悪役までお金をつぎ込みすぎて監督や脚本に手が回らなかったのかな??

この映画、一番の見所はモブの
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.0

最近の社内でのあだ名。
いや身長だけやん!

珍しくラスボスがドロドロしていないジブリ。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.8

木の実を使って魔法を使う女の子。
おじゃ魔女感が半端ない(笑)

二時間あったのに、描ききれなかった感がすごい。
魔法が不要になるまで、ピーターと仲良くなるまで、ラスボスを倒すまで。
何から何まで展
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.1

全宇宙が舞台だったインフィニティウォーとは違い、ゴリゴリに小さな世界での戦い。

全編、コメディテイストで笑えながら、ワスプとゴーストらのキレッキレのアクションを楽しめる。

前作よりワスプがめちゃく
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

ワンダーウーマンの過去篇。

エスパー・かくとうのワンダーウーマンとエスパー・はがねのアレスの戦いが見所。

にしても、あのオープニンググリーンランタンもリメイクするの??(笑)
デップーがやってきち
>>続きを読む

ステルス(2005年製作の映画)

3.6

AIを最新鋭の無人ステルス機に導入する映画。

古い映画かと思っていたら、CGやアクションもいい感じ。
展開に無理やツッコミが多々あるけど、映画だし目を瞑ろう(笑)(笑)

ってかお前がラスボスじゃ
>>続きを読む

ONE PIECE エピソードオブ東の海(イーストブルー) 〜ルフィと4人の仲間の大冒険!!〜(2017年製作の映画)

3.4

初期面子の頃の冒険をダイジェスト。

アーロンパークやバラティエは久しぶりに観てもテンションあがる。

最近、仲間って概念がふわふわしてきた中でのこの時の仲間は熱い。

ONE PIECE エピソードオブ空島(2018年製作の映画)

2.7

さすがに空島を二時間は無茶があったやつ。

感動的なシーン、エネルの圧倒的強さ、ツルを倒す苦労さ、どこも削られ過ぎや、、、

エネルのあの顔を削らなかったのは高評価。

プラスティック(2014年製作の映画)

2.8

実話を基にした、若者たちのクライムサスペンス。

実話を基にした分、若干地味なのは否めない。
大どんでん返しや派手な作戦を入れて欲しかったなー

デイ・アフター 2020 首都大凍結(2010年製作の映画)

2.4

長い。

グラント博士役の人をジュラシックパーク以外で見れる稀有な映画。

コードギアス 亡国のアキト/第1章 翼竜は舞い降りた(2012年製作の映画)

2.9

中学の頃に大好きだったO2がオープニングだったアニメ、コードギアスの外伝。
アニメ本編はつい最近観賞済み。

どうしてもルルーシュとスザク、カレンやC.Cらは越えられないなってキャラとストーリーで残念
>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島(2012年製作の映画)

3.0

ドウェインジョンソンから恋愛の極意を学び、彼の歌声と胸筋を楽しむ映画。

ちなみにアースのセンターには行かない。
どちらかと言うと地球の裏側の果てまでイッテきゅー。

というよりは初っぱなからラピュタ
>>続きを読む

沈黙の報復(2007年製作の映画)

2.3

いつもの。

見所はセガールが珍しくカーアクションするとこと、
ライフがゼロの相手に何度も撃ちまくるシーン。
「もうやめて!モブのライフはゼロよ!」
勝手に杏子の声が聞こえる気がする。

R100(2013年製作の映画)

2.2

サメ映画やセガール。
数多のクソを観てきたオイラでも観たこと忘れてた映画。

片桐はいりには銀魂のキャサリン役やってほしい。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.8

将軍かよぉぉぉぉぉぉの安定ギャグ回と、動乱篇にヅラを混ぜた第2弾。

まさかあのパッツンパッツン顔をあそこまで再現するとは思わなんだ。(笑)
予算が増えたのか、アクションシーンや背景のチープさ消えてて
>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

3.1

ブレンダンフレイザーがミイラではなく、地底への入り口を探す映画。

ちょっと地質学者とは思えないムキムキ具合に笑う(笑)

観る人の大半の予想を遥かに越える、恐竜の出てこなさ凄い。

寄生獣 完結編(2015年製作の映画)

3.5

前編を観てからだいぶ経ったけど、原作を全部読んでからの観賞。

前編よりダレずに、上手くまとめたなっていうのが感想。
ジョーとかオミットされた分、ラストの共存の形が薄くなってしまった感は否めないけど(
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.3

麻薬から銃、兵士まで運んで、軍隊やカルテルを作るのに手を貸した男の実話。

現金が余って困るなんてうらやましさしかない。
見所は管轄の違う4つの警察が同時に逮捕に来るところと、
有名な麻薬王エスコバル
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

めっちゃガールフレンドかわいい!!
うらやま!からのラストに抱く感想は真逆。

家族構成的にもバイオ7を思い出しながら、長さ的にもちょうどよく楽しめる。

いつか、あの技術ホントにできそう。

リミットレス(2011年製作の映画)

3.5

集中力を高めるクスリを巡ってのサスペンス。

クッソ欲しすぎるわ、あのクスリ!
終わり方は少し意外だったかも。

薬物促進映画。

ロスト・ワールド2013(2013年製作の映画)

2.1

これはそこそこ良きクソB級映画!(意味不明)

まずCGのショボさは予想通りだけど、恐竜映画で最速を争えるレベルで恐竜出てくるとこに好感持てる!

そしてヒロインたちがブサくない!
よくわからん、ジャ
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.4

相変わらず、主人公の痛さとうるささに萎えるけどバルチャーのデザイン好き。

何か最近違うメカゴジラの最先端。
シンプルにガルーダ背負ってたり、機龍みたいなのでええんやで、、、

次回の怪獣、地球に来る
>>続きを読む

その女諜報員 アレックス(2015年製作の映画)

2.6

オルガキュリレンコ主演で名前だけは聞いていた作品。

中身はなくて、まさしく名前だけだったけど特注の銃の形はたまらない。

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.0

いつだってヒーローではなく、その監督や指揮官をやるサミュエルLジャクソンがブルースウィリスをヒーローとして見出だす映画。

ホントにアンタはギネスに載るんじゃねーかってレベルに映画に出てるよね(笑)
>>続きを読む

インターセクション(2013年製作の映画)

2.8

砂漠で始まる、裏があるやつだらけのサバイバル。

ただのサバイバルじゃなくて、全員裏のある悪人ってのがちょっと残念。

なんで砂漠なのにニットと革ジャン??(笑)

最初、フランクグリロが善人!?
>>続きを読む

幸せのポートレート(2005年製作の映画)

3.6

キャラの濃い家族のクリスマスに、長男が家族から嫌われてる彼女を連れてくる映画。

途中ダレるけど、クリスマス当日の朝迎えてから笑う。
急に始まるホームアローンのパニック感すき。

レイチェルマクアダム
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

ラプトルベースの新種を使い、より残虐で人間の醜さを扱って、スピルバーグ映画からと、パークから世界へと、どっちの意味でもぶっ壊した映画。

前作同様、相変わらずのセルフオマージュの連発は胸熱。
そして、
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

3.5

サトシとピカチュウの出会いの物語に、ホウオウと新キャラ加えてのリベイク。

サトシのゼニガメへの執着すごい。(笑)

タケシとカスミの3人でこのエピソードを見たかった感と、マーシャドーのまさしく影の薄
>>続きを読む

パージなナイト ブラックさん家の史上最悪の12時間(2016年製作の映画)

1.9

くだらないパロディを期待してたけど、期待はずれの映画。

息子の中2設定に比べて、お姉ちゃんも奥さんもキャラ弱すぎ。

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.1

ジョンウィックが体を売ってた頃の映画。

キアヌリーブスがかっこよすぎて震える。
鉛筆で人を殺したりするような役をやるとは思えない、線の細い綺麗さ。

映画の中身は自分にはまだ早かった。(笑)

>|