あきたけさんの映画レビュー・感想・評価

あきたけ

あきたけ

仕事に忙殺される中、クソ映画を観て頭を空にするの大好き。

目標だった学生の間に2000本を達成し、目標を捜索中。

申し訳ないですが、知り合いだけフォローしてます。
2015 2/22~

映画(2109)
ドラマ(30)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

前回捕らえたグリンデルバルドの脱獄から始まる、ダンブルドアvsグリンデルバルドの決戦の序章。

ナギニやフラメルと、色々と今までの小ネタを小出ししまくるのは熱い。

ただ映像は綺麗だけど、墓場の集合が
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

QUEENのボーカル、フレディーマーキュリー視点の映画。

彼が家族とも呼べる仲間たちと成り上がるところから、孤独になるまでを彼らの音楽と共に観ていく作品。

あの曲もQUEENだったの!?と驚くばか
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.7

また広瀬すずと真剣佑が訛りながら部活してる映画。

福井から世界のトップを目指す激アツな青春映画。

皆可愛いし、キャラもあるけど、個性を活かした勝ち方が観たかったかも。

ラストの先生の下りは最早ズ
>>続きを読む

華麗なるヒコーキ野郎(1975年製作の映画)

3.6

飛行機に魅せられた男のドラマ。

昔とは思えない、いや昔だからこそのあの撮影はしゅごい。

ホラから始まった物語、ラストの場面を見て何も感じないものがいるのだろうか。

男の夢の映画。

死の標的(1990年製作の映画)

1.6

久しぶりに通常の速度でセガール観たら死にかけた。

午後ローしか観たことなくって、初めて字幕のセガール観たけど、大塚さんの吹き替えが似合わなそうなほど、本人の声高いのね。

やっぱセガールはオッサンに
>>続きを読む

スーパー・マグナム(1985年製作の映画)

2.7

主人公補正とマグナムの威力を楽しむ映画。

ブロンソンがぶっぱなすだけで、中身はない!
ある意味清々しいね!

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.6

メンツの豪華さが増して、よりスタイリッシュな仕上がりのマジックは見ていて気持ちが良い。
カードの連携のところは名シーン。

死んだふりするやつがここまでインフレする映画は中々ないんじゃないかな(笑)
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

観る前→イマイチそう。トムハーディだし、マーベルだから観るか。

観たあと→めっちゃ可愛い。(笑)

ドローンの展開のシーンとかバリかっこいいし、
モチモチの実vsブキブキの実みたいな、ネバネバでネチ
>>続きを読む

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

3.8

B級のSFドラマのキャストが、実話と信じた宇宙人に連れてかれる映画。

絶妙にダサくて笑える展開を、ゴリゴリの有名人たちがやってるのすごい。

ギャラクシースクワッドとかみたいな、鬼ヤバいB級映画想像
>>続きを読む

アーノルド・シュワルツェネッガー/ゴリラ(1986年製作の映画)

3.1

オールバックのシュワちゃんがスパイする映画。

ラストの病院のリハビリのところは果たして必要だったのか。

処刑BGMを自分で流しながら敵陣に堂々と突っ込むところ好き。

トータル・リコール(1990年製作の映画)

4.0

ずっと観たかった、トータルリコールのシュワちゃん版。

3つのおっぱいとか、おばちゃんの顔開くとことか、有名なシーン観れたときには感動。

そして何より、あのディストピアな近未来のセットも展開も最高。
>>続きを読む

アンカーウーマン(1996年製作の映画)

3.0

アンカーの意味がわからなかったけど、レポーターの意味なのね!

ラストの靴のシーンは印象的。

新・男はつらいよ(1970年製作の映画)

3.3

初めて観た、男はつらいよ。
時代なのか、自分にはしっくりこず。

男気があるが、惚れっぽくて喧嘩っぱやい。
周りからも愛されているのか、疎まれているのかの何とも言えない辺り。

まだまだ自分には早かっ
>>続きを読む

パーフェクト・プラン(2014年製作の映画)

2.2

どの辺がパーフェクトなのか。
そして、原題のグッドピープル。

どちらもタイトルとしてしっくりこなさ凄い。(笑)

IMPACT インパクト/ムーン・パニック(2009年製作の映画)

2.0

既視感がすごい映画。

人類の未来を懸けたミッションにしてはお粗末すぎるミッションが見所。

ディスタービア(2007年製作の映画)

3.4

青年が父の死を乗り越えて成長する映画かと思ったら、、、
終盤まさかのバイオハザード7(笑)

ちょっと童貞臭い青年やらせたら世界一のシャイアラブーフ。
久しぶりにトランスフォーマー観たくなる。

フライト・オブ・フェニックス(2004年製作の映画)

2.9

砂漠に墜落してサバイバル。
飛行機を作って脱出しようっていうんだから、ロマンがすごい。

タイリースギブソンって吸血鬼なんじゃねーかってぐらい、見た目変わらない。

ラスト・リベンジ(2014年製作の映画)

2.5

認知症のニコラスケイジ vs 重病のテロリスト っていうほこ×たて。

圧倒的、盛り上らない。
もっと熱い、エグい、復讐映画が観たい。

マックス・ペイン(2008年製作の映画)

2.4

マークウォールバーグのかっこよさを楽しむ映画。
ストーリーはよくわからないほど、とっちらかる(笑)

殺された妻の復讐ってことをラストでやっと思い出せた。
途中、レギオン観てるのかと思った。

アラモ(2004年製作の映画)

2.6

テキサスを巡っての戦争。

とにかく地味。
歴史的にもそんな有名でもないし、作戦も地味。

一番、巻いちゃいけない戦闘シーンを巻いちゃったよね(笑)

DOOM ドゥーム(2005年製作の映画)

3.3

よくありがちなモンスターパニックかと思ったら、終盤いいね!
FPS視点と、お前がラスボスかい!ってのは斬新。

センパーファイ、常に忠誠を。
果たして、行きすぎた正義は正義と言えるのか。
まー、完全に
>>続きを読む

アポストル 復讐の掟(2018年製作の映画)

3.4

グロさ満点のカルトと戦う映画。
サブタイトルは間違いなくズレている。

神などいないと辿り着いた、彼には救いといって良いのかわからないラスト。
嫌いじゃない。

もっとごりごりのアクション期待してたけ
>>続きを読む

コードギアス 亡国のアキト/第4章 憎しみの記憶から(2015年製作の映画)

3.0

次回の最終決戦への布石感が否めない。

ビックリする位簡単に仲間になるのワロタ(笑)
倒されたら仲間になるとかドラクエの魔物かよ。

あのガトリングがっつりつけた感じは嫌いじゃない。

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.1

また、福田監督のギャグ漫画の実写。
また、山崎賢人の実写。

橋本環奈と山崎賢人の顔芸を楽しむ映画。
原作やアニメのテンポのいいギャグには勝てなかった感。
高い高いだけすき。

オーバー・ザ・トップ(1987年製作の映画)

3.7

トラック運転手のスタローンと息子の絆の映画。

腕相撲と煽り映画の決定版。

ロッキーには勝てないが、ラストシーンはよき。

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.5

サイモンペッグ主演のコメディテイストなゾンビ映画。

作戦を映像で浮かべるシーンのスタイリッシュさたまらない。

ラストはそれでいいのか。
ゾンビサファリパークの幕開けやん!

コードギアス 亡国のアキト/第3章 輝くもの天より堕つ(2014年製作の映画)

2.7

割とコメディテイストやほのぼのしたエピソード。

ランスロットのイケメン具合が半端ないけど、昔のBGM使ってほしかった感。

ワールド・トレード・センター(2006年製作の映画)

3.0

9.11で助けに行った警官が、第二波に巻き込まれて助けられるまでの話。

一人じゃない96時間って感じ。

人が落ちるシーンも衝撃的だが、下で指揮を執っていた人が血まみれだったことの驚きはやばい。
>>続きを読む

長ぐつをはいたネコ 悪の三銃士(2012年製作の映画)

2.6

さくっとみれるところは評価。

うるうる合戦のところ大好き。

絶体×絶命(1998年製作の映画)

3.6

愛する息子を救えるドナーはIQ150の犯人だけ。
っていうパパ孤軍奮闘映画。

マイケルキートンの悪役がいいよね、あそこまで無関係な人が巻き込まれてなかったら良作だと思う。

主人公のラストの策略決ま
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.4

このスーパーマンが要ればなんとかなる感が強すぎるんだよなー、、、

アベンジャーズよりチームワーク良さげなの好きだけど、如何せんスーパーマンがほぼ皆の上位互換ってのはなー、、、

アクアマンなんて、陸
>>続きを読む

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂(2010年製作の映画)

2.8

バイツァダストできる短剣を巡っての冒険。

ドラクエの時の砂と言い、どうしてこう、砂ってのは時間を巻き戻すアイテムになりがちなのか。(笑)

ラストは完全にアモスダラゴン思い出した。
ってかディズニー
>>続きを読む

アウトロー(1976年製作の映画)

3.1

家族を殺された男が復讐の旅路で仲間を増やしていく映画。

復讐としてはテンポ悪いけれど、クリント・イーストウッドのかっこよさはヤバい。
ツバ吐くだけであんなかっこいいのはすごい。

ヒロインの顔の落差
>>続きを読む

超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!(2009年製作の映画)

2.7

カエルがドラゴンに進化ボルテックスする映画。

ドラゴンのビジュアルは好きだったけど、ケロロ軍曹としてはぴんとこなかった記憶。

超劇場版ケロロ軍曹(2006年製作の映画)

2.9

もうレビューし忘れてるのないかと思ってたら、あった(笑)

キルルの見た目がすごいタイプだった思い出。

>|