Amshtahrさんの映画レビュー・感想・評価

Amshtahr

Amshtahr

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

3.6

ストーリーの長さや展開のテンポ感はちょうどいいのかな
子供に見せるにはいい映画ではないかな

ただ個人的にルビッチの声が女性的すぎてずっと違和感があった…🙇🏻‍♀️

すばらしき世界(2021年製作の映画)

3.9

綺麗だったな

役所さんと太賀くんの演技がめちゃくちゃよかった、この二人の役者が更に好きになった一本だった

役所さんの微妙に抑えてる迫力が溜まらなかった。怒鳴っている演技よりいろいろ耐えている、自分
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.8

「ドキュメンタリー」みたいだけど位置付け的には「エンターテイメント作品系の映画」なのかな…?
もし本当にそうならその理由がすごく気になる

リアルなノマドの人たちを起用したのは知っていたけど、エンドロ
>>続きを読む

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)

3.8

新しいハッピー?エンディング…というよりはピースフルエンディングな映画。絵のトーンとかはすごく好みで写してるニューヨークも華やかすぎない、程よいエリア。ニューヨークが舞台って忘れるぐらいがよかった

生きちゃった(2020年製作の映画)

3.8

1番気になって面白かったのがカメラワークやカットのトランジションや画角だった!fixがほぼなくて、ちょっと荒めのカメラワークだったりして、でも嫌な感じはそんなしなかった。むしろ気づくレベルだったからそ>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.0

アニメとしての絵、動き、カメラワーク、エフェクト、色合い、線の太さまで全てが👏🏻!IMAXでみてそれぐらいのクオリティで満喫しないともったいない

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.0

めちゃよかった。キャスティングが◎
予想してない展開が少しあって、先を予想しがちな私も不意打ちをつかれた感じが良かった。最後の舞台の前のシーンだけが少し作られた感があるけど(これはしょうがない)それ以
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.6

トーンとかは好き!今30代の男性にはすごく響きそう。可哀想な物語でもなく、一つの人生を覗き見した感じ

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.6

男のロマンが分かりやすくなってる作品だと思った!いい勉強になった。ウッディーアレン臭が滲み出てる作品でした

mellow(2020年製作の映画)

3.5

しっとりとした落ち着いた、展開がある物語を観たくないのであればちょうどいい。すごくフラットな映画
レート低いけど嫌いではない!あんなにもてる田中圭に嫉妬を感じた笑

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.6

役者さんは皆さんもちろん凄かったけど現在と過去の転換が分かりにくかった…あえてなのかな?でこの物語自体がどこまで本当かの曖昧さもちょっと中途半端だったかな…

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.5

すごくマニアックな映画の印象。
監督はワンシーンに70テイクもとったり、晩餐会のシーンでの出来事は結構アドリブになるよう仕向けてたりしたみたいで「手が込んでるなー」という印象はあるけど、そういう解説文
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.5

何かを一途に頑張れる、突っ走れる…それは男性特有の特徴と特権な気がして、それをもってる2人はいいなと感じた。だからこそ男性が好きそうな話で女性はちょっと距離を感じてしまうかも?

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.7

純粋な少年であろうとナチス側の話をコミカルに描いた勇気に👏🏻
流し見せずにちゃんと見ても気楽にずっと観れる
ちょっとしたユーモアがちょうどいい

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

「ワンカットで撮られたからこそ生まれる緊張感ってこんなにも凄いのか、、」と圧倒されたけど、この緊張感も決して嫌な緊張感ではなく、新しい感覚で面白かった。もう一度観たいか、と聞かれたら気力は使うので時間>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

所々の細かい演出がきいてて面白い!笑 よしかはちょっとヤバいやつだけど言ってることも完全否定はできないすごく際どいところを攻めてきているキャラクターで新しかった。
後半で「あ!そうだったのか!」という
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.7

多分ちゃんとうまく再現できているんだけど、実際に起こったことの知識とかなさ過ぎてちゃんと理解できていないと思う。後2度くらいはちゃんと見返したい。
それでも「こういうかっこいい女性いいな〜」という憧れ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.7

あきなくて、安心してみれるミステリー。ちょっと三谷幸喜監督の世界観を思い出す

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.0

今上映されてる映画で一番よかった!
クリントンイースト監督の映画そんなに観てないけどこれが一番好き。無実を訴える映画はたくさんあるけど臭くない。
弁護士の乱暴なキャラが凄くいい味出してて、純粋な主人公
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.8

とてもリアルに描いているのは結婚してなくても伝わった。作ってなくてリアルなのがきっと評価されている点なんだなと、ヒシヒシと伝わる。悲しいというか寂しいけど愛は存在してる、ソフトな映画だった

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

嫌らしさなく脚本、演出等がすごく音しか上手に計算されている感じは良かった
共感できる部分がなかったから他の人ほどの高評価はだしてないけど総合的に「上手だな、器用だな」と思えた作品

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

細田監督好きだしガッカリはしてないけどくぅちゃんの駄々っ子具合には面食らったな〜物語のメッセージも弱い感じがすごくした🙄

ザ・キッチン(2019年製作の映画)

3.5

昔のアメリカの闇を描いた映画。勉強にはなった。けど通じるものは一切なかったなー

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

3.9

監督が言いたいことをちゃんと言えてる、いいテンポ感の映画。よくできてる、役者もいい演技をしてくれてるおかげでいいスッキリ感を持って見終えた

The reason you live is the re
>>続きを読む

THE UPSIDE 最強のふたり/人生の動かし方(2017年製作の映画)

3.9

心地よいダンの裏切り、作戦で自分の中に芽生えた暖かさに感謝
見てよかった

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

最初にジョーカーが本当の意味で解放されて踊り出したとき彼の踊り出した衝動が「はっ」とさせられるぐらい共感できた。
みんなジョーカーになれる。完全に他人事にできないのもきっとこの役者が魅せてくれた表情や
>>続きを読む

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.5

役者の皆さんはもちろんさすがでした
カメラワークのチョイスはいい味だしてた
フリーであることの大変さでハラハラした印象が強すぎた。日本らしい映画だったけど他の国でもこういった夫婦関係の国ってあるのかな

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.9

本編が終わった時はただ「痛み」という感情が残ってたけど、ラストの「ホテルのその後」でその痛みに深みが増した。「よかったね」というよりはそこで亡くなった人達に対する想いが溢れ出た。そんな「あ、そっち!『>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.0

職業柄CGに圧倒されまくってたのもあると思うけど、めちゃ良かった!後半は忙しいなと思ったけどアニメとほぼ同じストーリーラインだったのが👏ライオンキングはそもそも1番好きなディズニーの映画ではなかったか>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.6

キャスティングが凄くいい。記者の国境を超えた戦いに共感した。静かな戦いがカッコいい

>|