おててさんの映画レビュー・感想・評価

おてて

おてて

邦画>洋画 最近洋画をよく観ます。

映画(180)
ドラマ(0)

SING/シング(2016年製作の映画)

3.3

むにむにと動く動物達が可愛かった。
さすが3Dアニメーション!
期待ほどではなかったものの、ショー感はすごく楽しめた〜
一緒に見るひとを選ばない映画

全員、片想い(2016年製作の映画)

2.0

最後までなんとかみたけれども。
多くは語るまい、しかしすんごーーーくひまなときに観るべき

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

3.4

これ系の映画は結構観たけど久々にヒットーー!
ほんと素直に恋っていいなあって思えるし、ヒロインにただただ好感が持てる!
そしてとにかくイケメン。
このとことんまで当て馬感が最後に味わいをひとしおにする
>>続きを読む

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.1

ニモの時も思ったけど魚目線の人間こわいなあ~。人間に捕まらないように逃げるゲームとかあったよな…
内容はさすが、2でも劣らず、むしろニモがあったから泣けるドリー。
安心して見れる~これぞ家族愛!

高校デビュー(2010年製作の映画)

2.5

溝端淳平の照れ笑いかわいすぎないか?
原作好きなので個人的には楽しい映画でした。はるなは棒演技だけど、恋してる瞳がすごく良くて途中からはるなだった…。
原作の大まかなところをとりあえず掻い摘んでるすぎ
>>続きを読む

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~(2012年製作の映画)

3.4

フランス映画ハマりそう~
会話はテンポよく、ストーリーは明るい。家族愛と、お腹がすきそうなお料理。特にパンはめちゃくちゃ美味しそう。

武士の献立(2013年製作の映画)

3.5

長い映画だけど、長さを感じなかった。
とはいえすごい山谷があるお話ではないかなあ。
家族映画としてのほっこり感があり、かつ金沢に行きたくなる。お膳食べたい、、
日本料理の盛り付けやお皿、それを作る手元
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.2

ドミノめちゃくちゃすきだった!
綺麗で強くてしっかりものでスタイル抜群な女性キャラはたいへんすき!
予備知識があればもっと面白かったのかなあ~

美女と野獣(2014年製作の映画)

3.2

ずっと気になってた作品。
フランス映画だと観て初めて知ったけれど、世界観とフランス語の柔らかさがすごくマッチしてた。
映像がとにかく美しくて細部まで楽しめる。視点やカメラワークも好み。
童話と神話が融
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

2.7

音楽とカメラワークよかったな。
なんとなく続きみてもいいかなあ~SF苦手なのかな〜

ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年製作の映画)

3.4

連作の良さというか、成長感があってよかった。相変わらずの展開もよい。
会話のテンポとセンスが好き。
今までのが笑えたけど、今回がいちばんほっこりしました!良い締めでした!

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.2

かけあいとテンポ感がすき
あともうこのふたりが画面にい続けるのが好き!!!

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

2.8

「誰でもいいのだ。天下泰平の世が来るのなら」というセリフがすごくすき。
信長がすきだからかなー。
綾瀬はるかはファンタジー似合うねほんと。

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.4

泣かないはずない、
テーマは重たいし、軽い気持ちでは見れないけれど、すごく好きな映画。
いまみたらまた違う感想持つのかな。

青い春(2001年製作の映画)

3.3

キャストからすき。
松田龍平作をおってる時に見たと思うので鑑賞時からかなり経っているのでいまみたらまた違う見方が出来そう。
青春を謳歌できてないから余計惹かれるのかな。

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

3.5

好きなところは沢山あるけど、人魚姫みたいなラブホテルは印象強い〜〜。
すぐに検索かけたの覚えてる。
もう1回見たいと思える好きな映画。

69 sixty nine(2004年製作の映画)

3.3

なつかし~!かなり昔に鑑賞。
青春映画これだからすきだ〜バカなんだけど思春期なんてみんなバカだもん。

告白(2010年製作の映画)

3.4

かなり前に見た。
松たか子はキレイだから余計に怖いし、そういう空気を出すのがとても上手だなーと。
話題作だったけれど、何がすごいってやっぱり湊かなえが凄すぎる。
ただ映画をみた時の衝撃は忘れられない

セイジ 陸の魚(2011年製作の映画)

3.0

伊勢谷友介監督作。
私は好きだったけれど、当時かなり伊勢谷友介を好きだったのでそれもある。
西島秀俊はこの作品がおそらく初見。
怪しさというか不気味さを出すのが上手すぎる、。。

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)

3.3

ほんとは泣くことがわかっている泣かせ映画は好きじゃないんだけど、。
これはなんだか好きだなあ

図鑑に載ってない虫(2007年製作の映画)

3.0

伊勢谷さん目当てで。
松尾スズキさん個性派すぎるからほんと好き。

面白いかと言われると答えづらいが、まあこういうの嫌いじゃないんだよね〜

悪人(2010年製作の映画)

3.8

すごくきれい。
重たいので気軽には観られないが、かなり良い。

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

3.4

すき、、、。
松田龍平は誰かとタッグを組むのが上手なのかな。
良いテンポと良い空気。
ダメな大人がふたりで生きていくことになんで憧れちゃうかなー

まほろ駅前番外地(2013年製作の映画)

3.5

ほんと好きなドラマだ。
小説もすきだしテンポ感がほんとよい。

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

3.3

すごく好きなシリーズ。
日常系の極み。変化に富んでいるけど。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.3

前評判にびびって家で。
全然悪くなかった。ちょっぴり戦後日本感で、今の日本でもこうやって声を上げる人がいるのかは疑問だが、希望があるなとおもった。
災害としてのゴジラに対抗する人間たち。今の日本を皮肉
>>続きを読む