aio10sさんの映画レビュー・感想・評価

aio10s

aio10s

自分用の覚え書き。
2016年、久しぶりに映画館へ通い始めました。

みかんの丘(2013年製作の映画)

4.0

ジョージア(グルジア)のアブハジア紛争を背景にした作品。
みかんのような普通の暮らしを踏みにじる争いへの静かな怒りと「何が違うんだ?」という問いが印象に残る。

「こころに剣士を」で観たレンビット・ウ
>>続きを読む

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.0

天才数学者ラマヌジャンと彼と世界をつないだハーディ教授の物語。

分かり合えなさの方が最後まで印象に残った。実話ベースだから仕方ないのかな。

ジェレミー・アイアンズがいつまでもエレガントなのが、うれ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

夢を追う二人が出会って、カラフルなドレスからモノクロのドレスに着替えるように「大人」になっていく。

選択にきっと後悔はないと思う。それなのに、ありえたかもしれないもう一つの日々が切ない。
そして、4
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

いろんな形の母と娘の物語。

この長さによくこれだけのエピソードを入れたなあ、とびっくり。なのに散漫な感じがなくて、さらにびっくり。脚本と編集の力。

宮沢りえと杉咲花が素晴らしい。でも、好きなのはじ
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

4.5

この映画が好きなのは、子どもを振り回す大人の事情を書きながら、子どもに相手の悪口を言わないところ。

冒頭のメリル・ストリープはラファエロの描くマリアのよう。

神戸港開港150周年記念事業のひとつ3
>>続きを読む

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

3.5

We have our names back again.

冷戦時代、赤狩りで投獄、ハリウッドを追放されながらも、偽名で作品を書き続け、才能を武器に戦った脚本家の物語。
ずっと鳴り響くタイプの音が、
>>続きを読む

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

2.5

えーっ?と言いながらも、最後まで見てしまったゾンビ映画。

ブラピよりもジェームズに一票。

REDリターンズ(2013年製作の映画)

2.5

ネエさん方の濃いキャラクターと演技が楽しい。アクの強いオジサン連中の中で、イ・ビョンホンのスタイルの良さと立ち回りの美しさが華やか。
アンソニー・ホプキンス+檻=レクター博士も予想通りのご活躍。

>>続きを読む

すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

3.0

水上学校というちょっと変わった教育現場が舞台だけど、恋愛映画として観るのが正解。

ストリート・オーケストラ(2015年製作の映画)

3.0

美しい音楽は偉大。
自分に誇りを持てる場ができたことは救い。
それでも、簡単には変わらない、変われない。

だから、ラストも含めて一つ一つのエピソードには納得がいくんだけど、唐突に出てくる感があって、
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.0

デンマークの砂浜に埋められた地雷の除去を命じられたデンマークの軍曹とドイツの少年兵たちの物語。

爆発が起きる度に仰け反ってしまったのは、音や映像のリアリティが理由ではないと思う。あるシーンでは爆発を
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

直球ストレートのど真ん中だけど、青春映画はこうでなくちゃ!
ダンスパーティーのMV撮影シーンは何度でも観たいなあ。
中華風のリフとか、MTVを見ていた世代にはたまりません。主人公より先に頭の中でtak
>>続きを読む

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争(2014年製作の映画)

3.0

戦闘のない場所での戦争。
予告編を見て思っていたほど単純なストーリーではなかったのは、よくもあり、悪くもあり。

エミリー・ワトソンの静けさがとてもよかった。

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

3.0

先の見えない路地を歩く時、もしかしたら今日は出口が違うところに繋がってるかも…と大人になった今でも思う。

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.5

「アメリカへ行く前にこうだったら…」
自分がかつていた場所に居心地の良さを感じつつ、もはや自分の居場所はここではないとも思う。

鑑賞後に「バレたからって感じじゃない?」と話す若者がいた。えー、そうで
>>続きを読む

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

3.0

女王としての覚悟を決めるには、ちょっとエピソードが足りないかな。名乗るシーンも、もうちょっと暴れて、盛り上げてからにしてほしかったなあ。

でも、サラ・ガドンは美しく、チャーミングだった。
ルパート・
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

2.5

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンがムチャな旅をしてるところは、楽しいのだけれど。

この2人を見られたからよし、とします。

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(2015年製作の映画)

3.0

久々に見たコメディ。
勝ち気な女性が好きなので、楽しめたのだけど、最後のエピソードにはちょっとモヤモヤ感。

エンドロールのダンスと音楽がよくて、ずっと見ていたかった。

恋する惑星(1994年製作の映画)

4.5

18年前、この映画を観て、香港へ、そして海外へ旅するようになった。

今年、駅でポスターを見て、カリフォルニアドリームを口ずさんでから、再び映画館へ足を向けるようになった。

自分にとっては、そうやっ
>>続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015年製作の映画)

3.5

俳優陣のやりすぎ感が、 映画というより舞台を観ているような気に。
こういうところがイギリス俳優の好きなところ。

屋上でパーキンズとウルフが語るシーンがとてもいい。

字幕監修は柴田元幸さん。新訳出し
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.5

結末は途中で分かると思いますが、認知症の老人を中心におくことで生まれる不安定感が最後まで引っ張ってくれる。

とかなんとか言っても、名優集結、それだけ十分。観てよかった。

こころに剣士を(2015年製作の映画)

4.0

ストーリーの展開に意外性はないけれど、エストニアの美しい自然といい俳優と静かな演出がとてもよかった。良作。

マルタ役のリーサ・コッペルの強気な表情がかわいくてたまらない。
ここは太田君みたいにうおぉ
>>続きを読む