ねるさんの映画レビュー・感想・評価

ねる

ねる

映画(381)
ドラマ(0)

プルートで朝食を(2005年製作の映画)

3.3

時代背景だったり舞台は全く明るくないけど主人公が明るくどこかハッピーな雰囲気

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

3.6

忘れられない人

一番幸せだった瞬間
思い出だけで生きていける

バース・オブ・ネイション(2016年製作の映画)

3.5

ナットターナーの告白を読んだ。まだマイルドに作った感がある。
人として扱われなかった時代があったことにゾッとする。
報復として人を殺した歴史その2。

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.5

キリアンマーフィーの落ち着き感に安心する
誘惑させて、残忍なことしてる。報復として殺すって時代はいつでもそうなのか。
国がなくなるかどうかの瀬戸際を必死に阻止しようとした話

エリザベス(1998年製作の映画)

3.5

最後のレクイエムがいい
少女から、王女になる過程

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

3.5

実話ベースだが、明らかに史実じゃない部分あってそこは映画だなと思った

This is Sparta

ダーティ・ピクチャー(2011年製作の映画)

3.2

音楽が耳に残る
汚れ役を買ってからこそ生まれる嫌な女感

女性俳優って確かに固定してない感ある。

エレメンタリ ~鍛冶屋と悪魔と少女~(2018年製作の映画)

3.8

昔話、、凄い
おもしろい。スケール感
鍛冶屋の圧倒的強さ
ひよこ豆の圧倒的強さ
悪魔何だかんだ憎めないやつ

フィッローリ~永遠の詩(うた)~(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

まさかの歴史絡み。
最初コメディか〜と思ってたら大間違い。過去に遡るのはズルい。報われなかった2人の物語。
もう一回見たい。
これおもしろい。

ピンク(2016年製作の映画)

4.2

開始早々で引き込まれる
ダレることもなく、見応えのある映画
女は肌を露出しちゃいけない、女は酒を飲んだらいけない、女は笑っちゃいけない、、

ヒーロー気取り(2014年製作の映画)

3.7

テーマソングのバージョンが豊富
ダンスが凄い、そして筋肉。

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

3.9

世間に溶け込めてない頑固オヤジと少年の友情物語。こういうの弱いんだよな。
アルパチーノの演技が凄い。

小説家をみつけたらも見て欲しい

TAXi(1997年製作の映画)

3.3

カーアクションもっとあってもいいのにな
主人公がストロマエ彷彿させる
彼女とのシーン笑える。小休憩みたいな感じで。入れたかったんだろうな。

プロヴァンスの休日(2014年製作の映画)

4.0

カマルグ、アヴィニヨンTGV、等々、、いい。
ミストで受粉✏️
都心は仕事をして1日が終わる。南仏とは時間の進み方が違う。
舞台やストーリーの進み方が凄く好き。

ディア・ライフ(2016年製作の映画)

4.0

後半からいい話やん!ってなる
ずっと頑張らなくていいんだよ

アリバイ・ドット・コム カンヌの不倫旅行がヒャッハー!な大騒動になった件(2017年製作の映画)

3.2

ギャグ要素は前のシリーズに比べて減ったなぁ
好きなものを映画にしてるって感じが伝わってくる。

モンスーン・ウェディング(2001年製作の映画)

4.0

ラスト30分ぐらいがおもしろい
関係図を理解するのに時間がかかった

>|