aiueoさんの映画レビュー・感想・評価

aiueo

aiueo

映画(1211)
ドラマ(0)

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

-

おまえは最強の捕食者だ!という父と水泳少女の記憶が語られるオープニングでもう勝負あり。すごい手際。おもしろい。

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

-

「ぼくのエリ」からボーイミーツガールセンチメンタルがなくなったハードコア版。
勃起シーンに感動。
「アナと雪の女王」感さえ漂っていた。二本立てで見たい。特別捜査官ティーナみたいな続編でもいい。

エルカミーノ: ブレイキング・バッド THE MOVIE(2019年製作の映画)

-

ブレイキングバッドを見てた時の感覚を取り戻しかけた時に映画が終わった。
楽しく見たのに覚えてないもんだなあ。

真実(2019年製作の映画)

-

イーサン・ホークが酒飲んだとこよかった。
言葉通じない子どもも全く同じように演出できるのか…。

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

-

タイ映画の「バッド・ジーニアス」とかあの辺の、急成長してる国の娯楽映画みたいな雰囲気があった。
松岡茉優にはもう香川照之的な過剰さを感じる。シリアルキラーっぽい。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

-

本編前についた驚異的な要約力のダイジェストに頬がゆるみそのまま最後まで。

毒戦 BELIEVER(2017年製作の映画)

-

きちんとした面白さ。ジョニートー版の、すべてが夢みたいなあの雰囲気はどこから来てるんだろうか。

お嬢ちゃん(2018年製作の映画)

-

前作同様に主人公の一挙手一投足に注目して主人公の感情を追いかけてしまう。ほぼ物語がないにもかかわらずいくらでも見てられる。

トークショーに現れた二ノ宮監督がこの映画のくだらない男そのものにも見えて驚
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

「バードマン」イニャリトゥが撮ってたらと思わずにはいられない。
が、内容は思ってたよりはるかに政治的ですごい。
暴力革命には高揚感があるということがはっきりと感じられる。
クリームのホワイトルームをダ
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

-

熱血という狂人。
原作漫画の完璧な映画化。
10年以上前に読んだ漫画のコマが記憶の底から蘇った。原作苦手だけど。

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

-

観客がみんなわかってることに主人公が気がついていないという状態のまま話が進むのがきつい。

探偵がバーにいてそこで依頼を受けるというのは、すすきのならギリギリあり得るみたいなかんじがあってその点はよか
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

-

犯人発覚から登場人物全員の手際が異常に悪くなって、ダラダラした印象をもったけど、中盤の遺体発見シーンはほんとにすばらしい。
あのシーンまで、観客にも事件がほんとうに起こってるかどうかわからないという演
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

5.0

すべてが夢の中の出来事のようだった。

夢の中でブラピは宇宙飛行士で、トミー・リー・ジョーンズが父親であるらしく、その姿を追い求めている。そして恐ろしく孤独である。

孤独と生の空虚さを描くことにおい
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

シャロン・テート事件の知識が前提で、ネタバレ禁止のタランティーノ映画といわれればオチは丸わかりなのだが、今回が1番いいと思った。

いままでのリベラル歴史修正シリーズとは根本的に機能が違う。
この映画
>>続きを読む

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

-

さすがというかなんというか、これは不快。
パスカル・ロジェの映画は、慣れ親しんだホラー映画の倫理観とは微妙に異なっているかんじがあって、そこがすごく怖い。
ヒロインの顔がずっとボコボコだし、全員死ぬか
>>続きを読む

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

-

80年代を懐かしむポストモダンホラーかと思ったらふつうにすごい怖い。子どもが1番こわいのはたぶん幽霊じゃなくて、普通のおじさんの殺意。

守護教師(2018年製作の映画)

-

かなり早い段階でマ・ドンソク映画のユーモアがなくなるうえにミステリーとしても微妙。もっと気持ちの悪い街ぐるみの何かがあると思ってしまった。
マ・ドンソク出てるから楽しくはあるけど。

天気の子(2019年製作の映画)

-

「君の名は。」へのさまざまな批判に対してかなり開き直るように脚本ができていてそこはいいと思った。
とにかくものすごくいろいろ言いたくなるのだが、そういう時にはひとまず黙ったほうがいいのかもしれない。
>>続きを読む

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

-

満を持して登場する金正日のシーンがすごくいい。あの後ろ姿!!
あんな後ろ姿のかましは他の独裁者にはない。あるとしたら金正恩。

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

-

前作「ホーンズ」に続いて複数のジャンルの間を縫うようなストーリテリングで、奇妙で、エロくおかしく、センチメンタル。

一流のホラー演出が施された恐怖のキスシーン。
病院とは思えない風呂上がりっぷりと、
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

-

ループものを見ると毎回また別のループものが見たくなる。
「恋はデジャ・ブ」の完成度に想いを馳せてしまった。近年のループもの映画でもNetflix「理想の男になる方法」「NAKED」などの方がまだいいよ
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

5.0

今回の悪役ですみたいに登場したギャビーギャビーが自分の説明書だかなんだかを読んでいるところの不憫さに涙。

そして、こちらが最も感情移入する幸福な瞬間には、魂が抜けてモノとして存在している、という毎度
>>続きを読む

緑の光線(1985年製作の映画)

-

トリアーの「メランコリア」って結構まんま「緑の光線」なんじゃないのか。意外なことに。意外じゃないのかな。

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

-

保守的な少女漫画にフェミニズム的な解釈をしてるのかなくらいのかんじで見たら、大林宣彦みたいなやばさの映画だった。
頭のおかしい人たちの激突に目が離せない。

ココアこぼしながら誘われたらめっちゃ笑っち
>>続きを読む

COLD WAR あの歌、2つの心(2018年製作の映画)

-

壮大で劇的な話なのに、くっついて離れてまたくっついたんだよね、みたいな身の上話的なミニマムさがあって、そこがいい。

天使のはらわた 赤い教室(1979年製作の映画)

5.0

このシリーズは、ループものとかパラレルワールドものとかのように見えてくる。

村木と名美は何度も出会い、互いに幻想を見出して、すこしの間だけ心が通じ、すれ違う。

メインテーマが流れるのを合図に、
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

スーパーヒーロー役にジェイク・ギレンホールってどういうキャスティングなんだよって思ってたらナイトクローラー!

ピアッシング(2018年製作の映画)

-

原作の解説を蓮實重彦が書いており、そこでは原作を、あっという間に全ての出来事が語られるB級映画という例えで論じているのだけど、まさしくそういう映画になっている。

原作通りに舞台は90年代。殺人もトラ
>>続きを読む

オルエットの方へ(1970年製作の映画)

5.0

「あっちの砂浜で凧みつけた!」という多幸感に満ち溢れたあのシーンのあの凧が、ヨットに引っかかりさえしなければ…。
「ひと夏の」という紋切り型の時間感覚がたしかに存在していることをこれ以上ないほど証明し
>>続きを読む

神と共に 第二章:因と縁(2018年製作の映画)

-

登場人物の関係なんとなくわかってきちゃってるから、回想シーン一気にバーっとやってくれないかなと思ってしまった。

一章も二章も、取り返しのつかないことを許してもらうというところがクライマックスになって
>>続きを読む

無双の鉄拳(2018年製作の映画)

-

あまりにも思った通りの映画だったので、楽しかった以外の感想を言うのは野暮な気がしてしまう。

ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年製作の映画)

-

やっぱりキムユンソクが好き。
妙にキャラの立った刑事の必要のなさがすごいが、あの不必要な人が目立ってるかんじと終盤の銃撃シーンに、ちょっとジョニー・トー感があってよかった。

ハイヒールの男(2014年製作の映画)

-

冒頭の、サイドミラーに映る赤いドレスの女をじっと見つめてからの追想シーンに心掴まれた。そのまなざしの意味がより複雑化する中盤のキスシーンもいい。

ジャンル映画のずらし方としてもすばらしい。

7月の物語(2017年製作の映画)

5.0

ロメールとか森田芳光「の・ようなもの」とか見てても思うのだが、こういう映画が切ないのは、誰だってこういう時間を経験しているのに、私たちがそれを忘れてしまっているからなのではないだろうか。
感動しました
>>続きを読む

>|