MoyuruAizawaさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

MoyuruAizawa

MoyuruAizawa

映画(843)
ドラマ(40)

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.5

フリークスを記号的にしか扱っていない
彼らがどういった人間で、どういったことができて、どういったことができないのかが描かれない。彼らの特徴を利用した演出もない。これでは多様性の素晴らしさは伝わらない。
>>続きを読む

コズモポリス(2012年製作の映画)

3.6

全く生きている実感がない
外で暴動が起きてても気にしない。銃撃にも動じない。お腹が空いてるからご飯を食べるんじゃなくて、食べるものだから食べる。
極端なようだけど、車の外で起きている暴動に動じないのと
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

4.0

流行りを追って同一化していく大衆
流行りを追った結果区別のつかない見た目になり、お互いに名前と顔が一致しない。そんなんだから、この前ロンドンで食事したなんて勘違いをしてしまう

他人に興味がないから誰
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.4

ギャレスエドワーズのゴジラは
俺たちのみたい怪獣!
俺たちのみたい角度!
てのをよく捉えられてたかなーと感じた

とはいえ、今作の作中初登場シーンはやっぱり燃えるし、各々の初対面シーンの見栄の張り合い
>>続きを読む

スーパー・ハイ・ミー 〜30日間吸いまくり人体実験〜(2007年製作の映画)

3.7

カリフォルニアにおいて、まだ医療大麻のみ大麻が合法だった時代のお話(今では娯楽用も合法)
「大麻を1ヶ月吸い続けたら体に悪影響なのか⁉︎」をスーパーサイズミー方式で実験した映画。

ウィンドリバーの時
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

-

昔母親とテレビで見て、すごく気に入った覚えがある
思い出してよかった今度見る

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.5

​​まるでコミックが動いているかのような映像
​​
​​誰であろうと世界を良い方向に進めることはできるし、ヒーローに性別も人種も時代も次元すら関係ない、誰もがヒーローになれる
​​
​​56​​

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.4

バリヤードが面白かった!ポケモンの特徴をうまく利用してる!

ちょいちょい気になることおおかったけど、まあまあおもしろかった
- ポケモンと共生する世界をつくってるらしいけど、ズートピアほどにはダイバ
>>続きを読む

ある少年の告白(2018年製作の映画)

4.0

まず言っておくけどとキリスト教全部がこんなんじゃないからね!これ福音派の話。(あと、僕はクリスチャンじゃない)

主人公の家は、父親が福音派の牧師でその妻も主人公もその教会に通ってる。
主人公は自分が
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

この異様にこだわり抜いたストップモーションアニメ
特に感心したのがアタリトリビュートの劇中劇と手術シーン。

日本人は基本日本語をしゃべってる。ちゃんとしゃべってる。みんなちゃんとしゃべってる。アタリ
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

4.0

クリスチャン・ベイルのディック・チェイニーもサムロックウェルのブッシュも似すぎ。
クリスチャン・ベイルはThe Fighterではガリッガリの薬中、American Hustleではハゲのデブを演じた
>>続きを読む