Yさんの映画レビュー・感想・評価

Y

Y

映画(2141)
ドラマ(0)

監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影(2020年製作の映画)

5.0

コロナ陰謀論者、5G陰謀論者みんなSNSで増殖してる仕組みに納得です。最近だと大統領選挙陰謀論者もそうでしょう。インスタやめようか迷っちゃいました。

アメリカン・マーダー: 一家殺害事件の実録(2020年製作の映画)

-

まじで気分悪いです。ウソつきで殺人者きんもって感じです。犯人擁護したり陰謀論信じてるやつ予備軍じゃないでしょうか。

悪の偶像(2017年製作の映画)

5.0

かなりの難解で超面白かったです。すごいボリュームですけど説明くさい映像とセリフはなかったと思います。ハン・ソッキュとソル・ギョングによる加害者家族と被害者家族の見てて心が腐ってくるのような話からチョン>>続きを読む

ザ・コール(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

色々と視覚的にすごいのですが、特にタイムスリップ殺人すごすぎです。タイムスリップ演出の新境地です。おれ的には『LOOPER/ルーパー』のタイムスリップ拷問以来の衝撃です。タイムスリップをあんなに恐ろし>>続きを読む

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

-

過剰な演出の映像で疲れちゃいました。分かってて見たのでおれが悪いです。話も精神的と肉体的な暴力のオンパレードで余計疲れました。
お月様の伊勢谷友介がバツグンに面白かったです。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

-

取り返しのつかない事態になっていくの見てると変な気持ちになります。ケイパーものの映画見て学んでるのがバカすぎて好きです。お金のかかった世界仰天ニュースみたいでした。

トゥルース・オア・デア ~殺人ゲーム~(2017年製作の映画)

-

悪魔もちゃんと技術の進歩に対応していってるんですね。5Gなんか出てきて悪魔も対応に追われてるんじゃないでしょうか。

チング 永遠の絆(2013年製作の映画)

-

チング感薄かったです。ピカチュウの刺青可愛いです。

ダーク・スター(1974年製作の映画)

5.0

冷凍保存されてる船長との会話が面白すぎました。あと、自我を持った爆弾を説得もバカバカしくて面白いです。
まさかの宇宙サーフィンで『エスケープ・フロム・L.A.』の片鱗がここに!という感じで嬉しかったで
>>続きを読む

トレジャーハンター・クミコ(2014年製作の映画)

-

日本でのクミコとクミコを取り巻く環境がマイナスエネルギーを帯びすぎていて見てるこっちのエネルギーまで消費しそうでした。おれもクミコが『ファーゴ』に心の拠り所を見つけて執着してたように何かの映画に執着し>>続きを読む

SAFE セイフ(2012年製作の映画)

-

車のサイドミラーとか車内ミラーでアクションの流れを繋ぐの見せ方上手いなと思いました。振り付けもとても良かったです。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

5.0

ハラハラ、ドキドキがとまらなかったです。あんなカンニング方法思いつかないです。学歴、経済格差の中でもがく学生の話をエンタメとして上手く映画にできていたと思います。
カンニングなんて地味な画になりそうな
>>続きを読む

黒い家(1999年製作の映画)

5.0

大竹しのぶの喋り方と目の奥が真っ黒な感じが怖かったです。性をちらつかせるの何なんでしょう。意味不明すぎて怖かったです。

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

-

不快極まりなかったです。2回ある毛をくしでとかすシーンが本当に嫌でした。
ネコちゃんはあんな姿になってもかわいいです。

見えない目撃者(2015年製作の映画)

-

犯人が変態過ぎて引きました。ルハンのコンサートシーンやたら尺長いなと思いました。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

-

音楽と色使いが好きです。レフンの昔のやつも見ようと思います。あの目玉インパクト強しです。
キアヌは何であの役やることになったんでしょうか。

インシディアス 序章(2015年製作の映画)

-

今回はリーワネルが監督、脚本なので当然スペックスとタッカー出番増えるなと思ってたら結成エピソードありがとうございますという感じでした。

インシディアス 第2章(2013年製作の映画)

-

がっつり前作の続編だったので見返しておけば良かったし、前作のホラーに殺人ミステリーを混ぜていて違う面白さもありました。パーカークレーン宅のPOV映像お気に入りです。
あと、1番怖かったのは霊達の布団剥
>>続きを読む

凍える牙(2012年製作の映画)

-

音楽がデカいのが気になっちゃいました。燃える家を見つめる狼犬のバックショットがカッコ良すぎました。

アンセイン ~狂気の真実~(2018年製作の映画)

-

iPhoneで撮ったことによる映像の違和感が良かったです。不穏な感じがしました。

私はゴースト(2012年製作の映画)

-

これいつ面白くなるんだと思っていたらパワフルな画が見れたので良かったです。最後まで見てみるものです。

サムライマラソン(2019年製作の映画)

-

見終わってすぐなのに勢いよく頭が吹っ飛んだところしか覚えてないです。

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

-

リスベットの暗闇からの登場がクールでした。バイクって氷の上走れるんですね。

スポンジ・ボブ/スクエアパンツ(2004年製作の映画)

5.0

一瞬たりとも退屈させないぞという気概が映像から伝わってきて良かったです。変な夢を見てる感じでした。

スポンジ・ボブ スポンジ・オン・ザ・ラン(2020年製作の映画)

5.0

狂ってるけど可愛すぎなので癒されました。意味がわからないけどハッピー爽やかな気持ちになれます。キアヌにスヌープドッグにダニートレホみんな気のいい人たちだなと思いました。
制作国になぜか韓国が入ってるの
>>続きを読む

>|