oldmanSEヨKさんの映画レビュー・感想・評価

oldmanSEヨK

oldmanSEヨK

★はその時の気分なので適当です。例え自分と反対の感想でも、作品に対する愛を感じるレビューを読むのが好きです。
よろしくお願いします!

映画(371)
ドラマ(13)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

時系列だけでなく、見応えのある作品としての完成度の異常な程までの高さに感服しました。
なによりフレディを演じたラミ・マレックが素晴らしかった!

顔そのものは似ていないけれど、フレディの個性のベクトル
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

5.0

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』が「この手があったか!」のコロンブスの卵的POV革命(物議はともかく)だとしたら、今作もそれに匹敵する作品のように思う。

公開前の「PC画面だけで進行する」というよ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.8

それなりに楽しめましたが、ココ数年のストーカー&サイコパス系の美味しいネタを寄せ集めたような作品に感じました。

それでも一筋縄ではないミスリード含む複数のネタを、ストーリーに複雑に組み込むには相当な
>>続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

4.6

原作は未読ですが、TVドラマは観てました。
それなので、大体展開は読めたのですが、でも今作は原作には描かれていない映画オリジナルの、大輔の祖母である絹子(夏帆)と嘉雄(東出昌大)の、秘められた恋の繊細
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

-

観ている間は楽しめましたが…なんだか中途半端というかどっち付かずな作品に感じました。

そもそも最初から筋骨隆々+スキンヘッドなブルース・ウィリスが「ヤル気満々だろオマエ!」なんですよ。

リメイク元
>>続きを読む

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

-

三木聡監督の作品は、ハマるものとダメなものに割とハッキリ分かれるのですが、今回は全くピンときませんでした。

吉岡里帆ちゃんなので期待してたんですが…残念。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.6

ミドルエイジクライシスのための映画か!

と、予告を見かける度に涙を浮かべながら期待してました。

出だし映像がなんだか暗いなぁ〜と思ったら、その雰囲気のまま長いオープニング。
雨と霧のロンドンの表現
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.8

【原作未読】

所謂、破滅型の天才の物語…

なんだけれど、主人公が15歳の女子高生というところがキーポイントで、人間関係や生活面でまだ未成熟で時には女の子っぽさを感じさせるところが、天才の孤高と相対
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.0

サメ映画というよりは怪獣映画に自分は感じました。

特にサメ映画好きではないけれど、鮫=海の恐怖を期待してましたが違ってました。

殆ど泳げないのも起因しますが、自分には海に対する根源的な恐怖があって
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

5.0

映画全体が、一見オーソドックスでさりげない構図だけで作られているようにみえて、実は凄く計算されているというか、まるで主人公瀬川晶司こと“しょったん”の性格、優しさがそのまま画面に反映されたように感じて>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.6

【原作未読】

映画は前半のメインの演目アントン・チェーホフ『かもめ』と、後半の演目オスカー・ワイルド『サロメ』に絡む構成になっている。

前後半のそれぞれの作品のテーマと、彼女達の人生がリンクして絡
>>続きを読む

青夏 きみに恋した30日(2018年製作の映画)

3.5

【原作未読】

※ちょいネタバレ気味のレビューです。

どうやらこの物語の本当の主人公は泉吟蔵(佐野勇斗)らしい。

吟蔵が、一応の主人公である船見理緒(葵わかな)か、大鳥万里香(古畑星夏)、どちらの
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

-

【原作未読】【ネタバレなし】

中盤の結構大切な、"中ボス”のネタバレ(種明かし)のところでウトウトしていたらしく(何度もウトウトしていたので、そのことにも暫く気づかなかった)、ドンドン置いてけぼり状
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.9

【原作未読】【ネタバレなし】
笑った!浜辺美波に涙が出る程笑わせられるとは!

あゆは(浜辺美波)がフラれまくっているのは、いくらなんでも…なんだけど、それを言ってたらこの物語は始まらない。

弘光セ
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.2

【ネタバレなし】【原作未読】

まず、木村拓哉と二宮和也の演技に引き込まれました。
二人とも数多くの役をこなしているし、それなりに特別な役作りというものをしているようにも見えませんでしたが、自分には木
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.3

自分は世間的に好評の『サマーウォーズ』がダメで、細田作品はスルーしてましたがタイミングもあって鑑賞。
…おっ!意外と面白い!
殆ど観てないので比較は出来ませんが、細田守の作家性みたいなのが結構出ている
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.6

【ネタバレなし】原作未読。
楽しめました!
何度も見かけた予告での、着物とベルセルクのガッツのような巨大な刀のデフォルメで感じた不安は、造形の作り込みや色合いや撮影で、いい感じで現実に自然に溶け込んで
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.2

【ネタバレなし】
自分はどうもクドカンとは合わないらしく、今まで話題作でも笑えなかったりピンと来なかったりしました。
でも、TVドラマ『ごめんね青春!』は凄くハマって、世間の人は、毎回こうやってクドカ
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

-

【ネタバレなし】
『帝国の逆襲』や『ジェダイの帰還』の中で匂わせる断片から、子供の頃に想像したエピソードを、補完しつつも遥かに上回る…とまではいかなかった。残念。

まず映像そのものが非常に見辛かった
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

【ネタバレなし】
劇場で何度も観る予告で、感動ポルノっぽい話のような気がしてスルーするつもりでしたが、宇多丸さんがラジオで評するということで鑑賞しました。

面白かったです。凄く構成が計算された…計算
>>続きを読む

MIFUNE:THE LAST SAMURAI(2015年製作の映画)

2.4

ドキュメンタリー映画の作り方としての感想です。

上手く伝わるかどうか分かりませんが、誤解を恐れずに書きます。
今作が、自分の持っていた“三船敏郎”という役者としてのイメージから、何か新しいインパクト
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

2.0

【ネタバレなし】
字幕で観た「1」がイマイチだったので、今作は吹き替え版で鑑賞。
結果、“笑い”のレベルは変わらないと分かりました。
つまりコメディアンとしてのデップーは、個人的にはあまり面白さを感じ
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.8

【ネタバレなし】
金は腐るほどあっても身代金はびた一文払わない…

予告とかでは、笑いもアリ?みたいな作品かと思っていたら、ひたすらシリアスでした。

現在の犯罪映画の流れからすると、どうしても地味で
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

2.8

【ネタバレなし】原作未読。
名作?…迷作?
キャストと演技と映像は現在の邦画での最高レベルのようでしたが…それぞれのエピソードが化学反応しなかったように感じてしまいました。

映画の限られた時間内では
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。

中盤までは良かったんですが、ラストにかけていまひとつ…でした。

総合的に、全てのキャラの人間的な掘り下げ方が浅いように感じてしまいました。

極めて個人的に一番引っかかったのが、大人と
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.9

【ネタバレなし】オリジナル音声&日本語字幕ver.鑑賞。

公開前から、キャラと画の雰囲気に自然と期待値を上げすぎてしまった。

ウェス・アンダーソンの語り口は、淡々とした口調で絵本のページをめくるよ
>>続きを読む

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判(2018年製作の映画)

-

【後半、暴走してネタバレ気味か意味不明な感じです】

今更突っ込むのもヤボかもしれないけれど、今作でのメインテーマの設定が、某人気漫画に非常によく似てるなぁ〜…とか…

或いは元ネタと噂のある(あくま
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

5.0

【微妙にネタバレしてるかも】(気をつけましたが…)
た、たまらん!!こ、こ、コレは!!超楽しぃぃぃー!!!
🦍🐕🐊
元怪獣少年の魂爆発🔥

パシフィック・リムが往年のロボットアニメの王道を現代の技術で
>>続きを読む

ジュピターズ・ムーン(2017年製作の映画)

1.8

【ネタバレなし】

ある事をきっかけに、宙を飛べる能力に目覚めた不法移民の少年の物語…

なんですが…視覚的に分かりやすい空中に浮く能力はいいとして、他の能力があまり明確に提示されず(でも確実にはある
>>続きを読む

ラブ×ドック(2017年製作の映画)

-

【ネタバレなし】

構造的に映画として変換されていないように感じました。
舞台向けの作りのような…。

剛田飛鳥(吉田羊)が、自分の行動や内面を全てセリフやナレーションでトコトン解説しまくりますが、も
>>続きを読む

文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)(2018年製作の映画)

-

前知識一切なしで鑑賞。
一見さんお断り!…どころか初心者立ち入り禁止❌作品でした。

ドラマ『HEROES』(弁護士じゃない方)で、マシ・オカ演じるヒロが着ていた『場違い』ジャケのごとく、鑑賞中は頭上
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.8

【ネタバレなし】
邦題から、激戦の中を騎兵隊が突き進んでゆくような活劇っぽいのを予想していたんですが、そこそこシリアスな戦争モノでした。

原題も“12 Strong”なのでニュアンスとしては、あまり
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

1.4

【ネタバレなし】
アメリカでトランプが2022年に施行するという、年に1日だけ全ての犯罪が許されるパージ法。

主役はイーサン・ホーク演じる夫の家族。

貞淑な妻役のレナ・ヘディは、TV版ターミネータ
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.4

【ネタバレなし】原作未読。

予告で謳われているセリフは、ある種のトリックなのか?超能力?それとも赤胴鈴之助の真空切りや、白土三平のサスケのようなトンデモ科学なのか!?
ここらの掴みはベストセラー作家
>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.3

【ネタバレなし】原作未読。
おそらく原作漫画をかなりストレートに映像化したんじゃないかと思います。

それに合わせデフォルメされた演技も、主要キャストの俳優さん達の整った綺麗な人ばかりの現実離れ感も手
>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

2.2

【ネタバレなし】原作未読。

夫婦が互いにパートナーを交換して、同い年の息子と娘がひとつ屋根の下で同居し部屋も隣同士。
官能小説やエロ漫画じゃないかという設定。
なのに…
自分はどうも、エロさどころか
>>続きを読む

>|