tyapiokaさんの映画レビュー・感想・評価

tyapioka

tyapioka

  • List view
  • Grid view

闇・光・闇(1989年製作の映画)

3.7

記録整理。人間の体も部分で見るとなかなか珍妙。

チャイルド・プレイ3(1991年製作の映画)

3.3

記録整理。オープニングが怪しく美しい。相変わらずしつこい。

フリクリ(2000年製作の映画)

4.1

記録整理。内容は置いてきぼりを食らうが、それでも魅せる力がある。ノスタルジックな雰囲気と解決はないものの散りばめられた謎のおかげで何度も見返せる。

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

3.6

記録整理。面白い和風なアニメーション。髪の毛、色彩、花、草、風。

失われた朝食(2015年製作の映画)

4.1

習慣。それが狂ったときの人の不安とそれすらも飲み込む力。ヤン・シュヴァンクマイエルっぽさがある。

リアル鬼ごっこ(2015年製作の映画)

1.9

記録整理。このパッケージとこの監督とで想像した通りの内容。

乱歩地獄(2005年製作の映画)

3.7

記録整理。中々に怪しく不気味でグロテスク。現代的な乱歩解釈といった雰囲気。どうしてこういう映画は白ブリーフ推しなのだろうか。

ハチミツとクローバー(2006年製作の映画)

3.6

記録整理。邦画ならではの雰囲気。伊勢谷友介が格好いい。個人的には海辺の切ないシーンで終わってほしかった。

スネーク・フライト(2006年製作の映画)

2.9

記録整理。パニック物。ウザイ登場人物がちゃんと死んでくれるという意見を多く目にしたが、私はそれでも可哀想だと思った。馬鹿馬鹿しさもけっこうある。

逃亡者 木島丈一郎(2005年製作の映画)

3.4

記録整理。木島のキャラクターが気に入ってたので楽しめた。

踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!(1998年製作の映画)

3.5

記録整理。ドラマがとても綺麗な終わり方だから、映画は蛇足と思ったが、やはり好きなキャラクター達がわちゃわちゃしてるのは見ていて楽しい。小泉今日子のレクター博士的キャラも中々見もの。

劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ(2013年製作の映画)

3.5

記録整理。ひとつの完結として中々の出来ばえだと思う。ギャグとシリアスもよいバランス。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来!トルネード大作戦!!(2003年製作の映画)

3.1

記録整理。テレビスペシャルとの違いがわからないけど、普通に楽しめた。主題歌がすき。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル(2000年製作の映画)

3.5

記録整理。こどもたちの冒険感つよい。ちょっと下品なギャグのバランスもよかった。

名探偵コナン 紺碧の棺(2007年製作の映画)

2.8

記録整理。子供のときみたけれど、そのときでも子供向けだなと思った。

名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)(2003年製作の映画)

3.5

記録整理。平次と和葉好きにはたまらない。お面や日本的な雰囲気のある作品。

ピラミッド 5000年の嘘(2010年製作の映画)

2.9

記録整理。ピラミッドの数学的解釈。もう少し噛み砕いてから教えてほしい。

ボルケーノ(1997年製作の映画)

3.5

記録整理。勉強になる映画だがトラウマシーンもある。

プレデター(1987年製作の映画)

3.5

記録整理。一見無敵そうなのに原始的な攻撃で死ぬ姿を見るとどこか可哀想になってくる。気持ち悪い見た目もよい。

>|