イッサさんの映画レビュー・感想・評価

イッサ

イッサ

映画は幼い頃から好きだけど、おそらく地上波鑑賞が圧倒的に多いと思われます。
高校生以降は映画館やレンタルDVDで観ることも増えました。
邦画、洋画問わずに観ますが、洋画主体になっています。ジャンルはアクション、ラブ、コメディ、ヒューマンドラマ、サスペンス、ホラーかな。
評価
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️:文句なし
⭐️⭐️⭐️⭐️:人に勧める映画
⭐️⭐️⭐️:再鑑賞可能

映画(293)
ドラマ(2)

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ホラー映画だけどちょっと物足らないと思った記憶があります。

土地で起こった事件によりその場所は穢れる。その穢れは残り、そこに建てられた家に穢れは現れる。

アンダー・ザ・ウォーター(2017年製作の映画)

2.0

アンダーザウォーター。
放題の付け方、ポスターの作り、もう少し違った表現でもいいと思う。
確かにその設定ありきの物語だが、映画の中での焦点はそこではない様に思えました。
世界の危機だのなんだのという映
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

4.0

スピード感あるストーリー展開で飽きることのない時間でした。
地球救う系に関しては、オイラはどこかで英雄譚みたいなラストを期待しているんだなと、今作を観て思った。

気象衛星が元でなるのか、自然発生的に
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

アナ・デ・アルマスさん可愛すぎでしょ。

レプリカントが出産をしたという事が世界の常識を覆すことになるから、それをなんとか隠そうとする組織と対立する話。
ブレードランナーの世界として描く必要性あった?
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.5

プロメテウスの方がドキドキしたかな。
やはり出てくる!ってわかって観てる部分があるので。

しかし、やっぱり奴らを作り上げたのは人間なのかと思うと、つくづく人間はダメだなと思う。
表面的にはAIの暴走
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

4.0

ひさびさに大満足のSF映画を観た気がします。
AIは人を利用するし、権力者は嘘をついて人を騙す。そういうのはいつになっても変わらないらしい。
未知の物への探究心は尽きないものですが、求めない方が良いも
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

2.0

強いわけでもなく、死なないから負けないっていうだけ。
主人公としては変わった設定ですね。

市原隼人さんや福士蒼汰さんがカッコ良かったなぁという印象。
多種多様な人殺しが出てくるのでそういうのを楽しめ
>>続きを読む

氷菓(2017年製作の映画)

3.0

アニメは見ていました。

元のネタが素晴らしいから内容は楽しめると思います。基本的には推理ネタが大半。探偵とかではないから学園生活の範疇で起こる謎解きのようなものです。
殺人とかは絡んでこないから、ス
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

1.0

なぜ0点とかないのかな。
アニメ、漫画とファンのオイラからすると点数すらつけたくない。

ハガレンを知らない人へ
この映画を観るくらいならその時間でアニメ版の1〜4話を観ていただきたい。
その方が魅力
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.0

芸人の心とかそういうのが表現されている作品だと思います。
あとは下積み時代の厳しさ。

観たら伝わるものがあると思います。

恋と嘘(2017年製作の映画)

2.5

恋愛禁止の世界なのかな?
ぼんやりとはそういう世界観ぽいけど。

どこまで原作を再現していたのかはわかりませんが、ちょっと最後は失速感がありました。というかラスト。
そこまでは良いと思うんですがね。
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.0

そーいう系か!?
全然爽快アクション映画ちゃうやーん!
勝手に邦題見てそうだと思い込んでたから見るタイミング間違えました。

バリバリスパイ映画っす。
最後うまくまとめた感出てたけど、内容頭で理解して
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.6

marvel作品ちょこちょこ観てますくらいだけど、面白い作品が多いですね。

話のスケールが大きいのに、たまに挟む小ネタのギャグとかあって笑いながら観れる感じが好きでした(^^)

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

3.5

ロッキーを知っていればさらに楽しめる映画。

知らない人もきっと胸が熱くなるんじゃないかな。ボクシングが嫌いな人はごめんなさい。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

行きすぎたSNSを表現してるのかもしれないが、現実はもうこれに近い状態ではないだろうか。
一般人は知らないもしくは気づいてないだけで個人情報なんてのは簡単に抜き取られ監視されているのではないか。

>>続きを読む

スターシップ・トゥルーパーズ(1997年製作の映画)

3.0

虫の解体シーンはエグかったけど、それ以外はなんとか見れた。

虫の射程に入らないように戦えばいいのに、何故そんなに近づく!
ってシーンがちらほら。

あんなのと戦う日が来ないことを祈るばかりです。

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

2.8

ブルースが悪者みたくなってるけど、
若い頃に犯した罪のツケが回って来るのが未来なんだし、若い頃にそんな仕事しなけりゃいいのにって思う。

最後に他人の為に自分の生き死にを選べた事が唯一の救いだと思う。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.0

原作は既読。

うーん。原作を越える出来!って感じにはならなかった気がします。
原作未読でも楽しめる内容です。

ダイバージェント(2013年製作の映画)

3.5

進撃の巨人感ハンパないな。
敵が内側か外側かっていう違いはあれど外の世界は危険で、役割を持って暮らす住人。
これ系が示そうとしているのは未来のことなのか、それとも気づいていない現代の事への暗示なのか、
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

2.0

知らない人には新しい現実。
知ってる人は知ってる。
この世界に於いては正義とかそういうのは意味を持たない。
殺しは日常で金と力が全て。

現実にそういう世界は存在している。
日本にいるとゲームの中でし
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

監督とかは一緒なんだけどなぁ。
なんか新しさがあんまりなかったから?
あと要らない設定が多い気が。
ハリーが戻って来たのは嬉しいけど、カッコいいシーンが少なかったかな。
やはり2は期待値が高すぎたかも
>>続きを読む

トータル・リコール(2012年製作の映画)

4.0

これからの未来をうまく描いてる作品という意味で高評価。
記憶がデータ化されることで起こりうる事態かな。
今回の主人公の様に記憶自体を疑う事態に追い込まれるかどうかはわからないから、嘘の記憶を信じたまま
>>続きを読む

アイ,ロボット(2004年製作の映画)

4.0

まさかそんなに前の作品だとは。
しかし10年以上前にこの未来を予測していたのはかなり凄いと思う。
ゴースト。攻殻機動隊のモノとは少し意味合いが違うのかな?
AIやロボットが悪いってわけじゃない。
人に
>>続きを読む

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

5.0

何故かこの映画のレビュー書いてなかった。
なんで?

久々に号泣した映画でした。
ケビンコスナーと男の子の間に築かれていく関係性が美しい作品です。
これは本当に良作です。
再度鑑賞した際に詳しくレビュ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.0

次回作はすごく期待出来そう。
今回のは勝手にもっと激しい戦闘シーンを想像してたからちょっと期待はずれでした。
でもドクターストレンジの誕生する話として観れば楽しめると思います(^^)

ザ・ホスト 美しき侵略者(2013年製作の映画)

3.0

異星人との共生の仕方を描いた一作。

敵とか味方とかじゃなく、同じ星に住む仲間と思い受け入れる事も必要なのではないでしょうか。

9か月(1995年製作の映画)

2.0

彼女の妊娠を機に子供を持ち親になるという事を考えさせられる男を描いた映画。
子供を持つという事に否定的なのにSEXはする。男の嫌な部分を存分に描いてくれてるので女性は見ていてムカつくのではないでしょう
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

ガル・ガドットさんが素敵!
現代に神が舞い降りる。それが女神なんて最高すぎる。

鑑賞後にレビュー書くの忘れていたらしくうまい文章書けません。
マーベル作品をもっと観ようと思いましたね、ウルヴァリンと
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

1.5

この下手なうたい文句が無ければもっといい評価が出来たと思う。
映画を何本も観てきた人にはすぐバレてしまう内容な気がします。
かなり序盤で答えがわかったので残念でした。

パブリック・エネミーズ(2009年製作の映画)

3.0

根っからの悪人って感じには見えなかった。愛に生きた男って感じかな。友を大事にして愛した女を想い。
そう美しく描かれたのかもしれないけど。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.5

これはかなり精神的にやられました。
誰にでも経験のある話だと思いました。どの立場かはわかりませんが。

全てを真正面から描いているからこそ、観ているこちらが辛いのだと思いました。

聲の形っていう題名
>>続きを読む

>|