akaneさんの映画レビュー・感想・評価

akane

akane

コンディションにより降り幅大きめ。
その瞬間の気持ちとシンクロする映画を観れたら幸せ。

映画(466)
ドラマ(0)

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.4

2日に分けて見たせいか、最後の一言の意味が分からない事態に。
しかし疲れそうだから、もう一度見る勇気はない。

松岡さん、テンションの上げ下げ大変そうだなと思った。
冷静に考えればこんな痛い人なかなか
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.6

終盤泣くしかなかったけど、
一夜明けて冷静になると、ウィルがハイスペックだから成り立つ話だなーと、しょうもないこと思ってしまう。

どんな選択をしようと、どんな人生を歩もうと、一ミリも後悔しないことっ
>>続きを読む

白い帽子の女(2015年製作の映画)

3.0

何故かこの女には凄い秘密があると思い込んで観てたのに、なかなか進まない話。
引っ張って引っ張って、それだけ?拍子抜けでした。
これは邦題がいけないのかなと思ったら、原題も微妙ってゆう笑

キャストがあ
>>続きを読む

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

2.5

原作はちらっと読んだことあるくらいなんですが、たぶん原作ファンは見ちゃダメ。キャストさんの素材の良さを愛でる用の作品。
(どの人もうっすらとしか知らない私には刺さりませんでした。)

山本舞香ちゃんに
>>続きを読む

トリガール!(2017年製作の映画)

3.4

大会当日のシーンが意外と長くて感動した!
ほんとに飛んでる!のかは分からんが、
あんなに飛ぶんだーってのと、中の人大変やーって驚く。考えてみれば当たり前なのだが笑
笑いとスポ根?と恋愛の話のバランスが
>>続きを読む

レイチェルの結婚(2008年製作の映画)

3.2

妹も痛々しいが、姉も相当ヒステリック。
タイトルも相まって、途中から姉の方が主人公なのかと思ってしまうほど笑

お互い不満も許せないこともあるのかもしれないけど、人生の幸せな場面で一緒にいようとしてい
>>続きを読む

ヒロイン失格(2015年製作の映画)

3.2

少女漫画のご多分に漏れず、かゆい!笑
が、主人公がもはやギャグなまで振り切ってて面白かった。

そして坂口健太郎がカッコ良かったので満足。王道なイケメンも似合うなー
今度は嫌な奴な役も見てみたい。

華麗なるギャツビー(1974年製作の映画)

3.0

デカプリオ版は何年か前に見てて、良い印象があったのでこちらも観賞。
ギャツビーの登場シーンの表情がデカプリオそっくりで驚いた。(実際は逆なんでしょうが)

なんとゆうか、これが昼メロとゆうやつか…
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.5

王道のラブロマンス、
王道ではないかもしれないがハッピーエンド!
ラストで奇跡が起きてたら、たぶん白けてたと思うが、やり過ぎない絶妙なファンタジー具合が良かった。

綾瀬はるかの衣装の着こなしも素敵だ
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.7

消えていいものなんてない。いなくなって誰も悲しまない人なんていない。
世界中の何もかもが誰かにとってかけがえのないもの。
当たり前のことだけど、忘れてしまうことがある。
それを自然と思い出させてくれる
>>続きを読む

ソレダケ that’s it(2015年製作の映画)

2.8

最初の方、カラオケで映る本人映像じゃないやつみたい。
一昔前なダサさ、はあえてなのか…?
ストーリーが意味分かんないのにカッコよくもないってどうなの。

最後まで見れたのは俳優さんたちの実力あってです
>>続きを読む

バイオハザード II アポカリプス(2004年製作の映画)

3.0

グロ系から爆発系アクションに切り替わりました。

アリスのアクション、迷いが無い動きが段々ゲーム画面見てる気分になる。凄い。
ただ迫力としてはいまいち。

バイオハザード(2002年製作の映画)

3.4

ごりごりのアクション系と思い込み今まで避けていましたが、意外とグロい系で好きなやつでした。
(細切れとかあまりにもな所は直接写ってないので、見易い範囲かと思われ。)

話も謎解きとはちょっと違うけど徐
>>続きを読む

IT/イット(1990年製作の映画)

3.0

とりあえず長い。
リメイク版、前半で話切っといて正解でしたね!

たぶんホラー感よりも、
青春というか、トラウマの克服みたいなのが見所なはずなのだが、
外人の顔(特に子供)を見分けるのが苦手な者として
>>続きを読む

人狼 JIN-ROH(1999年製作の映画)

3.2

絵は好き、押井守な世界観も好き、なのだが、話が入ってこない…
いやストーリーは分かるんだけど、これといって登場人物に共感できるシーンがないからか、残らない。
絵はリアルなんだけどね。

ファンタズム(1979年製作の映画)

3.3

意味不明、笑
ゾンビものかなーゾンビ飽きたなー、と思ってたらドワーフって、新しいな笑

血がブシャーってのはないけど、ちょいちょい付いてるマスタード(にしか見えない黄色い絵具?)が気持ち悪い。良い意味
>>続きを読む

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

3.6

オリジナル版のテーマを崩さず、現代でできる全力で作られた作品だなと思う。
設定はあくまでリアリティのためのもの。
オリジナル版を思わせる音楽にもにんまりしてしまいます。

オリジナル版では描かれていな
>>続きを読む

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

3.7

何年か前にライジング(続編)の方だけ見て、あんまり印象に残ってなかったので期待薄めで視聴。
今回オリジナル版全部視てから改めて視てみると、なかなか良い!

オリジナル版には少なからずあった突っ込みどこ
>>続きを読む

ハロウィン(2018年製作の映画)

3.0

過去シリーズ未観賞、試写会で頂いたパンフで作品背景は把握して挑みました。
事前知識あった方が分かりやすいのだろうが、この作品に関してはよく分からん状態で見た方が恐さがあるような気がする。
音で驚かされ
>>続きを読む

スノーホワイト 氷の王国(2016年製作の映画)

3.2

ヘアメイクが素敵。
白い肌と真っ直ぐな髪がフレイヤの繊細さに凄く合っていた。エミリー・ブラント美しい!
そしてシャーリーズ・セロンの魔女っぷりも美しすぎて目を奪われます。

白雪姫のテーマである女の戦
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.3

不死設定を活かした新しいタイプのアクションだった!見応え十分。

ただ佐藤(綾野剛)のゲーム好き演出のせいで、途中からゲーム観戦している気分になる。動機が人間への復讐という仲間の説明もほんとか?と思っ
>>続きを読む

PLANET OF THE APES 猿の惑星(2001年製作の映画)

2.7

ただ悪い猿をやっつける話。
まぁオリジナルの設定活かしつつ、分かりやすくハッピーエンドにまとめようとしたらこんな感じになるよね。

そのハッピーエンドをぶち壊すラストシーンは完全に要らない。むしろ主人
>>続きを読む

最後の猿の惑星(1973年製作の映画)

3.3

なんともスッキリしない終わり。
予定調和だった3・4作目とは違って、未来が変わるかもしれない可能性が垣間見れ、やっとSFっぽさが戻ってきたのに結末までは描いてくれないのね、笑
シリーズ通して衝撃の結末
>>続きを読む

猿の惑星・征服(1972年製作の映画)

3.0

終着点が決まっている状態なので、まぁそうなるよなーという予想通りの展開が続くだけなのが残念。
シーザーの幼少期とか、人間がなぜ猿を奴隷にしたのかとかをもっと掘って欲しかった。

細かいことなんだけど、
>>続きを読む

新・猿の惑星(1971年製作の映画)

3.1

立場は逆転しているが1作目とのデジャブ感が強いのでやや退屈。
これまでよりキャラクターに焦点が当たっていて、感情移入できる場面は多かった。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

久々に大爆笑できた映画。
映画館に見に行かなくて逆に良かったなと思ったくらいには笑

人が頑張ってる姿って無性に笑えるときあるよね。本人達からしたら笑い事じゃねーよって話なんだろうけど。
打ち上げした
>>続きを読む

続・猿の惑星(1970年製作の映画)

3.5

前作よりもさらに衝撃のラスト笑
え、これ続きあるんだよね?
テレパシー軍団の顔は何となく覚えてたから見たことあるはずだったんだけど、驚きました。

これまた自虐的な感じで進んでくのね…
シリーズ一挙見
>>続きを読む

猿の惑星(1968年製作の映画)

3.8

これ続編なかったらどうすんだってくらい、悲愴感しかない話なのにヒットしたのが凄い。
話にも映像にもしっかりリアリティーがあるから、つい釘付けになるのかも。

SFって未来への不安が強烈に表現されるもの
>>続きを読む

悼む人(2015年製作の映画)

2.9

高良健吾好きなんだけど、、、毎回これといって良い作品が思い出せない不思議に陥る。なぜだ。

お母さん関連のシーン、ストーリー的にも必要だし一番共感しやすい部分ではあるのだが、他の胸糞話とのバランスが違
>>続きを読む

>|