あかぽこさんの映画レビュー・感想・評価

あかぽこ

あかぽこ

映画(1622)
ドラマ(56)

ブルーハーツが聴こえる(2016年製作の映画)

-

お盆期間中は会社の独身寮の管理人が休みの為、助っ人任務中。

特にやる事無いので連続動画視聴~(^^)

当時はブルハかBOØWY(解散で被りの時期が短かったけど)の2択。

邦楽は聴かない自分でもブ
>>続きを読む

サム・ペキンパー 情熱と美学(2005年製作の映画)

3.5

動画配信にて視聴。

サム・ペキンバー監督の人生を各作品の名場面や制作秘話、作品主演者や関係者のインタビューを交えて進行するドキュメンタリー映画。

正に「天才とアレは紙一重」を地で行く偏屈でワガママ
>>続きを読む

風が吹くまま(1999年製作の映画)

3.8

『桜桃の味』の監督さんだったのでレンタル鑑賞。


イランの田舎町に珍しい葬式の取材にやって来たTV局のスタッフ。

その取材対象のおばあちゃんはなかなかお達者で暫く滞在するハメになるが……って、別段
>>続きを読む

カイロの紫のバラ(1985年製作の映画)

3.8

「ウディ・アレン監督作は本人が主演しない方が傑作多い」
……身内でそんな話題が挙がり、内容も忘れてたのでレンタル再鑑賞。

自分は「下手の横好き」的に鑑賞数だけはそこそこ観てるだけなのただの映画好きで
>>続きを読む

サザエさんの結婚(1959年製作の映画)

3.0

TVドラマシリーズの映画版第5弾(らしい)

原作との馴れ初めは違うのだろうけど、タラちゃんもまだ存在しない、サザエさんとマスオさんの婚約独身期のエピソードは、アニメしか知らない自分にはなかなか新鮮で
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

3.9

評価高いのでレンタル鑑賞。

そして開始5分で気づく…。

これ、前 観たわ…。

…当時は『ハルプ・フィクション』の亜流型映画が多数犇めいていたのと「独や仏映画は邪道!米映画が頂点!」と勝手に思い込
>>続きを読む

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

3.9

ヘブライ語のイントネーションとニュアンスに明るい為、劇中の人気メロドラマ『テルアビブ・オン・ファイア』の脚本家見習いに雇われた 冴え無いアラブ人が主人公。

パレスチナ自治区エルサレムから仕事場への往
>>続きを読む

だれもが愛しいチャンピオン(2018年製作の映画)

3.9

飲酒運転での刑減の為、社会奉仕で知的障がい者のバスケットクラブのコーチを務める事になった、自己中で偏屈気味な元プロチームコーチの物語。

ハンディキャップの有る人をコミカルに描いてる点は ともすれば危
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

個人的嗜好として、国産ネイキッド×限定解除の単車派で、車に関しては『乗れればイイ』系なのと、カーレースものや二人とも苦手俳優の為 余り興味無かった作品だったが、2ヵ月間観たい新作は先伸ばしにされて T>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.5

世代的にはジョン・ウィリアムス。

ちょっとその場面々々の映像と音楽が流れただけで感情の集積回路がオーバーロードする程、作品と渾然一体の作曲家さん。

今をときめくハンス・ジマーにジャンキーXLやらも
>>続きを読む

悪い奴ほどよく眠る(1960年製作の映画)

4.3

こんな映画が60年も前にあったとは…。

『死人に口無し』タイトルそのもの。

耳に残る口笛の音色。

やるせなさ残るラストは個人的にタイプの終幕。

志村喬、笠智衆、宮口精二、西村晃、三橋達也、森雅
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

2.5

評価高めですね~…😓

どうもすみません…m(__)m

先に謝っておきます…m(__)m

勿論、ベストも所有してるし、EP盤(笑)も3枚程持ってますが、先の『ボヘミアン・ラプソディ』の人気から 何
>>続きを読む

ジャッキー・チェン 必殺鉄指拳(1973年製作の映画)

2.5

中坊の頃、大問題になった(笑)曰く付きの作品を30年以上の時を経て動画配信で遂に視聴!!

噂に違わぬ駄作&小細工&フェイク作で一週回ったらある意味傑作にも見えてしまいました~!!😂➰🤣➰😂➰🤣

>>続きを読む

ボルベール <帰郷>(2006年製作の映画)

2.8

やはりこの監督作品は難しかった……😫

『オール アバウト マイ マザー』がチンプンなら、こっちはカンプンって感じ…😓

この作品も女性の感性に訴えるようなテーマで、おっさんの自分には余りにも高くて堅
>>続きを読む

オマールの壁(2013年製作の映画)

3.8

『パラダイス・ナウ』からの同監督作を鑑賞。

現在進行形なパレスチナ×イスラエルの国家間闘争。

今回は恋愛絡みの組織間問題とあって、前作の自爆テロ程の切迫感は無いが、それでも平和な日本では考えられな
>>続きを読む

オリ・マキの人生で最も幸せな日(2016年製作の映画)

4.1

面白かったです!(^^)


1962年
フィンランド初のボクシング世界戦を控える、シャイで大人し目の主人公オリ・マキと、優しくて明るい彼女のライアとのほんわかじんわりな物語。

当時の雰囲気っぽい感
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.8

少年との交流はもう少し見たかったが、ガシガシ攻め込んでくる系な『お涙頂戴!』って感じじゃない作風は個人的には好印象~👍️

偏屈ヨイヨイなヨレ具合と小汚なさは、なんだか昔から変わらない印象のビル・マー
>>続きを読む

私は、マリア・カラス(2017年製作の映画)

3.5

TSUTAYA物色中、昔のツレが音大で勉強してたのを思い出し、なんだか興味引いてレンタル鑑賞。

今とさほど変わらない執拗なマスコミの追及や、世間からの心無い中傷、興行に対するプレッシャーとの戦いなど
>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.5

昔ながらのニューヨーカーのStato of mind ってヤツですな~☺️

テロ事件を交えながらの売家相場変動と転居購入を軸に、昔の黒人と白人の結婚問題も取り入れつつ“終”の住み家を見つけ出すストー
>>続きを読む

ブルース・リーの神話(1984年製作の映画)

3.7

誕生から謎の死までを各作品のダイジェストや制作秘話等を交えて進行していくブルース・リーのドキュメンタリー映画。

ゴールデンハーベストのレイモンド・チョウが制作とあって、流石にロー・ウェイやジミー・ウ
>>続きを読む

ドラムライン(2002年製作の映画)

3.7

大学のマーチングバンド部を舞台にした熱血スポ根系学園ドラマ。

マーチングバンドの造詣は全く無かったので初めて知ったけど、無茶苦茶カッコいいですな~🤩🥁

スネア(かな?)主体であんな対バン?的なコン
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.5

面白かったです!😊

ジム・キャリー主演作品観るのは、多分 BATMANのリドラー役以来久々!

…何故 Separate Ways なのかは解りませんが、若い頃 400でMAXターン中ロックして身体
>>続きを読む

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

3.8

ウォーターゲートビル侵入から始まり 初の大統領辞任劇にまで発展する事件での、ピューリッツァー賞受賞者 二人の記者録。

有名な事件なので経緯と事の顛末だけは知っていたけど、その真相を突き止めるまでに至
>>続きを読む

アルプスの少年 ぼくの願い事(2004年製作の映画)

4.0

紛らわしいタイトルだけど現代劇。
ジャック・ヴィルレの親っさんの遺作を今更ながら鑑賞。

母親の行方不明により精神的ストレスから失読症を患った主人公の少年が、アルプス山脈(モンブランの台詞が出てたので
>>続きを読む

唐山大地震(2010年製作の映画)

4.0

なんの天災害も経験した事が無い自分如きが被災の事に口を出す事自体がおこがましので遠慮させていただくが、作品としてのストーリーにはとても心に響いた 良い映画でした!

弟との再会や、生きていた事の母への
>>続きを読む

桜桃の味(1997年製作の映画)

3.9

あくまでも個人的感情だが、『自殺』と言う自己責任の行動に関しては、昔から否定も肯定もしない。

善しにしろ悪しにしろ、それがその人の『生き方』なのだから。

自殺を試みようとしてる、中年男性のイラン人
>>続きを読む

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

3.2

第二次世界大戦末期。
敗戦濃厚で士気も軍律も散り散り、我先に前線から逃げ出すドイツ兵士。

一人のドイツ兵が、偶然 高級士官の軍服を発見し、成り行きで特務大尉に成りきった挙げ句、気づけばお山の大将に覚
>>続きを読む

カリガリ博士(1920年製作の映画)

3.8

昔『シザー・ハンズ』の元ネタ的に聞いてたので、ずっと観たかった有名古典映画を動画配信で視聴。

オドロオドロしいホラーチックな映像に物語の内容を具現化したような奇抜なデザインのセット等 Sense o
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.5

女性には評価高そうな感じの作品。

ストーリーというかテーマは『究極のマザコン』って事なのか?そっちの感情が全く無い自分は1ミクロンも解らない世界…🤤

ラストの心理をもっと知りたかったので、もう少し
>>続きを読む

ファイヤーフォックス(1982年製作の映画)

3.5

公開当時小学生。
『アイアン・イーグル』目当ての同時上映で『難しいし、おじいちゃんが主役でつまんない~』等とぬかす、無礼千万 無知蒙昧なバカガキの頃劇場鑑賞…。

先日観た『スペース・カウボーイ』から
>>続きを読む

娘・妻・母(1960年製作の映画)

4.1

厳つい位スゴいキャストの競演と、何か成瀬巳喜男監督っぽく無い様な感じの作品。

家族間遺産相続、老いた親の面倒、金銭トラブルに再婚話etc.…って、今も良く見るホームドラマ的作りは、巨匠プロデューサー
>>続きを読む

原子怪獣現わる(1953年製作の映画)

3.6

『怪獣映画』の超古典。つか、元祖。


『怪獣ゴルゴ』を観た影響からか?『レイ・ブラッドベリ』の名前が何故か頭から離れず、何度か目のレンタル鑑賞。

有名な灯台を破壊するシルエットのシーンや、ローラー
>>続きを読む

必死剣 鳥刺し(2010年製作の映画)

3.5

藤沢周平先生の時代小説はそこそこ読破してるのだが、なぜか『隠し剣』は未読。

映画の『鬼の爪』は観た記憶あるけど、内容覚えて無いのは毎度の如し…😩
『武士の一分』は主演が例のジャニタレだったので興味無
>>続きを読む

禁じられた遊び(1952年製作の映画)

3.5

動画配信にあったので初視聴。

本編より、クラッシックギターの入門編として、ピッキングにさえ慣れれば比較的簡単なコード進行のテーマ曲の方が有名な本作品。

序盤の大量エキストラを使った空爆はCGなんか
>>続きを読む

デビルマン(2004年製作の映画)

1.5

動画配信にあったので奇跡の再鑑賞。

やる気ねぇなら作るなッ💢💢💢!!!
…と、当時は大激怒。

今思えば、色々大変だったんだろうなぁ~と、少しは思いやれるおっさんになった。

そんな寛大な気持ちで観
>>続きを読む

洲崎パラダイス 赤信号(1956年製作の映画)

3.8

特殊飲食歓楽街『洲崎パラダイス』の『外』と『中』の境い目に位置する居酒屋に女中として働く事になった主人公カップルとその居酒屋の女主人を中心に描く当時の現代劇。

同年公開の溝口監督作品『赤線地帯』程ハ
>>続きを読む

>|