ちくわ天さんの映画レビュー・感想・評価

ちくわ天

ちくわ天

武士の献立(2013年製作の映画)

3.0

ハッピーエンドが良かった。
私に問題があるのだけど歴史に疎いので内容がわからなくなった。。。

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.0

どうなるの?!とドキドキしながら見てたんだけど、中盤までの高鳴りに反して最後は味気ない感じがした。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.5

まったりと頭を使わずに観れるいい映画。老人ギャクにクスッとする。捕まるんじゃないかとハラハラするも最後はハッピーエンドで終わりほっとした。

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.0

スラムだとこういうことがザラにあって日常なんだろうな。日本のような整えられた環境は全国的に少ないだろう。他国の映画を見ると世界が見える。

クイズミリオネア、みのもんたの番組と音楽や美術、設定など何も
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

2.5

難しい話を早口で話してる場面多くて段々ついていけなくなった。日本政府決めるまでの手続き(?)段階が多くて、異例の事態が起こったら対応に時間かかりそう。

最初に出てきた怪獣アホな顔しててゴジラの敵かと
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

2.5

同じようなシーンが多く少し退屈。最後、疑いを覆した理由をいつ思いついたのかなど詳しく表現してほしかった

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

伏線があり面白かった。前半はよく分からなくてもドッキリする演出があって楽しめた。
結末知った上でもう一回見たい。

友だちのパパが好き(2015年製作の映画)

3.0

続きが気になって最後まで鑑賞。まぁまぁ面白かった。

第9地区(2009年製作の映画)

2.5

過程において主人公があまりにも強運すぎてうーん。。。
協力してくれたエイリアンいいやつすぎる…。

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

2.5

ほっこり。阿部寛の良さが出てた。
正しいと正しいはぶつかるけど
優しいと優しいはぶつからない
いい言葉!
いい映画だけど途中から飽きてきた。

メランコリック(2018年製作の映画)

3.5

序盤のセリフが棒読みっぽいし役者も見たことがない…B級映画か?と思いきや、面白い…!
主人公の陰気さがリアルで
恋人とのデートは
見てるこっちが恥ずかしくなる…
松本の役者がよかった〜
普段の大らかな
>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.0

2人の演技から思ったのは、昔すごく親しかった人との距離感ってこうだよなって思った。相手からの好感を気にするわけでなくぶっきらぼうなんだけど愛情はあって。だから冷たい言い草でも突き放している感じはなくて>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

テルちゃんとまもちゃん、周りの人が一方通行の恋。みんななんだかんだ同じ。
クズっぽい役が成田凌に合う。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.0

想像していた内容と違ってびっくり。結構はちゃめちゃだけど最後まで楽しく見れた

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.5

アニメしか見たことないけど十分楽しめました。
最後まで目が離せず、涙あり、あっという間でした〜

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.0

リンコさん、一見生田斗真そのままじゃないかと思ったけど、仕草や言葉遣い、雰囲気から母性を感じた。
女装した生田斗真を興味本位で観たけど、内容が面白く最後まで真剣に観てしまった。
108個編んだ煩悩を3
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.0

純粋なTedって感じ。面白いけど少し退屈かも、、

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.5

パッケージ?が女性なので、主人公は女性かと思ったら違った。
嗅覚が優れている男性が優れた香りを求めて若い女性を殺人していく。
やや刺激が強い描写もあった。結末は予想がつかない不思議な感じ。
最後大衆が
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

捕まるのかなと思ったらハッピーエンドだった!ビートルズについてはあまり詳しくないので内容が入ってこないところもあった。。。でも飽きることなく観れたので好きな人は好きかも

百円の恋(2014年製作の映画)

3.5

安藤さくらの演技がすごい。
底辺のような生活からボクシングに打ち込む。

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(2013年製作の映画)

3.5

死んだ人の霊が見える主人公。
ミステリー、ホラー、アクションが含んでて最後まで楽しかった。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

トリチャーコリンズ症候群のオギー。
学校での生活に葛藤する様子は、わたしにも共感できる部分があった。
あとお姉ちゃんの立場も描かれてて良い。
泣けるしほっこりする

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリー。壮大な実験をした割にまとめ方がフーーンって感じだけど、最後までのんびり見れました

ペット2(2019年製作の映画)

3.5

笑いがあり楽しいです。見た目は可愛い白ウサギのギャップがハマります。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.0

皆さん高評価ですが、なぜかみてると眠くなる映画です。2回みて2回ともウトウトしてしまいました。。。

昼顔(2017年製作の映画)

3.5

こんなに燃えるような恋ができていいなぁと思うけど、結婚した後はだめよねえ。
先生の見た目と脱いだ時のギャップがよい。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.5

あっという間に見れた
お兄ちゃんとの兄弟関係が絶妙によい。
内容はそれほど濃いものではないけど楽しかった。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.0

エリート学校の生徒にロックを教えるシーンに笑った。音楽も良くて楽しく見れる。

これは勉強すっぽかしてやりすぎだけど、怒りや反抗心をプラスのエネルギーに変える教育って必要だなと思った。

>|