kyokoakayamaさんの映画レビュー・感想・評価

kyokoakayama

kyokoakayama

映画ライター。Filmarksさんでは主にインタビュー記事を担当。基本的に上映前か上映中のものしか更新してません。配給さんにしばかれるかもな正直な感想を、短文にて覚え書きです。

映画(217)
ドラマ(0)

追想(2018年製作の映画)

4.0

原作にはないそうな、映画らしいラストにかけてのシーンが大好きで、ぐっときた。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.2

ソダーバーグのシリーズが好きだったので、やや期待しすぎてしまったのかも。
けれど豪華絢爛、何も考えずにぼんやり観てても置いてかれずに楽しめる親切設計。
しかしハリウッドのお直し事情はすごいですね、、

寝ても覚めても(2017年製作の映画)

3.8

うまくない関西弁を聞きすぎて耳が慣れました。
いろいろ細かいことにケチをつけなければ、フランス映画のように楽しめる作品な気が、します。
トーフさんの音楽が出色。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.3

完全に前作より好き。
コメディと真面目パートのミックス、何より今回は真選組が格好よすぎて…三浦春馬さん、参戦、心からありがとう…!!

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

あの頃の私たちがいたから、私たち世代が観なんだらあかんよね、と。
オリジナルの韓国版がほんとに素敵、名作だからか、カット割りなども沿っていて、それはそれでリスペクトの意かと思いながらも、
もう少し違う
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

トムクルの偉業。毎回前作越えてくるってほんとに心の底からすごいと思います。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.5

ブロードウェイでも観劇、前作ももちろん鑑賞、もともとシリーズ大好きなので、だからか、まぁどのみち最高でした。
後半、シェール先生がアマンダちゃんより皺少ない問題に心持ってかれそうになりつつも、そこで終
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

3.7

近頃めっぽう身近に感じている将棋の世界のお話。優しい天才と、志半ばに夢を絶たれ散り散りになる棋士たちの姿にぐっとくる。
松田龍平さんは未知の顔を見せていて、感極まりながらも大興奮。
何かを成すことも成
>>続きを読む

ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project(2018年製作の映画)

-

前回に比べてエッジが効いている仕上がり。
ファンの方向けじゃない作りに感じて、全体がダーキッシュ。
タカヒロさんのやつが好きです。

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.8

孤独なおじさんの話が大好物のわたしにとって、これ以上ない映画だった。
ミッキーロークの次の人をずっと待ってた、と思ったけど、ホアキンさんはプラベではステキなおじさま…まだちょっと若い。
けど、この作品
>>続きを読む

>|