kyokoakayamaさんの映画レビュー・感想・評価

kyokoakayama

kyokoakayama

映画ライター。Filmarksさんでは主にインタビュー記事を担当。基本的に上映前か上映中のものしか更新してません。配給さんにしばかれるかもな正直な感想を、短文にて覚え書きです。

映画(357)
ドラマ(0)

風をつかまえた少年(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

女性だけのところに盗みに押し入る恐怖と絶望、涙出た。

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

大阪弁である必要があったかなぁ…
振りが弱いかなぁ…
期待値あげすぎたかなぁ…

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.8

蜷川さんの中では一番好きですし、小栗旬さんの佇まいは、恋に落ちる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.7

ジョー・ブラックによろしく、のピーナッツバター名シーンを今の年にして超えてきてくれたブラピ様まじでありがとう。息が止まるかと思った…。

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

4.3

ジェイクはいつだって最高。
あまりなんとも思ってなかったキャリーマリガンの揺れに心が動かされた。
どうしようもない大人たちのもと育った子供、走り続ける横顔がなんとも言えなかった。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

4DX最高。
キャプテンはすごいなぁ〜
好き。。

MANRIKI(2019年製作の映画)

4.3

ジャンルとか、具体の内容ではなく、初期の園子温監督、熊切監督の作品に出会ったときのような、ぶっぱなされた気持ちを思い起こさせられた。
ひさびさに映画で興奮した。
このプロジェクトが続きますように…

いちごの唄(2019年製作の映画)

3.8

たまたま映画館で観られたら、すごく拾い物をした、心に残る夏の1作になりそう。
そんな映画体験。

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

4.5

描かれるのは喪失と再生。
再生するまでのアニメーションならではの過程に胸を打たれ、自分の古傷が疼いたからかラストにかけて涙が止まらず。
不得手な生き方でも不器用でもそう進むしかなく、愛しい気持ちが溢れ
>>続きを読む

>|