Rebelさんの映画レビュー・感想・評価

Rebel

Rebel

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.8

ポップな色合いで見せる若気の至りでは済まされない復讐劇。

男性陣の終始下卑た言い方がより一層、ストーリーを盛り上げるエッセンスとなり、鮮やかに仕掛けた爆弾が炸裂する。

2022.12

ブータン 山の教室(2019年製作の映画)

4.0

この鑑賞直後の穏やかな気持ちは何だろう。

良い映画を観たあとの心地よい余韻がした。

登場人物がみんな、あまりに優しい人たちばかりで、ブータンの国民性に自分が小さな人間に思えてくる。

しかしいくら
>>続きを読む

ブラックバード 家族が家族であるうちに(2019年製作の映画)

3.8

生きる権利と死ぬ権利…、サム・ニール、ケイト・ウィンスレット、ミア・ワシコウスカ、スーザン・サランドンら名優たちの演技が私達にこれでもかとばかり問いかけてくる。


ほのぼのとした中で、時折起こるピリ
>>続きを読む

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告(2020年製作の映画)

3.7

デニーロおじいちゃんVS孫のなんともかわいい仁義なき領土戦争が終始ほほえましい。

最後の最後に笑うのはどっちか?

ロバート・デ・ニーロ、ユマ・サーマンやクリストファー・ウォーケンと、なんとも豪華な
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.4

だいぶ久々に観たが、まず1999年の映画ということが信じられない。

今でこそ、銃弾がゆっくり飛んでくる演出はよく見受けられるが、それも含め、本作の時代の先を行過ぎたモーションの一つ一つが美しい。
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

4.6

たまたまレンタルビデオ店のオススメ棚に置いてあったから借りて観たが、私はとんでもないアニメ映画を引き当ててしまった。

1本の映画を作るために奔走する若きクリエイターたちの躍動感ある作業風景は映画制作
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

5.0

完璧。久々の満点。200点満点

サム・ライミ三部作さらにはアメイジングニ部作、そして今回のホームシリーズ…

思えば、私はスパイダーマンと共に、子供から大人になった気がする。

「面白かった」とか「
>>続きを読む

ザ・ハーダー・ゼイ・フォール 報復の荒野(2021年製作の映画)

3.8

ブラック・ウエスタンで描く復讐劇。

悪党チームと主人公率いる正規軍という分かりやすい構図と音楽やスタイリッシュな映像で描くドンパチは観ているだけで、楽しい。

終盤の黒人VS白人ではなく黒人VS黒人
>>続きを読む

サムジンカンパニー1995(2020年製作の映画)

4.0

これは面白かった。もうすぐ私も正月休みが終わり、まさに仕事初めでユウウツに苛まれていたが、無性に仕事がしたくなってきた。


痛快・爽快のW快、男社会に強烈なパンチをお見舞いするキューティOL3人が9
>>続きを読む

ローズメイカー 奇跡のバラ(2020年製作の映画)

3.7

安定感ある展開ではあるが、作品全体から漂うバラの香りに、うっとりしてしまう。

落ちこぼれのでこぼこチームが挑むバラ作りは、ミニシアター系ならではの持っていき方だが、なんだか素敵。

特に前科者のフレ
>>続きを読む

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~(2020年製作の映画)

4.3

素晴らしかった。

当時小学生だった私ですら記憶にある長野五輪の日の丸飛行隊大ジャンプの裏で、 戦った25人によるもう1つの日の丸飛行隊の活躍に勇気をもらえた。

雪上でつなぐ金メダルへのバトン、そし
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.9

2022年新春1本目にふさわしい迫力とコングVSゴジラのシングルマッチ(途中、怪獣Xが乱入してくるがネタバレになるので伏せておく)を楽しめた。

年末年始はなぜかスターウォーズと怪獣特撮映画を無性に観
>>続きを読む

エンツォ レーサーになりたかった犬とある家族の物語(2019年製作の映画)

4.8

大変素晴らしい。犬×クルマって、こんなに相性がマッチするとは…。

一匹の犬と愛する妻、娘を守るために戦う一人のレーサーが歩む犬生と人生の交差がここまで涙を産み出すなんて。

ラストシーンのあまりに美
>>続きを読む

消えない罪(2021年製作の映画)

4.2

ただただ暗澹なだけでなく構成もしっかりしていて面白く、やはり齢重ねたサンドラ・ブロックだからこそ表現できる悲哀が美しい。


出所したその日から始まる刑務所で過ごした日々よりも冷たい孤独と募る妹への思
>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

4.0

人種差別、移民問題による学歴の壁など、ワシントン・ハイツに住む人々の群像劇に彩られながら、それぞれが抱える問題を見事に描いていく。

ブロードウェイのミュージカルを映画で楽しめるお得感とラテンアメリカ
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.9

やはりチャンバラを撮らせたら、近年の監督で右に出る者はいない大友監督の采配の勝利か。

正直、巴役の有村架純の演技に酔ってしまった。主役を喰ってしまうといっても言い過ぎではないかもしれない。

繊細か
>>続きを読む

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)

3.4

なるほど…そういうオチか…。
正直、1回観ただけではわからないかもしれない。

恥ずかしながら、私は同志の解説を読んで、納得した。

キルスティン・ダンスト母とその息子(名前が奇しくもピーター)、ベネ
>>続きを読む

シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち(2019年製作の映画)

3.8

実在するゲイの水球チームシャイニーシュリンプスのスポ根あり、バスによる珍道中ありの陽気な物語。

ボールが紡ぐチームの絆はお約束ながら、好ポイント。思わぬ衝撃と感動の一球があるので、ぜひ受け止めてほし
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

4.3

巨大隕石衝突による地球滅亡までのカウントダウン…。

手垢がつくほど使われてきたネタなどというなかれ、私は、現実に起こったとしても、間違いなくアメリカ政府はこのようなことを言い出すだろうなと思う。
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.8

年の瀬の夜長につい観てしまった。

これは本当に近年のスター・ウォーズ作品のなかでも名作。正直、続三部作を上回る傑作であることは間違いない。

ライトセーバーをヴンヴン振り回し、フォースをバンバン使う
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

4.2

正直、153分という時間を忘れるくらい観入ってしまった

14世紀の中世フランスで、実際に起こった決闘裁判を当事者3人の視点から炙り出していく。

凌辱された妻とその夫、さらにその被告人 …
唯一、真
>>続きを読む

スペース・プレイヤーズ(2021年製作の映画)

3.7

カートゥンネットワーク世代としては懐かしい画のタッチと、ルーニー・テューンズのかわいいキャラたちがところ狭しと動き回るだけでワクワクできた。

DCのお膝元のワーナーブラザーズで、マーベルのウォーマシ
>>続きを読む

ミックステープ 伝えられずにいたこと(2021年製作の映画)

3.7

1999年、ある少女の音楽をめぐる青春冒険記。

軽快なサウンドによる大海原を進むなかで出会った2人の友人たちと、両親が遺したミックステープに込められた贈り物のリボンが優しく紐解かれる。

2000年
>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

4.5

噂には聞いていたが、素晴らしい作品だった。

主演の柳楽優弥を含め、出演者全員の演技に見事に酔いしれてしまった。

つい最近まで学習塾の敏腕教室長だった柳楽くんが、たけしにしか見えなくなるくらい、仕草
>>続きを読む

ミラベルと魔法だらけの家(2021年製作の映画)

3.5

やはり安定のディズニー、南米を舞台に歌とダンスと魔法の彩りが炸裂する。だが、ちょっといつもより浅かった気もする。

魔法が唯一、使えない等身大のヒロインはなかなか好感をもてた。

2021.153

アラジン(1992年製作の映画)

4.0

久々に観たが、やっぱり面白い。
実写版にはない良さがアニメ版にはある。

ストーリーもさることながら、アラジンやジャスミン王女の成長を描いているのも良いし、山ちゃんのジーニーは永遠だ。

「どんな魔法
>>続きを読む

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

3.9

ついにきた、ヴェノムVSカーネイジの死闘を観られる時が。(そしておそらく本作が私の2021年のスクリーン納めになるだろう)

割と短時間ながら、しっかりとダークヒーローの死闘を描きつつ、クレタス(カー
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.1

るろ剣シリーズを観るたびに2010年大河『龍馬伝』を思い出す。

この泥臭く、血生臭い戦いはやはり原作の雰囲気にふさわしく哀しき凶敵雪代縁との戦いを盛り上げる。

特筆すべきは細部にわたる服装から街並
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

3.4

なんか面白いような、面白くないような…

会話劇多用はタランティーノを意識してなのか、少しくどいのと、かえってストーリーを追いにくくなるので、マイナス…。

2021.149

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.7

2年前の2019年2月9日に鑑賞して以来の続編だ。(レビューも記していたみたい)

静かなる戦いから誘われる恐怖は、相変わらず、ねちっこく、エミリー母の我が子を守るための死闘を盛り上げる。

今回は、
>>続きを読む

RUN/ラン(2020年製作の映画)

4.0

『search』の監督がまたやってくれた。

単に毒親と娘の歪んだ物語かと思いきや背筋も凍る戦慄の展開に久々に恐怖を楽しめた。

観ていくうちに引き込まれる不協和音と娘の頭脳プレイがあまりにお見事で、
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2021年製作の映画)

3.6

2年前の2019年12月14日に、デンマーク版は鑑賞しており、レビューにも記録していた。

大体、オリジナルを踏襲している感じだったが、やはりアメリカ版の方が通報の内容が生々しくリアルだった。

途中
>>続きを読む

tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!(2021年製作の映画)

4.3

30歳…、夢を諦めるか、成功を信じて前に進むか、まさに人生の分岐点に足掻き戦う主人公に見る繊細かつ力強い物語に喝采を送りたい。

来年で『アメイジングスパイダーマン』公開から10年を経て、アンドリュー
>>続きを読む

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

4.0

ずっと観たかった作品。ポレポレ東中野で回してたのは知っていたが、自宅で鑑賞できてNetflixさんに感謝だ。

一介の政治家に、密着して見えてくる選挙のリアル、政治のリアル、議員家族のリアルが本当に勉
>>続きを読む

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

3.9

めちゃくちゃ面白かったし、見事に1本取られてしまった。

ドウェイン・ジョンソン、ライアン・レイノルズ、ガル・ガドットの豪華なお宝争奪戦は軽妙なステップだった。

思わぬゲストの登場や、世界をまたにか
>>続きを読む

ジャングル・クルーズ(2020年製作の映画)

3.8

安定感ある面白さはやはりさすがディズニーといったところ。

奇しくも『エターナルズ』にも登場した唾液に関するギャグシーンを本作でも観ることになるとは…

スペインのコンキスタドール(征服者)にまつわる
>>続きを読む

>|