あきさんの映画レビュー・感想・評価

あき

あき

映画(678)
ドラマ(11)
  • List view
  • Grid view

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.9

一瞬部屋中に挽きたてコーヒーの香りがしました。
その後は感動しました。
多分韓国でリメイクされるゾ

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.7

二本の作品を見ていたようで、イヤ三本かな?
やっぱ説明できないか
コリャ映画製作冥利につきるよね
面白かったし、楽しかった
誰もがこういう映画作りたかったんだって言うと思います。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

3.1

とても良かったんだけど
地方の海の近くの高校で、上手く人と交流が出来ない子、少しずつ殻を破って行くのに
最後の部分が消化不良

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

3.6

1人の人間の人生、いつでも一生懸命。
だからいつも周りに一生懸命。
だから最高の一生。
約束は守る一生かけても。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.2

最近、安さ目当てに旧作ばかり借りて、名作から遠ざかっていたようです。
久しぶりの新作から感動した作品でした。アメリカらしい作品、民主主義の根本を見せ付ける作品でしかもキャストの方も最高でした。メリルの
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

2作目で眼が慣れてきた。
やっとヒーローになってきた。
新しいカタのヒーローと仲間たち(?)
相変わらずのグロさと変なエロさ
でも最愛の恋人を想い、死ねるなら死なせてくれ と
新しい最後も見せてくれた
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.6

面白かったです
でも、なんか言うとネタばれしちゃうから言わない
続編楽しみ

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.3

3作の中で1番良かった
決して今の人生に満足出来ていない彼女たち。でも、歌を歌っていると違う❣️
仲間たちとの繋がりの中で自分たちの人生を見なおして行くストーリー
ブースの中で曲を作り上げていくシーン
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.3

誰でもが感じる未来に行きたい、過去に戻(見て)りたい
幼い頃に感じた嫉妬、小さな男の子が少しずつお兄さんになって行く過程、どんな過去の一瞬も現在の為にある大切な一瞬。
だから大切にしなさいと 未来の
>>続きを読む

私の少女(2014年製作の映画)

3.5

ペドゥナのファンでずっと観たかった作品でした。そしたらキムセロンも可愛い。
最近韓流を続けて観ていますが、なんでこんなに暴力が多いのかなぁ❓
(ちなみにこの作品の前は『息も出来ない』という作品でした)
>>続きを読む

天国への郵便配達人(2009年製作の映画)

3.1

なんか惹きつけられるものがなかったなぁ
伏線は回収されたのかなぁ
元医者のおじさんはヤケに力を入れていたのに、最後別に1人で納得して終わっちゃって・・
ハン・ヒョジュ 可愛いですね😍
服がまた素敵で
>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

3.4

最初のカメラワーク悪過ぎ
JKとチンピラ、なんか通じてる
親子のつながり
親を憎いと思うことほど辛いことはない
兄妹のつながり
クソ野郎
切なくて息も出来ない
この連鎖はどこまで続くのだろう

ノートに眠った願いごと(2006年製作の映画)

3.4

途中がとても長く感じた
最後に一瞬一瞬を大切に生きなきゃいけないと思いました。

わすれた恋のはじめかた(2009年製作の映画)

3.7

妻を亡くし、立ち直るために書いた本がバカ売れ。自分が書いた本とは違う
立ち直れていないのは自分だった。
ジェニファーアニンストンが可愛い❤️
最後ホッとして終わるいい映画でした。

傷だらけの男たち(2006年製作の映画)

3.3

恋人の死の真相、元上司の義父殺人事件を暴いていく。
復讐に燃えた男の完全犯罪、でも悲しい結末。

きみに微笑む雨(2009年製作の映画)

3.0

留学時代の友人が10年振りに偶然に出会い、昔ばなしをするがメイは何かを隠している。1年前の震災に何か隠れているみたいだが・・
良い雨は降る時を知る という杜甫の詩
人の運命は あの時言えなかった愛
>>続きを読む

ファイアーウォール(2001年製作の映画)

2.5

なんだかなぁ
無駄にダラダラし過ぎ
ヒロインが綺麗なので見続けられた。

小川の辺(2011年製作の映画)

3.3

菊池凛子さん終盤に出て来てみんな持って行ってしまった。自分的には尾野真千子の方が好きだなぁ
やっぱり人の世を繋いでいくのは女性たちなんだなぁと思う

愚行録(2017年製作の映画)

3.1

観てる途中で話しが分からなくなりそうでした。
人間の悪いところ、愚かな行い
満島ひかりだけが綺麗な存在でした。

寄生獣 完結編(2015年製作の映画)

3.4

単に右手に寄生する生物のグロくて特撮の物語と思っていたけど、観ているうちに特撮もグロさも慣れて来て、ついつい深津さんに感情移入してしまいました。
面白かったです。

寄生獣(2014年製作の映画)

3.4

大分時が経ってから初めて観た。完結篇と一緒に
完結篇までで一つの作品ですネ

少女(2016年製作の映画)

3.4

3人の少女
中2病?思春期?
前情報無しで鑑賞した。
確かにこれだけの伏線が重なると、想像の中の世界と思ってしまうが、それでも引き込まれてしまうのは作者の凄さを感じました。
よく考えたら作品は作者の創
>>続きを読む

潔く柔く(2013年製作の映画)

2.8

う〜ん
高校生の時に好きだった幼馴染を亡くした長澤まさみと、小学生の時に一緒に事故に遭い自分は助かるが、同級生の女の子は亡くなってしまった経験を持つ岡田将生。
2人とも傷つき過去から進めないでいる。

渇き。(2013年製作の映画)

2.9

なかなか感情移入役どころが無かった。誰の気持ちでいればいいのか分からない。第三者の気持ちになってしまった。
小松菜奈が体当たりしてきた。

人生の約束(2016年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

重い題名だが、中身はそんなに重くなくて、四十物町の読み仮名だけ気になっていた。
親友の中学生の娘は繋がりが良く分からなかった。必要なのかな?
最後の逮捕も軽いし・・

変身(2005年製作の映画)

3.0

脳移植により変わっていくオトコ
気持ちが変わっていく
ただ急に変わり過ぎのような・・
優ちゃんはいいネ
普通の女の子を演じさせたらピカ1

>|