Kanaさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

Kana

Kana

☆☆☆☆☆ なくてはならない作品。
☆☆☆☆ 人に勧めたい!
☆☆☆ なかなか良かった。
☆☆ よい暇つぶし。
☆ 見なきゃよかった。

映画(682)
ドラマ(0)

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.0

アメコミ18禁ヒーローの第二弾。
1に劣らないスピード感と適当加減。
そしてまたも主人公をとんでもない悲劇が襲う。
この設定でコメディにしちゃうってすごいなと思うくらい。
何の為にもならない気もするけ
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.0

天才文学少女が花開いていくストーリー。
最初から天才なので努力とかは描かれないけれど、
小説家の舞台裏みたいなところをそこそこリアリティを持って描いていておもしろい。
平手友梨奈ほんとにはまり役。
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.0

突然の訪問者を次々に受け入れる夫と、嫌な予感を拭いされないままに夫の全てを受け入れる妻に訪れる末路。
メロドラマ的な紹介をしましたが、実際には聖書的メタファーです。
描写はかなりホラーです。
中身はサ
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.0

心を抉り取るような深い深い闇の底に滴る愛を伝えるために、したためられた壮大なラブレター。
愛した人を失った時、その喪失感は、何物にも埋めることはできず。
そこにあるのは哀しみや苦しみや憎しみや恨めしさ
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.0

昔はよかった…誰もが聞いたことのある使い古されたこの台詞を、浪漫溢れるパリの街を舞台にコミカルに現実化したストーリー。
物語はとてもシンプルで、複雑なトリックが仕組まれているわけでも、深いメッセージ性
>>続きを読む

ココ・アヴァン・シャネル(2009年製作の映画)

2.0

ココシャネルの人生の前半を描いた物語。
ココシャネルのことを知りたくて見ましたが、映画を見てもどうしてシャネルがシャネルとなり得たのかはわからない。
ファッションのことはほとんど出てこない。
わがまま
>>続きを読む

宇宙兄弟(2012年製作の映画)

2.0

タイトルまんま、宇宙を夢見る兄弟の物語。
そして、どこかに忘れたり置いてきたりした夢見る心を思い出させてくれる物語。
原作大好きなので、その世界を壊さずに綺麗にまとめてくれたなーってところ。
兄弟2人
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

2.0

途切れた絆を捨てられないでいる人たちの物語。
人が人と関わり、それが自分の一部みたいに思えると、絆が生まれる。
掌の中には太かったり細かったりたくさんの糸があって、大抵は風船の糸のように緩やかにつなが
>>続きを読む

サカサマのパテマ(2013年製作の映画)

1.0

重力の逆転した2つの世界が交差する、少年少女のSFアニメーション。
設定がおもしろい。
でもどこかで見たことあるんですよね、わからないけど。
ショートアニメーションで見たような、パラパラ漫画だったかな
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

命が終わり、長い長い長い冬を越えて、また命が終わり、長い冬に終わりを告げる。
止まっていた時間が動き出す。

正直、なんといえばよいのか…。
最初は、ダメ人間が家族の大切さや真実の愛を知り、諦めかけた
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.0

19世紀アメリカで実際に起こった人種差別の闇を描いた物語。
非常に暗く重く、胸が痛くなる映画なのですが、涙を流すことはありませんでした。
それはこの作品が意図的に、あまり感情移入をされない作りになって
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

白人の彼女の家に招かれた黒人男性に降りかかる闇…アメリカ版世にも奇妙な物語。
昔のシャマラン監督の映画が好きな人は気にいるはず。
伏線はわかりやすいし、結構早めに先は読めますが、わかっていてもどきどき
>>続きを読む

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.0

4歳で小児癌を告知された長女と、
彼女を救うために生み出された次女、
そしてその家族が、
命と向き合い、もがき、苦しみ、
どんな答えを見出したのか…。

病気ものの映画はお涙頂戴の悲しい展開と決まって
>>続きを読む

一枚のめぐり逢い(2012年製作の映画)

2.0

1枚の写真が巡り合わせる運命の物語。
ザックエフロンがとにかくかっこいい映画です。
マッチョでピアノ弾けてメンタル強くて優しくて真面目でユーモアもあって…抜群にイケメン!!
ロマンチックですねー。
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

これはゾンビ映画、ではありません。

何を言ってもネタバレになるから感想書くのも難しい笑
1点だけ、鑑賞前の注意点として、
開始15分くらいから、めちゃめちゃ酔います。
普段乗り物酔い一切しない方です
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.0

罪を暴く絶対的な正義であるべき検察官、その人としての姿を描いたミステリー作品。
見終わって、まずすごく疲れました。
重ーく、暗ーく、目の話せない息を飲む展開の連続で、常に緊迫感がありました。
演技で言
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.0

かつてないやり放題ギャグ漫画の実写化続編!
前回よりギャグの切れ味が増しておもしろくなってた!
前作は宣伝もあってトレーラーでいいとこだし過ぎた感もあった分、今回原作にもないネタちょこちょこぶっこんで
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.0

突如現れた未知の巨大生物が東京を蹂躙する。
人智を超えた天災に国家の存続をかけて戦う男たちの物語。
みんな早口でテンポよく、息つく間もなく変わるシーン展開に目が回りそう。
専門知識を多用してるけど、そ
>>続きを読む

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

2.0

美しい金魚と物書きのドロドロに儚い浪漫譚。
二階堂ふみの阿呆で妖艶な演技が美しい。
大杉漣の優しさを履き違えた身勝手さが憎らしい。
絵的にはすごく綺麗ですが、2時間は長いかなぁ。
1時間くらいにまとめ
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

2.0

社会現象となったドラマシリーズの続編、W不倫の末路。
わざわざ続編を作って何を描きたかったのか?っていうのが気になって見てみたけど、
そんなに得るものはないかな。
不倫どうこう以前に登場人物たちが誰も
>>続きを読む

砂時計(2008年製作の映画)

1.0

心に傷を抱えてしまった1人の女性の恋と人生を描く物語。
高校時代に流行った3大メンヘラ恋愛漫画の1つ。
ちなみに残りは僕等がいた。とNANAです。
原作漫画が大好きなので期待はしてませんでしたが、まぁ
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

2.0

バブル前後、本当にあった警察の闇を描いた実話。
胸くそ悪い映画でした…。。。
気になってたけど映画館には見に行かなくてよかったです。
気分悪くなりそう。
生田斗真の土竜の唄も見たけど、こっちはなんせ実
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.0

愛することを忘れた頃に、妻を失った男が、彼女の死とどう向き合うかを描く、ドキュメンタリー風ドラマ。
最初は酷い男だなと思い、あんな奴でもこんな平和に生きられるんだと驚き、やっぱり本性は変わらないんだと
>>続きを読む

カノジョは嘘を愛しすぎてる(2013年製作の映画)

2.0

天真爛漫な女子高生と、アンニュイ根暗な天才青年が恋をする話。
三浦翔平歌うまいなー。
佐藤健は相変わらずイケメン。
大原櫻子のナチュラルな声質素敵。
美人じゃないけど角度によってすごく可愛い、みたいな
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

2.0

ドSな王子様が真実の愛と出会うラブストーリー。
1番思ったのがヒロインかなりわがままだし自己中だなーと。
好きな人に好かれ愛され全てを捧げられてもまだ足りない、怖い、距離を置きたいと逃げちゃう。
追い
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.0

頑固なまでにまっすぐな少女と、夢を忘れた中年オヤジが出会い、かけがえのない想いを胸に青い季節を全力で駆け抜けるヒューマンドラマ。
夏の青空みたいに晴れやかで風を感じる作品だった。
小松菜奈の純粋さと、
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

生きるために、誰もが働いてお金を稼ぎ食料を調達して栄養を取り込み環境を整え清潔な酸素を吸って吐いて呼吸して睡眠を確保するかのように…
頂点に君臨する、ただそのためだけに、戦いに戦いを重ねまた戦い抜く熱
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.0

罪を犯した人間が、罪と向き合い、どう生きていくかという話。
………重い…っっ…。。。
はじめに行っておくと疲れてる時に見るのはお勧めしません。
出来れば二本立てて、この後明るい映画を見て精神を整えるべ
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

2.0

温泉街で起きた不可解な事件を発端に、1人の科学者が物理学の迷宮に迷い込むミステリーファンタジー。
正直行って…櫻井翔と広瀬すずの映画、としてしか記憶に残らない。
ガリレオみたいに謎解きでもないし、科学
>>続きを読む

海を感じる時(2014年製作の映画)

1.0

クズな恋愛のAV。
意味がわかんなかったです。
だってエロくないのにラブシーンばかり。
クズ男に優等生が堕落させられる話かと思いきや、ちょいクズ男が隠れクズ女に気軽に手を出したら逃げられなくなったホラ
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.0

人生を変えてしまうほどの大恋愛のはじまりと終わりを描いたラブストーリー。
ロマンチックな予告と色彩から甘いラブコメの想像をしていたら裏切られました。
痛い、辛い、苦しい。
恋をした時の自分ではコントロ
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.0

宇宙映画につきもののトラブルシーンを集めて煮込んで総集編にした映画。
この映画、私が何を1番すごいと思ったかというと、″gravity″、そのタイトルを選んだことがもう秀逸に尽きるなと。
宇宙と言えば
>>続きを読む