masatoさんの映画レビュー・感想・評価

masato

masato

昔はたくさん観てたので、思い出しながらやっていきます。m(_ _)m
アカデミー賞を獲った映画より、ノミネートされた方の作品を好む傾向あり。
☆3.5以上はオススメ☆4.0以上は特にオススメ
☆3.0以上は楽しく観れたもの。
ただ、B級映画は☆3が満点。

映画(499)
ドラマ(50)

007/死ぬのは奴らだ(1973年製作の映画)

3.0

007シリーズ8作目で、ジェームズボンド三代目となるロジャー・ムーアの1作目。

ボンドが変わったから何かしら変化があるかと思ったけど、
ショーンコネリーの時と同じくらいコメディ感強めでした。

これ
>>続きを読む

陰謀のセオリー(1997年製作の映画)

3.0

90年代の映画だなぁって感じがする作品。

メル・ギブソンがちょっと変人で昔の記憶が無いタクシードライバーを演じてて、
ある日突然、
記憶がフラッシュバックして
少し思い出しそうになったら何者かに命を
>>続きを読む

デイズ・オブ・サンダー(1990年製作の映画)

3.2

トムクルーズがカーレーサーを演じて、元嫁のニコールキッドマンがお相手役を演じた、
内容自体は師弟関係と恋愛のよくある青春モノです。

007/ダイヤモンドは永遠に(1971年製作の映画)

3.0

シリーズ7作目は、またジェームズボンドがショーンコネリーに戻るんですが、

作風もまたギャグ感が強めで、前作のボンドの方が自分は好きです。

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.2

名作。

イーストウッドの頑固じじい感が、ムカつくんだけど優しさもあって、
ラストはなるほど、そう来ますか〜って感じで良いです。

イーストウッド作品の中でも個人的には1、2を争うくらい良い作品。

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

2.5

アメリカ人との価値観の違いなのか、自分には合わなかったなぁ。
学校をサボることを正当化したい映画なのか?

サボる生徒がヒーロー的に扱われてるのがよくわからないし、校長が悪者感がさほど無いのに、あそこ
>>続きを読む

女王陛下の007(1969年製作の映画)

3.4

ジェームズボンドシリーズ6作目。

今回はジョージレーゼンビーが1作だけボンドを演じた作品で、ショーンコネリーとは全く違うテイスト。

ショーンコネリーよりギャグ感は少ないものの、意外に切ない異色の作
>>続きを読む

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.5

80年代の作品なのに、日本の描き方が割とまともで違和感少なくて見やすい。

松田優作さんのインパクトがすごい。
生きてたら渡辺謙さんみたいにもっとハリウッド映画出てたんだろうなぁって感じました。

トランスポーター イグニション(2015年製作の映画)

2.9

悪くは無いんだけど、主役がステイサムじゃないだけで、なんかB級感というか偽物感みたいなのを感じる。

全く別物として見れば良かったのかも。

007は二度死ぬ(1967年製作の映画)

3.1

シリーズ5作目は日本が舞台。

お城に住んでたり、
日常的に着物着てたり、
みんな武道できたり、
忍者がいたり、
典型的な間違った日本の描き方をしています。(笑)

ボンドが敵のアジトへ潜入する時に着
>>続きを読む

しゃべれども しゃべれども(2007年製作の映画)

2.2

「ちはやふる」に出てる子役時代の森永悠希くんの演技が凄く上手すぎて、
国分太一の演技はどうなんだろう?って思ってしまう。

もっと他に良いジャニーズいなかったのか?

トランスポーター3 アンリミテッド(2008年製作の映画)

3.2

トランスポーター第3弾だけちょっと違和感がすると思ったら監督違うんだな。

3作目にもなると前作とカブらないように車から離れすぎると爆発しちゃうものつけられるっていう設定が追加されて、
それなりには楽
>>続きを読む

007/サンダーボール作戦(1965年製作の映画)

3.2

ジェームズボンドシリーズ4作目。

今回は水中で戦うシーンがあって、
敵を黒、味方をオレンジのウェットスーツにして、さらにボンドだけはショートパンツ丈と区別しているものの、ゴチャゴチャしてて、顔があま
>>続きを読む

ヒア アフター(2010年製作の映画)

2.8

イーストウッドの作品の中では、あまり好きじゃない作品。

正直、あんまり面白くなかった。よくわからない。

トランスポーター2(2005年製作の映画)

3.5

トランスポーター第2弾は
前作にウイルス感染の要素がプラスになって、
アクションもパワーアップしてて面白かったけど、
1作目とほぼほぼ同じくらいの面白さ。

1作目の印象の方が強いかも。

007/ゴールドフィンガー(1964年製作の映画)

3.3

ジェームズボンドシリーズ3作目。

薬でバタバタ人が倒れて行くシーンや帽子で人をやっつけるのがギャグなのかしらと思ってしまった。(笑)

シリーズ制覇しようかと思ったけど、まだ3作目にして、ちょっと飽
>>続きを読む

小さいおうち(2013年製作の映画)

3.5

黒木華さんの女中役がハマってた。

山田洋次監督の作品って、なんか引き込まれる。
なかなか良い作品ではないでしょうか。

トランスポーター(2002年製作の映画)

3.7

完全に食わず嫌いしてたけど、結構面白かった。

スタイリッシュなアクションにところどころコミカルさもあって。

ジェイソンステイサムが役にハマってた。

007/ロシアより愛をこめて(1963年製作の映画)

3.7

ジェームズボンドシリーズ2作目。

1作目より断然面白い。オリエント急行殺人事件みたいで脚本が良く出来てる。

1作目とのこの差は一体なんなんだ?

今そこにある危機(1994年製作の映画)

3.1

昔見たはずなのに、全く覚えていなかった。それだけ印象が薄い。

THE普通。平均並みな暇つぶし映画。

パトリオット・ゲーム(1992年製作の映画)

3.0

元CIAがたまたまイギリス王室襲撃テロ事件の現場に遭遇し王室を救った事から、今度はテロリストから狙われるようになり、またCIAに復帰する事になるお話。

最初は面白くなりそうだと思ったけど、そうでも無
>>続きを読む

007/ドクター・ノオ(1962年製作の映画)

3.0

ジェームズボンドのシリーズ1作目って、こんな感じだったんだなぁと。

今見るとショボさと粗さを感じる。

でも、きっと60年代にしては新しかったんでしょうね。
ショーンコネリーがフッサフッサだった。

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.4

デヴィッドフィンチャーは割と好きな監督さんだけど、この映画は実在する人を描いたからか、
他の作品に比べてあまりフィンチャー監督の良さを感じ無かったかな。

セリフが早口過ぎてついて行くのが大変でした。
>>続きを読む

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

3.9

再鑑賞。

やっぱり重い。

希望の光が見えかけたらドン底に落とされる。
暗い内容だけど、嫌いじゃない。

イーストウッドの映画だなぁって感じがします。

忍びの国(2017年製作の映画)

3.0

忍者が技を繰り出すシーンは面白かったけど、それ以外はあんまり。

石原さとみの役が、個人的にはちょっと情緒不安定過ぎて理解し難かった。
旦那を自ら戦いに行けって言っておいて、死んだと聞いてめちゃめちゃ
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008年製作の映画)

3.3

3から19年後に続編をやろうと思ったのは、ハリウッド映画がネタ切れになってきたからなんだろうか?

冒険のワクワク感は健在だけど、前作を超えるほどの良さは感じなかったかな。CGなんて無かった時代のリア
>>続きを読む

初恋のきた道(1999年製作の映画)

3.3

この作品のファンが結構多いのも知っているけど、自分にはあんまりでした。

90分くらいの短めの作品なんだけど、すごく長く感じて眠くなる。

お話自体は別に悪くないし、景色も綺麗だけど、チャンツィイーが
>>続きを読む

グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-(1988年製作の映画)

3.2

この作品のファンが多いのも承知していますが、自分にはあんまり合わなかった。

オリジナルバージョンは見たこと無いので何とも言えないが、完全版はすごく長い。

景色や映像はキレイで、ストーリーも悪くは無
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989年製作の映画)

3.8

さすがにネタ切れかと思いきや、マンネリ化しないように子供時代と父親を登場させるあたりさすがです。
ショーンコネリーとハリソンフォードが捕まって回転壁でクルクルするシーンが好きだ。
ちょっとジャッキーチ
>>続きを読む

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

3.8

ジェイソン・ボーンシリーズ第3弾。

シリーズ続いても面白いのってなかなか難しいですが、このシリーズ頑張ってます。

アリスのままで(2014年製作の映画)

3.8

ジュリアン・ムーアの主演女優賞獲得も納得。
若年性アルツハイマーを患い少しずつ忘れていく運命を見事に演じています。

自分の身にも起こり得るかもしれないテーマなので、患者本人もそうですが、家族の気持ち
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984年製作の映画)

3.7

インディジョーズシリーズ2作目。

吊り橋切っちゃうのと、トロッコのシーンのワクワク感が印象的。

最近こんなトレジャーハント的な映画少なくなったねぇ〜。お金かかる過ぎるからかしら。

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

3.6

ボーン・アイデンティティの続編。

やっぱり1作目の方がインパクトが強いかな。でも、こちらも面白い。

パートナーが最初の方に殺されちゃうのが衝撃的だった。

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.9

久々見たけど面白い。日本ではあまり無いそれほど若くないヒーローってのがまた良い。
前見た時は感じなかったけど、何故かZOZOの前澤社長がアタマをよぎった。全然違うんだけどね。(笑)

ロバート・ダウニ
>>続きを読む

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981年製作の映画)

3.6

映画の世界観がそのままディズニーシーのアトラクションになっている。

初っ端の、巨石がゴロゴロのシーンがやっぱり印象的。

裏切り者には天罰が下されるのも見ててスッキリする。

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.8

久々見たけど、やっぱりこのシリーズ面白い。

記憶を失っても本能でカラダが覚えてて、だんだん解明されていく展開がいい。

>|