akiraさんの映画レビュー・感想・評価

akira

akira

映画(321)
ドラマ(0)

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ロボも野原ひろしも好きなので映画館で鑑賞。
ロボとーちゃんのガジェットとか流れ弾で五木ひろし顏とかディストリクトQとか好きなとこ挙げ出すとキリがないけど、特に野原家の面々の心情描写、中でもみさえの表情
>>続きを読む

セックス・クラブ(2008年製作の映画)

3.3

チャック・パラニュークの『CHOKE』をアベンジャーズのコールソン捜査官が映画化。
サム・ロックウェルのヘロヘロ演技がいい。原作を整理して丁寧に映像化した印象。

ハロー!?ゴースト(2010年製作の映画)

5.0

近頃涙腺のパッキンが経年劣化で緩んでしょうがないんですが、これはもう特にやられました。
ロン・アンダーウッドの『愛が微笑む時』みたいな話だな、でもなんかベタベタなコメディだし、あっちの方が一人一人のエ
>>続きを読む

モンスター上司(2011年製作の映画)

3.7

台詞が一々おもしろい!
脇が豪華すぎてやや主人公たちそっちのけの映画になってました。コリン・ファレルのとこもうちょっと見たかったなー

エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE(2010年製作の映画)

5.0

1作目に比べて社会派面をグッと押し出した続編。かといって銃撃戦描写に手を抜いてるわけでなく、むしろ怒りを溜めるパートが長い分非常に効果的に使われてて印象に残る。
前作から続いて登場するキャラクターもフ
>>続きを読む

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金(2013年製作の映画)

4.5

ファーゴっぽいなーとか思ってたらコーエン兄弟オマージュなんですね、納得納得。
筋肉バカ映画と揶揄される作品は数あれど、ここまで筋肉とバカ揃いの映画も珍しい!しかも実話!ブラックやなー。
題材に対するア
>>続きを読む

悪の法則(2013年製作の映画)

4.4

善悪の話でもなくディザスター的というか、セガール的というか。根本からして違う理屈で動いてるものに対して被捕食者は何であれ対処的な行動しかとれないし、それが功を奏する保証なんて一切ないというか。タイトル>>続きを読む

生き残るための3つの取引(2010年製作の映画)

3.8

警察司法の汚職や不正の話で悪い人ばっか出てくるしまぁ暗くてめんどくさいんだけど、特徴ある良い顔した俳優揃いなのと大仰な、というかキャッチーで華のある演出のおかげでわかりやすくとっつきやすい映画になって>>続きを読む

エリート・スクワッド(2007年製作の映画)

4.6

仁義なきブラジル。前半で描かれる腐敗っぷりも相当なもんですが、心底嫌な気分になる訓練キャンプからの後半の迫力と恐ろしさったらなかった。最高です。
ビンタとビニール袋が怖すぎる。

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.3

これもまた物凄いエネルギーを内包した映画。
誰が狂ってるって、まず撮ってる人達が今となっては正気の沙汰とは思えない。何よりそれが作品になって今日観られるということに感謝!
長谷川和彦監督に新井秀樹のザ
>>続きを読む

ある戦慄(1967年製作の映画)

4.3

各登場人物の背景をしっかり見せた上で、そのプライドや沽券が理不尽に剥ぎ取られ丸裸にされる様をじっくり映すのみというなんともシンプルかつ意地悪な映画。トニー・ムサンテとマーティン・シーンのチンピラロジッ>>続きを読む

笑いながら泣きやがれ(2009年製作の映画)

3.9

地味で暗い映画だけどサスペンス演出が効いてて引き込まれた。
自分を守る為に笑いを身につけてきたって台詞が印象的。

ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!(1999年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

取り返しのつかないことは重々わかってたはずなのに、それでも道を誤ってしまうどうしようもなさ。ぶら下がったナニのどアップが滑稽さと情けなさを際立たせるなぁ。
それでも皆なんだかんだでどっこい生きてくんだ
>>続きを読む

ステップ・イントゥ・リキッド(2003年製作の映画)

4.5

言葉を尽くすより画的な説得力一発でサーフィンの魅力を伝えてくれる快作。老若男女色んな良い顔した人たちが出てくるのもいい。

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

4.0

緊張しっぱなしで肩凝った。
トム・ハンクスの演技ももちろんだけど、海賊の面々が凄い。佇まいからしてもうそういう人たちにしか見えなかった。
情緒的な演出を抑えた生々しい感じも良かったと思う。

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.2

映像はド派手で綺麗だしキャストは豪華だし、思ってたより楽しめました。
中盤のマジック格闘シーンはジャッキー映画的なギミック感が特に良かった!
ただやっぱ根本的にマジックってライブ感込みで楽しむものだと
>>続きを読む

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

5.0

作品の熱気にあてられて終始感情揺さぶられっぱなしで、拳握って笑って泣いて観てました!もうほんとに大好きな映画です!
こんなに最高のハッピーエンドはない!

レッド・ドーン(2012年製作の映画)

3.0

銃撃やゲリラ戦の描写はド派手になってて見応えがあった。クリス・ヘムズワースの頼れる兄貴感も良い。
リメイク元の『若き勇者たち』に比べて劣るのは、敵味方含めキャラクターの人物描写にはっきり愛が足りない点
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

2.5

パーティーシーン筆頭に前半のゴージャスかつポップで正直軽薄なバズ・ラーマン節は間違ってないと思うし良かったんだけど、案の定後半にもその感じ引きずっちゃってて残念。。キャスティングはいいのになぁ。
いっ
>>続きを読む

イノセント・ガーデン(2013年製作の映画)

4.2

幻想的かつグロテスクで淫靡な世界観はまさにゴシックで大好物。
話は単調というよりは様式に則って仕上げた感じで、倒錯的な映像や設定が際立ってたのでむしろよかった。
シャワーシーンよりエロいピアノ連弾シー
>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

話がさすがにつまらなさすぎやしないか。。
てっきり治癒能力に頼って戦ってたウルヴァリンが、能力奪われて禅寺に篭ったり謎の老人から剣術指南受けて、上半身裸に鉢巻巻いて袴履いて敵に立ち向かうのかと思って期
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.5

戦闘シーンのカメラワーク込みのスピード感はヒーロー映画でも群を抜いてた。建造物を破壊しまくる様も、スーパーマンとしてどうかという誹りは免れないとは思うけど、映像の迫力としてはとんでもなく凄かった。
>>続きを読む

さよなら渓谷(2013年製作の映画)

2.8

真木よう子の虚ろな感じの美しさはいいんだけど、人間観がどうにも鼻について受け入れ難いのと、台詞少なめなのにちょっと諄く感じてしまいあまり好きになれませんでした。

2ガンズ(2013年製作の映画)

4.2

ニヤけ顔のデンゼルワシントンと抜けの良いチンピラ・マークウォールバーグのバディが最高にハマってて楽しかった!

SHORT PEACE ショート・ピース(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

GAMBOが一番好きかなぁ、ひたすら首絞めてくる鬼とシロクマの怪獣バトルがよかった!ちょっとグロいから苦手な人にはアレかもしれない。
九十九は仕掛箱がパタパタするとこ、火要鎮は火消しが家壊すとこ、武器
>>続きを読む

ファントム 開戦前夜(2012年製作の映画)

3.4

エド・ハリス、ウィリアム・フィクナー、ランス・ヘンリクセンetc、渋い面構えの役者が勢揃いなので、その筋の方には垂涎の映画。
潜水艦映画のお約束も踏まえながらサスペンスとして99分とタイトにまとめてる
>>続きを読む

指輪をはめたい(2011年製作の映画)

4.0

他の役者なら爆発しろとか腐ってもげろとか言いたいとこだけど、そこはもうしょうがないよ。山田孝之だから。
出演女優それぞれが魅力的に映ってるので、ファンは見るべき。中でも二階堂ふみのフォトジェニック?感
>>続きを読む

長江哀歌(ちょうこうエレジー)(2006年製作の映画)

4.2

三峡ダムの底に沈みつつある街並を陰影の効いた美しい映像で記録したという点でまずは白眉。
哀愁、というよりはどっこい生きてる人々の逞しさ強かさが表情から伝わる。
ロケット発射は正直吹いた。全然嫌じゃない
>>続きを読む

エリックを探して(2009年製作の映画)

3.8

しょぼくれたおじさんの人生リターンマッチ!
エリック・カントナの異物感ある佇まいがコメディ要素としていい感じに効いてておもしろい。
溜めにタメてのカントナ作戦は最高だ!

スラップ・ショット(1977年製作の映画)

4.1

いい歳こいていつまでガキみたいなことやってんだ!最高だ!

ぼくたちの奉仕活動(2008年製作の映画)

3.4

マクラビンの安定のオタク感。
おっぱい談義もキッスも楽しい。

太陽(2005年製作の映画)

4.0

これもまた知識の無さ故にリアルかどうかまでははっきりわからないけど、所作の一つ一つや人と人の会話や物理的な距離感で心情が描写されてて凄く端正な映画だった。あっそ。

ロード・オブ・セイラム(2012年製作の映画)

2.7

セイラムの魔女裁判を題材にした映画だけど、パラノーマン観た後だったのでちょっと期待してたのとは違ったかなぁ。当たり前か。
悪魔崇拝の知識はないけれど、不気味な雰囲気はすごくある映画です。色々と好みのハ
>>続きを読む

偽りなき者(2012年製作の映画)

4.2

怖い。只々怖い。
言い方あれだけど、人間がよく描かれてる映画だと思う。責める相手がいない辛さったらないよなぁ。

>|