長谷川朗さんの映画レビュー・感想・評価

長谷川朗

長谷川朗

映画(953)
ドラマ(8)

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.1

こういう解釈の余地がある映画は楽しい。前半えげつなかったけど。
なるほどなるほどそういうことか。
アレノフスキーのマザー!好きな人はこういうのはまるよね。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2回目鑑賞後
やはり2度目になるといろんな衝撃、先の見えない楽しさがなくなるので一気に評価が下がってしまう。
そしてガーディアンズのパートで笑う人が僕ともう1人くらいで、ちゃんと見て来てないな!ネビュ
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.1

試写で映画館じゃないとこで観たのだけど、距離が遠くてちょっと観にくかった…。元から書かれてる日本語の表記とか。視力の衰えが…、そして集中力が…。
もちろんウェスアンダーソンの素晴らしい世界、かわいさ、
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

1作目の目新しさはないけど、まぁ安定して面白いな。
チャニングテイタムのバカな感じがもっと見たかった。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

何点つけたらいいかよくわからなくてなってきた。笑。
わくわくするなー。テンションあがるなー。現代にあった形で僕らのスピルバーグが帰ってきた!名作エンタメのあのスピルバーグが!
ただIMAX3Dの試写会
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

4.1

作りの面白さにもう一度じっくり観て消化したい感。
淡々と進むストーリーと半分サイレントのため日曜の一日労働あとの21時半スタートはこたえた…。前半少し睡魔が…。
中盤からどんどん引き込まれ、これはすご
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.1

昨年マークハミルのインスタでそのビジュアルを見た時から期待して、サントラもわりと聴きこんで(音楽はこれまた好きなミッドナイトスペシャルの人)試写会に。
冒頭ビジュアル、デザイン的なものに頼ったものかな
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

構成が良かった。お、そこをちゃんと描くんだ。と。原作がどういう構成か分からないけど、それによってぐんと深みがかなり出た。
チョボスキー監督の前作ウォールフラワーはみんな褒めてる中、なんかいけすかなくて
>>続きを読む

グレムリン2/新種誕生(1990年製作の映画)

3.2

かわいいけどやり過ぎ。のれないとこが多い。斬新な設定もそのせいでもったいない感じに。
会長はマシュー・マコノヒーに似てる。

マザー!(2017年製作の映画)

4.5

ちゃんとまだ理解できてないけどとんでもない怪作。傑作だと思います。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

メキシコの世界観がクセありそうだしどうかなーと思ったけど最高!
誰でも共感できる普遍的で、そしてさすがピクサークオリティのストーリーテリング。音楽ももちろん素晴らしい!
中盤からまぁ、ボロ泣。
あの声
>>続きを読む

ジャッジ・ドレッド(2012年製作の映画)

3.6

レイドを思わせる設定。
エクスマキナの監督が実はかなり撮ってると最近情報がでたけど、ヴィジュアル面で確かにと思うとこはあるけど、エクスマキナはやはりヴィジュアル面で特別。今作含め3作観て。
アクション
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.4

う〜ん…。
好奇心の湧く意味わからない映画でなく、湧かない方の…。
エクスマキナのキレッキレのヴィジュアルセンスどうした!といいたくなるほど特にそそられる画もない。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

籠の中の乙女、ロブスターと、監督独特のルールの世界を描いてきて、フィクション感の強かった前2作と比べてリアルな世界を描いてるかと思いきや…。
ダンケルクでも印象に残るバリー・コーガンの怪演が素晴らしい
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

去年見逃してしまって残念だった一本。ようやくレンタルになったので。去年のベスト10にいれてたな。これは。
予告から全く想像できないとんでも映画!スピリチュアルで、主人公がパーソナルショッパーとしか思っ
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.9

なかなかめっけもんの面白さ。よく出来たディストピアもの。
ノオミ・ラパスは仕事選びがなかなかいい。プロメテウスも大好きだし。
エイリアンコヴェナントにはでてないが、コヴェナントを思わせるシーンもある。
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.6

アカデミー作品賞もとってほしいな。監督賞はとりそうだけど。
事前にデルトロのヘルボーイ1.2(特に2)、パンズラビリンスを観ておくとなおさら良い。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

サム・ロックウェルは文句なし。はまり役。好きにならずにいられない。
脚本、演技も素晴らしいと思うけど、興奮のうねりを覚えるかといえばそこまでいかず、結局その辺最後は趣味の問題。

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

2.8

駄作。クローバーフィールドという味を活かせてない。
2作目は一切の予告やポスターさえみなければまだよかったかもしれない。
日本ではポスターの時点でネタバレなので宣伝に怒りを覚えるほど。
今回はNetf
>>続きを読む

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

4.6

ポール・ダノの次にくるお気に入り俳優はジョージ・マッケイだ!
この作品と『はじまりへの旅』の2作で完全に虜に!
ちなみに映画は、近年で抜群によかったかと。まわりの人におすすめするためあらすじ話すだけで
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

キングダムこの制作チームで作ったら実写成功するだろうな。みんなインド人になっちゃって違う話になるか。

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

4.3

この人たちともっと一緒にいたいと思える映画はいい映画。ガーディアンズ、ストレンジャーシングスしかり。
ゆるい笑いでこの時間もつのかと思ったけど飽きさせず、どんどん愛おしくなっていく。

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

この事件からまだ50年しか経ってないことに驚く。
怒りで震える140分。
そして、アカデミー賞の場とか見ると時代は変わったなと感じるけど、あの大統領を選ぶ国民がいまだに多いという事実。

あとボイエガ
>>続きを読む

>|