リンゴさんさんの映画レビュー・感想・評価

リンゴさん

リンゴさん

オール・イズ・ロスト 最後の手紙(2013年製作の映画)

3.3

出演、ロバート・レッドフォード、以上!

て感じの映画ですが、目が離せませんでした。
でも、閉所恐怖症というか、孤独恐怖症みたいな人向きではありません。(私)

どんな事があっても諦めるな、考えて行動
>>続きを読む

名も無い日(2020年製作の映画)

3.3

映画の物語とは年齢も置かれた状況も違いますが、最近親戚が自宅で一人で亡くなっているのが発見された、という出来事があり、「命日がいつなのか」については考えさせられました。
命日って実は残された人にとって
>>続きを読む

ローズメイカー 奇跡のバラ(2020年製作の映画)

3.8

今年は緊急事態宣言でバラ園に行けずだったので、せめて映画でバラを堪能出来て良かった。
ツッコミどころはいくつかあるけれど、傾きかけてる会社と人生のはみ出し者が奮闘する、的な物語は観ていて気持ちが良いし
>>続きを読む

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

3.3

昔、フランスに行った時にファラフェルを初めて食べて凄く美味しくて感動した事を思い出しました。野菜たちの色が鮮やかで、中東料理が食べたくなります。
料理って人と人を繋ぐ役割があるし、文化や歴史なども絡ま
>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.5

以前、宮崎駿監督が、この映画の原作の『神去なあなあ日常』をアニメ化したいくらい面白い、と紹介していたので興味を持ち、読んではいて、その時もなるほど、良い物語だなぁと思ったんだけど、映画はまた違った味わ>>続きを読む

悪のクロニクル(2015年製作の映画)

3.5

何の気無しにふらっと観たけど、正解。
たまたま通りかかって入ったお店がすごく美味しくてビックリ、的な。

パクソジュンが初々しい新米刑事で○。

街の上で(2019年製作の映画)

3.8

約1ヶ月ぶりの映画館での鑑賞。
コロナコロナな日々の中、こういうほっこりさせてくれる映画に感謝。

全てアドリブか?と思うくらいに自然な会話と、いかにもそのへんにいそうな人々。
主人公の青くんも良いで
>>続きを読む

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

4.0

選挙権を得てから選挙に行かなかったことは無いし、政治について関心がない方ではない私。
選挙活動の舞台裏、本人、家族の葛藤などなど観ていてどれも引きこまれたし、普通の一般人の感覚を持ち続ける政治家がここ
>>続きを読む

レベッカ(2020年製作の映画)

3.0

前半は引きこまれたけど、後半で少し失速して、終わってしまいました。

でも主演のリリーが好きだから良しとします。

時の面影(2021年製作の映画)

3.0

景色が美しく、雰囲気は好きでした。
発掘好き、古墳好き、考古学好きには
たまらない、かも?

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.2

映画館で観られてほんとに良かったです。
終えてからしばらく放心状態でした。

フランシス・マクドーマンドの抑えた演技というか、表情で語る感じは彼女ならでは。うまいなー、やっぱり。

ノマド(放浪)生活
>>続きを読む

サンドラの小さな家(2020年製作の映画)

4.0

邦題ではなんだか可愛らしい物語のイメージですが、DV夫から逃れる為に奮闘する女性の物語です。

夫に暴力を振るわれる女性、というのが本当に辛くて、どんな映画でもこういうシーンでは動悸がします。過呼吸や
>>続きを読む

夜の伝説 マダム・クロード(2021年製作の映画)

3.5

実話モノとフランス映画が好きなのでこのスコアです。

女である事を武器にする性産業には賛成できないけれど、そこでしか生きられない、そしてやるとなったらプロ意識を持ってやる、というのは納得できる。
でも
>>続きを読む

健康って何?(2017年製作の映画)

3.5

知人にヴィーガンを勧める人がいて、なんだかなぁと思ってたけど、これを観るとお肉食べたいと思わなくなるかも。

年取って薬漬けが嫌なら少々高価でも大豆ミートや野菜中心の食事にしていく方が医療費抑えられる
>>続きを読む

フジコ・ヘミングの時間(2018年製作の映画)

3.6

独特な雰囲気で年齢不詳で、猫や犬を可愛がる姿がかわいいです。ハウルに出てきそうなおばあちゃんです。こういう風に年を重ねていきたいものです。

アメリ(2001年製作の映画)

4.5

久しぶりに観ました。
その昔、フランスの映画館で観て感激して、二回観た映画。字幕もついてないのに。

やっぱり色褪せていませんでした。

またいつかパリに行けるのだろうか。
コロナ禍こそ、想像力、空想
>>続きを読む

泣く子はいねぇが(2020年製作の映画)

3.3

仲野太賀の演技が堪能出来ます。
いろんなことが上手くいかない事ってあると思うんだけど、、。許してあげようよ、て思いました。

良く分からないような分かるような、
こういう映画すきです。

僕が跳びはねる理由(2020年製作の映画)

4.0

原作は読んでいました。
多くの人に観て貰いたい映画です。

自閉症に限らず、難病や障害、認知症など、その人にしか分からない苦しみがあります。私たちは「他人事」でなくて、「自分事」として、共感したり、思
>>続きを読む

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

3.6

これは映画館で観たかったなー。
大自然の景色の良さはパソコンでは伝わらないから。

自分を見つめ直す為に旅に出るとか、お遍路さん歩く、とかよくありがちな話なのだけど、アメリカの広さが半端なく、スケール
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.5

極道モノを映画館で観たのは初めてかもしれません。
苦手なジャンル(痛そうなのが無理)でしたが、そこまで怖くなく音響もよく物語に引き込まれてあっという間に三つのヤクザ時代が過ぎました。

綾野剛さんはも
>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.0

途中で目が疲れてきてやめようかと思ったけど、頑張って観ました。

これが今の若者なのか?と最後まで
「?」なままでした。
先日観たばかりの映画ではお嬢様役の門脇麦が、ここではまた全然違うタイプを演じて
>>続きを読む

気まぐれな唇(2002年製作の映画)

2.5

私には良く分からなかったです。
お料理もあんまり美味しそうでないし、主役が魅力的でもなく、むしろ変態っぽいというか。

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.5

どちらかと言うと水原希子さんの方が貴族のイメージありましたが、逆でした。

スローシネマとまでは言わないけれど、ある二人の女性のそれぞれの数年が描かれていて、衝撃的な場面や展開などもなくハラハラやドキ
>>続きを読む

わたしの叔父さん(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

大変良かったです。
クリスはいわゆるヤングケアラーです。
訳あって叔父さんにひきとられて一緒に住んでいますが、父方か母方の叔父なのかは分かりません。そういうところ、微妙に気になります。

叔父さんを一
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

3.3

逃げてるだけなんだけど面白かったです。
この二人なら逃げ切るだろう、と思いながらも、ドキドキしました。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.3

自分でこの映画を観に行った事が意外だったのだけど、行ってみて分かりました。
もう、こういう恋愛は自分には絶対ない、というのが映画予告から分かっていて、だから若かった頃の自分に会いに行く感じだったのかも
>>続きを読む

陽だまりハウスでマラソンを(2013年製作の映画)

3.5

老いを受け入れて、どうやって人生を閉じていくのか、を考える事が人生の終盤に差し掛かるとテーマになると思うけど、それらが詰まっていました。

立ち止まらない、という言葉はただ単に走るのを止めるということ
>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.3

ステージパパ(ママ)の気持ちは自分にはなかなか共感できず、良く分からないけれど、どちらもお互いが必要な関係で、だからこそ苦しいんだろうな。

今後ドラマや映画を観る時に前よりも子役に目が行きそう。なか
>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

3.7

夫婦でいる事の意味、人は変われるのか、親の事、子どもの事。考えさせられた。

リリーフランキーさんって演じてるのか素のままなのか分からないんだけど、アドリブなのかと思うくらいに自然な夫婦だった。

青の帰り道(2018年製作の映画)

3.5

映画館で見逃してずっと観たかった映画。なんだろこの胸がぎゅうっとなる感じ。

こんなはずじゃなかった、を何度か繰り返してそして気がついたらまぁまぁこんなもんかな、というところに落ち着いている者として、
>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

4.0

この映画に出会えて本当に良かったです。
観終えてからサントラすぐに買ったのは初めてです。

監督がもうこの世にはいないのかと思うと切なくなります。

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.3

久しぶりの韓国映画。

真っ直ぐな二人の主役を観て
大人としては誠実に生きないと、と思わされました。
こういう警察官に会ってみたいです。

ジュリー&ジュリア(2009年製作の映画)

3.5

何となくどんな内容かも知らずに観始めたけど、大当たり。
二人の女性は全く違う時代を生きているのだけど、共通点があり、そしてとてもチャーミング。

メリル・ストリープはもうかなりのお年だと思うんだけど、
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.5

冴えない男子が可愛いなー。

彼らだけでなくて、主人公のお兄さんに私は注目していました。
よくある学園ものなんだけど、いろんなテーマが詰まっていました。
元気、貰えたなー。

>|