Urikkoさんの映画レビュー・感想・評価

Urikko

Urikko

その日の気分でジャンル問わず観ています。フランス映画とサスペンスが好き。

映画(54)
ドラマ(0)

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.5

遺体が美しくて、つい見とれてしまった。
これ、キリスト教徒だったら怖さ倍増だろうなあ!

悪魔とか魔女とか、抗えない邪悪なものは恐怖でしか無い。

検死官という役職柄、冷静に解剖を進めて行く親子。
>>続きを読む

カムガール(2018年製作の映画)

3.5

面白かった。
自分のアカウントを乗っ取られてるという設定が、自分のストーカー体験と被って臨場感があります。
ストーカー女にSNSで嫌がらせや嘘と妄想をてんこ盛りに書かれたり、さも自分が被害者の用な振る
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

3.0

始終心がざわざわする映画だった。誰も不幸で救いよう無い。
小さなタブレットで見たので、音楽の大音量とかは気にならなかった。
劇場で見たら、あのざわざわする感覚が倍増しそう。
観た後はちょっと気分が落ち
>>続きを読む

生と死と、その間にあるもの(2015年製作の映画)

3.7

なかなか良く出来たストーリーだと思います。
インド社会の色々問題を取り入れながら、2つの物語が重なっていく。
腐敗した警察の汚さには怒りを覚え、学生の恋愛に甘酸っぱい感覚を持ち、父親のやるせなさに共感
>>続きを読む

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

2.7

ビジュアルは良かったけど、怖さの演出につんのめってストーリーに深みが無いので スコアは低め。
双子のやり取りの、独特な世界観は良かったかな。
後半からどんどん恐ろしくなる行為....ラストシーンは「無
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.9

何と言っても岩男の母のモンスターっぷりが凄まじい。
事の不幸の全ての凶元と言っても過言でないと思えた。息子への溺愛からのエゴで、自分が気に入ら無ければ1ミリも嫁を受け入れようとしない姿勢。あの暴力的な
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.9

3か月ロングランの話題の映画が、ついにイオンシネマまでやって来た。地方に住んでいると都心まで見に行くのに労力掛かるんです...という事で漸く観ることができました
\(´∀`)/
2005年に数々の賞
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.0

社会的に成功してお金や地位もあるが、愛の無い孤独な生活か、平凡でお金も潤沢では無いけど温かい家庭と愛のある生活か...どちらが幸せかを考えさせられるストーリー。
愛はお金や社会的な成功より煌めきがあり
>>続きを読む

靴職人と魔法のミシン(2014年製作の映画)

3.7

ファンタジーな邦題と中身のギャップ。
子供向けかなと思いきや、小君良いストーリーで大人向き。
靴を介して他人になれる事が解り、あれこれ他人になりすまして楽しむ主人公。ちょっと悪いコトなんじゃないの⁈と
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.4

いかにもアメリカンなタッチ。
パーティーに出て来る女性達のファッションがお洒落。
ストーリーは最初少し解り辛かったけど、難解という意味ではありません。アメリカンテイストが好きな人には面白いかも。私的に
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.8

盲人だと侮るなかれ、軍隊上がりの爺。五感が研ぎ澄まされていて、その辺の五体満足よりずっと手強い! 万全を尽くした堅牢な家は、ある意味怖すぎ。話が進むに従って、正義が逆転していく所が面白かった。どっちも>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.7

下品でエロ。15Rで良いのか⁈
でもアニメーション自体はエログロじゃ無いし、可愛く出来てる。
私は嫌いじゃないなー。むしろ好きw
何でこんな話思い付くんだろ⁈ほんと馬鹿だなぁ!って思いながら色んなポイ
>>続きを読む

霜花店(サンファジョム) 運命、その愛(2008年製作の映画)

3.5

大河ドラマの様な豪華セットで中身は痴情の葛藤のお話。
濡れ場が話題の映画だったんですね。
確かに生々しく描いてました。
ゲイッぷりも堂に入ってて、思わず息を飲む程 役者魂が垣間見れました。
しかし痴情
>>続きを読む

二重生活(2012年製作の映画)

3.8

なかなか良い出来だと思います。
昼ドラみたいなシチュエーションだけど、本妻と愛人の心情がよく表されていると思うし 2人には共感出来る。本妻と愛人の泥沼試合が無いのが昼ドラとは違うところ。不誠実な男に振
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2

随分昔に旧作を見たけどよく思い出せない。思い出せ無いけど旧作の方が怖かった気がする。
今回のは思ってた程でも無かったというか。
幻覚みたいに出て来る亡霊やピエロは、子供達にとってさぞかし怖かろうなぁ!
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.3

ワイヤーアクションがカッコいい!露出度高めの戦闘服でも擦り傷ひとつ受けないダイアナ姫は爽やかなくらい無敵!
銃弾を腕で弾き返すとか色々ファンタジー過ぎて、逆にすんな受け入れられた。安心感があって楽しく
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

ラザロ計画の説明の所をしっかり見ていなかった為に余計難解になってしまった。
しかし細かい所に拘らなくてもストーリーが面白い。
ちゃんと理論立てた説明の上での話だから、説得力がありました。
いや〜しかし
>>続きを読む

ヒューマン・レース(2013年製作の映画)

2.3

ただただ人が死にまくるだけの映画。勝ち抜いた1人だけが生き残るけど、それだって不条理過ぎる結末。
人間以外の何者かが仕掛けるゲームだが、人間だって動物に不条理を強要してるよなーって思いながらラストシー
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.8

前知識無し、ハリポタと関連が有るとは知らずに観ちゃいました。雰囲気似てるけどやっぱ別物として比べ無い方が良いかも。
ストーリーはシンプルだけど起承転結が明確で飽きません。
ビジュアルも綺麗なので子供か
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

キャストの皆さん演技が全然違和感無くて、上手いです。
それだけに、本当にこんな家族がいるんじゃ無いかって思いました。
余談ですがパルムドール賞獲る映画って殆ど最後は項垂れそうな気分になります。
これ海
>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

5.0

映画を見ている間中、手の震えが止まらず内臓が縮む思いでした。
アサド政権が破れた隙にラッカがISの拠点にされ、無作為に市民が虐殺され、歪められたプロパガンダで世界に実態を知らされない事に耐えられず 市
>>続きを読む

東京難民(2013年製作の映画)

3.7

日常生活ってひとつ間違えれば、どんどん落ちて行く可能性があるんだって実感させられる。
これがたった半年スパンだなんて早すぎて有り得ないと思いつつ。
しかし、金銭至上主義社会に生きていたら実際こんな事に
>>続きを読む

デッド・オア・リベンジ(2015年製作の映画)

2.9

世の中惨いストーリーはなんぼでも有るので、お話としては奇抜さは無く酷過ぎる事もない。が、これを日常に落として考えたら最悪。
イリヤが根っからの変態親父だとつまらないけど、実は普段はいい人っぽいところが
>>続きを読む

追憶の森(2015年製作の映画)

3.7

怪談とファンタジーが混ざったような雰囲気。青木ヶ原樹海って世界的な自殺の名所なんでしょうか? 死人の持ち物を頂いちゃう辺りや死体のちゃちさなど突っ込みたい処はあるけど、テイストとしては好きなストーリ>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.3

アクションシーンは面白かったしキャスティングも良いと思います。
ハーレクインがクレイジーでエロ可愛い。彼女が見どころのひとつ。
皆超悪人と言いながら人間的で何やかんや皆んな良い人キャラ w
ストーリー
>>続きを読む

パーク アンド ラブホテル(2007年製作の映画)

3.8

59歳、古びた侘しいラブホの女主人。 無骨で笑顔の少ない地味な人。
毎日早朝、ゴミだらけになるホテルの玄関前を黙々と掃除する。
そんな、誰の目にも留まらない様な生活をしている艶子のもとに来る3人の女性
>>続きを読む

トリック劇場版 ラストステージ(2013年製作の映画)

3.8

トリックは家族が好きだったので、傍らでTVを見てただけ、劇場版をちゃんと観たのは初めてか知れません。
豪華キャストにそれぞれ濃いキャラ!
コメディタッチはそのままに、最後はじんわり来る良い終わり方でし
>>続きを読む

境界線(2017年製作の映画)

3.3

ちょっと不思議な設定のストーリー。もし自分がパートナーと二人だけの世界なったら...そんな事想像もしなかったけど、実際どうなるんだろう。
ライフラインは全て生きているのに人間だけが居ない。凄く不気味。
>>続きを読む

バッドママ(2016年製作の映画)

2.8

軽ーく見流し。それくらいで丁度良い感じ。
肩張らずに見れるしそれなりに楽しいです。子供を愛しているのが前提のhappy story。
アメリカの馬鹿さ加減がよーく出ています。コミカルとは言えスーパーで
>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

4.0

子供向けかなと期待していなかっけど予想を裏切る面白さ!只々微笑ましく観れるところが癒されました。内容知らずにキャラだけ見ても可愛くないけど、映画を見た後は可愛いなって思えちゃう不思議。
ひたすら仲間思
>>続きを読む

笛を吹く男(2015年製作の映画)

3.5

ハーメルンの笛吹きを韓国版にするとこうなる。なかなか面白かったです。笛吹き男の人の良さそうな感じと対局に村長の悪徳顔、比例した言動が物語を引き立てる。
子役も良い味出していると思いました。
後半エグい
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.3

突っ込みどころ満載。
そういう部分をコメディとして見れば単純に面白いのでしょう。
現実になればこんな甘いものでは無いよなー!と何度も思いました。薪割る時に軍手しないはあり得ないとか、お腹空いてたら猫缶
>>続きを読む

1922(2017年製作の映画)

3.1

スティーブンキング監督という事で鑑賞。
何処にでもある夫婦のいがみ合いからどんどん負のスパイラルハマって行くストーリー。
個人的には何でその選択?といちいち思っちゃうけど、世の中には共感する人もいるの
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.9

この映画見てすぐに私は2008年オーストリアで起きたフリッツル事件を思い出した。
実父による娘への24年に渡る暴行監禁で、7回の出産を余儀無くされた。その事件を思い浮かべながら、今回の映画を鑑賞しまし
>>続きを読む

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.5

フリークスさんいらっしゃい!シュールなテーマと軽いノリの不思議映画。
外見重視な社会を皮肉った、日本では真似出来ない感じの味付けです。
奇形やマイノリティを暗く捉えるでは無く、かといって私の中ではコメ
>>続きを読む

小さいおうち(2013年製作の映画)

4.0

どんな高齢者もそれぞれに若い華の時代があり、そこで一所懸命生きる事、思い出を沢山持つ事は人生を豊かにするんだなぁって思いました。
黒木華のキャストが凄く合ってる。松たか子はやっぱり華がありますね。
>>続きを読む

>|