akoさんの映画レビュー・感想・評価

ako

ako

話題作からひっそり評価されてるものまで幅広く。誰もが認めるハッピーエンドより観る人によって解釈がわかれる様な話を好む。結構役者目当てで観ることも多いけど、どんなきっかけであれ素敵な映画に出逢えればそれだけで。

映画(172)
ドラマ(1)

バグダッド・カフェ(1987年製作の映画)

3.8


愛があれば今日も生きられる
ここはモハべ砂漠のオアシス


ほっこり映画よね。
コーリングユーがまたいいのよ…
映画の纏う空気にマッチしてて。
人生に新たな風を吹き込んでくれるのは、運命の出逢いなん
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.5

狂気よね、ひとって。
こんなにも恐ろしいいきものなのだ。
信じる宗教とか生まれた国とか肌の色とか、自分らと違うからってただそれだけで、簡単にひとがひとを見下したりお金で売り買いしたり嬲ったり殺したりで
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

ずーっと観たかったムーンライト
とある人物の人生を、淡々とみて感じるような作品は、その人物が好きになるか嫌いになるかで映画そのものの評価も決まるのだけど、これは好き。リトルもシャロンもブラックも、好き
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.5

解説サイトとかみて成る程なあって、思ったけど…もう一回みる勇気がない…

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.5

な、なんなんだろうなこのノリ…(笑)なんかもうよく分からんけど一緒になってバーフバリ讃えたい気持ちになるのは確か。バーフバリ!バーフバリ!

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.4


映画の中の彼女…
遠い昔…
遠い銀河系での事…


愛おしいなあってもう、それだけ。
8ミリ映画も電話ボックスも
寝ながらみたから、涙で枕が濡れてる…
かわいたギターのフレーズも荒いセピア色の映像も
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.2

シビルウォーで一番好きなシーンが、ラスト雪山でジモと陛下が話をするところなんだけど、あのシーンからこのワカンダの王様が、ヒーローとしてというよりも、人として素晴らしいなって思ってた。陛下メインの作品な>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.8



「誰にもこの愛は奪えない。」

この人の描く家族というか母親と息子の在り方が、心からすき。うまく言えないね。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

この監督だからいつも通り小難しいのかな…って身構えてたけど、シンプルな戦争映画だった。目に見えて悲惨な映像は少ないけれど、自分が助かる為なら例え他人が死ぬことだってなんでもやれてしまう戦下での人間の心>>続きを読む

とらわれて夏(2013年製作の映画)

3.0

君と3日居られるなら、後20年檻の中でもいい。


んー良い話。始まり方こそ異質ではらはらしたけど、フツーの良い話。
誰からも共感してはもらえないだろうけど、私は離婚してヘンリーを置いて出て行ったお父
>>続きを読む

ザ・タウン(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「それにしても、でかいヤマだな。」
「ちゃちなヤマなら皆登ってる。」


おお…普通に面白かった。強盗って頭良くないと出来ひんなあーやっぱ。ラスト自分以外の仲間が死んでからのダグの吹っ切りがすごかった
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

3.0

麻薬でどん底に堕ちた天才トランペッターの更生と恋愛。根本的にこの男が精神的にぐずぐず弱過ぎて受け入れられなかったのだけど、トランペットが、音楽が好きで、これでしか生きていけないって思いが痛いほど伝わる>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0


「僕は今日を救う、君は世界を救え。」

DCEU第4段。前作BvSで突如現れた馬鹿強い美女・ワンダーウーマンの過去について。彼女は何者なのか。どこで生まれ育ち、どんな使命を背負い、何故人間を守るのか
>>続きを読む

バックドラフト(1991年製作の映画)

4.0

消防士の活躍、情熱をメインに人間ドラマや犯人に辿り着くまでの謎解きが絡んで全てが満遍なく、良い映画。火の表現が多彩で化け物だというように、姿カタチを変える描写もすごい。恐ろしいのに美しい。とにかくどの>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.0

ア、ア、ア、アントニーーーーー!!!やだアントニーが!!もう号泣やだ!…これがまず一番の感想ね。
「まずアベンジャーズを呼ぶべきでしょ。」
「連中は空の街を落とすのに忙しい。」
もうね、この台詞が大好
>>続きを読む

永遠のこどもたち(2007年製作の映画)

4.0

今だけは、ぎゅっと目を閉じておいて。
ここに来る前の事や未来のことを考えていて。
大好きなパパの事やいずれ通う学校のこと。
想像の友達は、本当は居ないんだって。

これ最高に面白かった、これ良いな。
>>続きを読む

ミッドナイト・スペシャル(2016年製作の映画)

3.0

自らの子どもを信じ抜くこと、守り抜くこと、愛し抜くこと。たとえ二度と逢えなくなるとしても、子どもにとって最善の選択をすること。台詞は少なく静かな映画だったけど、そういうのが確かに伝わった。
時間経つの
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.8

ただの未熟な15歳から、本物のヒーローになる。一皮向けても憧れの人に認められても、地域密着型ヒーローに徹する君を、私は、心から愛してるんだよ。これからもずっと、親愛なる隣人を応援し続けたい!

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

夢見る二人の、冬春夏秋・冬。愛する二人の、始まりと終わり。夢追い人達の情熱と挫折と妥協とすれ違いと、成功と。舞台がロサンゼルスなところも含めて、いつの時代も使われ尽くした有り触れたテーマだけれど、音楽>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.0

鬼兵隊紅一点・北島また子ちゃんは、漫画でも実写でもあの二丁拳銃で俺の心を撃ち抜いてくれました。2次元でも2.5次元でも一生破廉恥で下衆な眼で見つめさせて下さい。気持ち悪いほど愛しています。
上映中こん
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.0

内容はまぁ壮大な日曜朝戦隊モノって感じ。彼らがパワーレンジャーになるまでのストーリーに重きを置いていて、変身してから敵倒すまではサラっと。吹き替えの声優陣の豪華さな。
兎に角、ザック!!!!萌。

ファウンド(2012年製作の映画)

3.0

いじめられっ子の弟と、弟にだけ底抜けに優しい殺人鬼の兄。「殺してくれて、ありがとう」弟からのとびきりの言葉。俺のしたことは間違いじゃない。弟の柔らかい髪の毛に唇を寄せて微笑む。…お前のためなら、何でも>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.0

すげー!金庫のお金にたどり着くまでよりも、最後のお金の持ち運び方に感動した。すげー!こんなに頭がよくて実行力があるなら、泥棒なんかやらないでもっと普通の正の方向に活かせばいいのにな!(台無し)いやだっ>>続きを読む

ジェシー・ジェームズの暗殺(2007年製作の映画)

3.0

まぁこれも勿論アフレック祭にちなんで借りたわけなんだけども。

「恋人といて、綺麗な月が顔を出したとしよう。言われなくても“キスして”って気持ちは伝わるな?お前といると悲しくなるよ。感じるんだ、“心変
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

3.5

待って…フラッシュ鬼かわいい……(笑)
成る程ね、ワイルドとにんじんちゃん。ディズニー史上最高のカップルですわ。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

3.5

評判は知っての通りだし観なきゃならない映画だよなぁと思いつつも、訳ありチンピラがとある人物との出会いで更正するとかいうもう聞くからに真っ当な“良い話”ってあまり好きじゃないから手を出せずにいたこの数年>>続きを読む

世界で一番パパが好き!(2004年製作の映画)

3.0

只今アフレック祭開催中…あー幸せ。てことで兄貴の方が出てるので借りてきたこの映画。まぁパッケージ通りの王道親子ハートフルストーリー。ベンアフって実生活でもかなり子煩悩だから結構ハマリ役に感じたわ。
>>続きを読む

ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007年製作の映画)

3.8

犯人にたどり着くまでは実に面白い謎解きでしたが、主題はそこじゃあないのよねこの映画。あーぁ頭痛い。
子育てには向かない劣悪な環境の“本物”と豊かな教養の場と愛に溢れた“偽物”、果たしてどちらが子供のた
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.5

「さぁ、映画を作ろう。」

もうハラハラドキドキ…やばい。さっさと離陸してくれえ〜とTVに叫んでしまった(笑)イランで職探し中の米人教師、農業専門家…それならば映画製作のロケハンが一番まともかあ…とは
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.8


「逃げるのか」
「違う、乗り越えられないんだ。」

ボストンで働くどこか影のあるハンサムな便利屋。顧客に汚い口を吐き酔えば手が出る問題を抱えた男。兄の死をきっかけに故郷へ戻るが、嫌でも思い出される悲
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.8

「きっと、素敵な夜になるわ。」

これ一作目の出会いを思い浮かべながらみるとなんとも感慨深い。これは三作通してみるべきね。二人はもう41歳。子供が生まれてそばに居るのに、結婚はしてないしたくさんの問題
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

3.8

君が来なかったあの日
ベッドの上に恋する心を置いてきた



このシリーズたまんねえ。
好きだなあ、終わり方もいい。
指バラバラバラ…F**k!
…かわいいの凝縮映画だぜ
これからミッドナイト観ます

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.8


「明日にはただのかぼちゃに戻ってしまうのね…今だけは、あなたにガラスの靴を履かせて欲しい。」

もうきゅんきゅん。列車でたまたま出逢った男女が異国の地でデートをするだけの、それだけの映画。行きずりの
>>続きを読む

アウトサイダー(1983年製作の映画)

4.0


お前に言われて初めて
雲や木の色に気づいた


流れる空気、時代を感じるセピア色、 言い様のない“好き”がこの映画には詰まってる。ポニーとジョニーが朝焼けを眺めるシーンが特にお気に入り。
>>続きを読む

イルマーレ(2006年製作の映画)

3.0

今ツの付くレンタル屋さんで展開されている名作100選につられて借りちゃったラヴストーリー。恋愛モノにSF要素が混じってる話って結構好き嫌い分かれるけど、これはなかなか。
これ、2年過去に生きる男が偉い
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.5

非の打ち所がないミステリー×アクション映画。後々に謎が明かされる様々な仕掛けが楽しい。…なんだけど、堂々とラヴストーリーと名打ってる映画よりきゅんっとしたのはなんでだろう、素敵ー!
「なんでこのホテル
>>続きを読む