akologyさんの映画レビュー・感想・評価

akology

akology

出来れば毎日映画を見たい・・
人生のベストムービーは「ゴッド・ファーザー」「レザボア・ドッグス」
これに並ぶ映画は出てこないだろうと思っていたら、
2018年、「A GHOST STORY」というとんでもない映画に出会い、ベストムービー入りしました
これからもベストムービーを求めてあちこち放浪します

映画(112)
ドラマ(0)
  • 112Marks
  • 19Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

「グリーンブック」に続いて、同じく人種差別を描いたこちらを鑑賞。
「グリーンブック」は人種を超えた友情を感動的に描いているのに対し、こちらは人種差別を皮肉を交えながら本質に迫って描いている。
私はこっ
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.5

是枝監督の教え子である西川美和さんの監督作品。
作風がやはり似てる。
でも、考えさせられる度合い、子供の自然でリアルな表情を引き出す度合いはやはり是枝さんのほうが格上。
って、比較するものでもないです
>>続きを読む

ねことじいちゃん(2019年製作の映画)

4.5

猫好きとしてはたまらん‼️😻😻
岩合さんが撮る猫はなんだってこんなに可愛のか!
私好みの、丸々とした猫ちゃんが盛りだくさん。
終始、頬が緩みっぱなし、目を細めっぱなし、可愛いー‼️と叫びっぱなし。
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

台風で久々に家にこもる週末。
そんななか、配信を心待ちにしていたこの作品がリリースされていることを発見。
そりゃ見るっしょ。

評判通りの良い作品。
この時代は国公認での人種差別があり、黒人用のホテル
>>続きを読む

九月の恋と出会うまで(2019年製作の映画)

2.5

キャストに惹かれて見たのだけれど…

ガッカリ。
設定も突飛でもないし、オチも、いや、わかってたよね、というオチ。
なんのサプライズもないし、胸キュンがあるわけでもない。
なんなんだ、こりゃ!

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.0

冒頭、女の子が出てきた時点で、「あ、なるほど」と思いながら見ており、いつになったらカミングアウトするのかなーと思っていたら、おや?そういうオチ?と脱力。

ある意味、何も言わない強さが一番強い気がする
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.0

壮絶な女の戦い
女優陣の演技対決を見ているような大迫力
すごい。さすが、3人ともあちこちの賞にノミネートされていただけある。
レイチェル・ワイズは、若い頃から凛とした強さとオーラがあり、本作ではそれが
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.0

噂には聞いていたものの、想像以上に埼玉イジリがひどい(笑)
ここまでくると笑えるレベルだから良いのでしょうね。
ただ、いきすぎちゃってるのと、コメディ要素が強すぎる感がある。

私としては、おまグンこ
>>続きを読む

兄友(2018年製作の映画)

2.0

これはひどい
めちゃくちゃ単調で、盛り上がりもなく、スーッと終わった…

記憶に残るシーンもなし

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.0

ドラマは見たことないけど、映画だけでも楽しめるとのことなので鑑賞。
長澤まさみがかわいく、三浦春馬がかっこいい。
それに尽きる。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.0

地味だけど、じんわりくる。

主人公のヒロインも、ヒロインがずっと片思いしている男の子も、揃って少し性格が歪んでる。
人間、そんなもんだけどね。
歪んだ同士、仲間意識を感じたり、
好かれなくてもいいか
>>続きを読む

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.0

手作りキャラ弁を通して、思春期の娘とシングルマザーが会話をする可愛い作品。

高校三年間欠かさずキャラ弁を作る根性がすごい。
これが実話というのだからすごいもんだ。
親の愛情ってありがたい。
私は中高
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.0

エルトン・ジョンの伝記的作品
どうしてもボヘミアンラプソディーと比較してしまい、迫力に欠ける。
フルディ・マーキュリーがカリスマ過ぎるのと、すでに亡くなっていることも、大きいとは思うけど。

天才は孤
>>続きを読む

ティーンスピリット(2018年製作の映画)

3.0

オーディション番組アメリカンアイドルみたいな感じ。
小さい町出身のヒロインがどんどんオーディションをを勝ち抜き、その間に大人の世界を知り、成長していく様子を描く。

エル・ファニングの活躍ぶりが止まら
>>続きを読む

町田くんの世界(2019年製作の映画)

3.0

フライトで鑑賞
ほっこり映画です

主演の2人が、オーディションで選ばれた新人俳優であることで話題となっていましたね
さすがにフレッシュな2人でした

主演が新人だから脇をベテランで固めたのでしょうが
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.0

羽田→シンガポールのフライトで鑑賞
原作漫画は途中で挫折しましたが、映画はかなり序章で終わってますね
色んな主要人物がまだまだ出てきてなーい!
次作が待ち遠しい

この作品は、色んな形のリーダーを描い
>>続きを読む

青の帰り道(2018年製作の映画)

3.0

作品のジャケットや出演者のメンツからして、青春ハツラツ系かと思いきや、
思いのほか暗くて重め。

悪くはないけど、積極的に見なくても良いかな。
横浜流星が塚本高史っぽかった。
彼は作品によって顔が変わ
>>続きを読む

L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。(2018年製作の映画)

3.5

LDKの続編。
1作目は、剛力彩芽と山崎賢人のコンビで、2作目の本作は上白石萌音と杉野遥亮。杉野遥亮はこの作品で初めて知ったけど、正直いとこ役の横浜流星のほうがオーラがあり主役っぽかった。
いい度合い
>>続きを読む

覚悟はいいかそこの女子。(2018年製作の映画)

3.0

以前は福士蒼汰を垢抜けなくした存在としか見えていなかった中川大志。
コミカルな役とか結構幅広く演じられる俳優さんなんだなーと思い始めてからは結構作品を見始めてます。

この作品でも、イケメンなのにモテ
>>続きを読む

愛しのノラ 幸せのめぐり逢い(2017年製作の映画)

2.5

猫より何より、主人公の男がうだつが上がらず情けなすぎてみていてイラついてしまった。
自分の不甲斐なさを猫で紛らわしているというか。
そして、その猫が行方不明になったら引きこもって仕事せずに家に引きこも
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

4.0

終始ヒヤヒヤし、犠牲者も出た忌まわしい事故ではあるものの、苦労を共にしてきた仲間同士の絆に熱くなる。
もちろん被害者の家族からしたらそんな風には思わないでしょうけれど…

やはりリーダーがチームの雰囲
>>続きを読む

ルドルフとイッパイアッテナ(2016年製作の映画)

3.0

この作品は、小学生の時に読んでいた本。
この時から猫好きなので、だいぶ昔のことだけど、あらすじはうっすら記憶あり。

不思議なもので、オス猫は、ふらっとどこかにいなくなったかと思ったら、数ヶ月後に戻っ
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.5

まるで人間の姿をしたAI搭載ロボット。
そう遠くない未来、このようなロボットは出回ることでしょう。
めちゃくちゃスタイルの良い美男美女を自在に作れる。
変な目的にだって使えちゃう。
どんどん学習するの
>>続きを読む

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

3.0

夏の青春映画特集に入っていたので鑑賞。
タイトル通り、ザ・アメリカの高校生!って感じ。

特に女子ね。
ませてて、愚かで、異性の目ばかりを気にして、何も分かってないのに何でも知ってるようなつもりでいる
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.0

「愛しのローズマリー」に似てる。

この作品では、本人だけが自分が美しくなったように見えてしまう。
鏡に映る姿も、モデルのような外見になったように見える。
外見に自信を持ったことで、どんどん大胆・積極
>>続きを読む

猫カフェ(2018年製作の映画)

2.0

猫はかわいいんだけど。
もっと猫にフォーカスしてくださいよー
タイトルからして、猫好きが釣れるわけですから。
人間側のストーリーや気持ちがメインで、猫はお飾り。

猫カフェの舞台は、私も何度か行ったこ
>>続きを読む

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

3.0

ハワイの景色を見たくて鑑賞。
本当は村上春樹の原作を読んでから見たほうがより楽しめるとは思うのですが…

ハワイはカウアイ島。海と山が同居し、自然にあふれた美しい島。
様の魅力が存分に伝わってくる。
>>続きを読む

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

3.5

家族から疎まれる頑固ジジイが、頑固である所以。
そのルーツを辿る旅。

ホロコーストで命からがら逃げてきた自分を助けてくれた友人を45年ぶりに訪問。
普通はもうそこには住んで無いでしょ、と思うけど、そ
>>続きを読む

チェリーボーイズ(2018年製作の映画)

2.0

シリアスな映画を立て続けに見てので箸休めに。
童貞の三人組が、なんとかして童貞を卒業しようと四苦八苦する物語。
中身は無いが、なんといっても林遣都の変貌ぶり!
「ガール」で見せた透明感ある美青年のイメ
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

4.0

お金が実体を持たなくなっている今だからこそ、お金の価値とは何かを問うてくる。
私たちの貯金額も、データ上の数字でしかなくて、その金額相当の現金を目にすることはない。
今、5億円を手にしたら?
何をした
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

男同士の友情、愛情、絆、、、
なんと表現すれば良いものか。
「ヴェニスに死す」の相思相愛版という表現が近いのかしら。
女子校でも、同性の先輩への憧れが形を変えていき、その先輩も次第に後輩が気になってい
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

5.0

想像をはるかに超える傑作。
教育とは何か、子供にとって良い環境とは何か、大人が子供に与えるべきものは何か…
いろんな価値観がある。
教育は必要だが、学歴は不要。

子供の幸せは大人が決めるものなのか。
>>続きを読む

禁断のケミストリー/ベター・リヴィング・スルー・ケミストリー(2014年製作の映画)

3.0

最近頭が疲れっぱなしなので、連休初日は頭を使わない映画で疲れを癒そうかなー、ということで選んだのがこちら。
期待せずに見たせいか、意外と面白かった!

ひさびさにレイ・リオッタを見かけた。
こんな端役
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

「ブルックリン」で強く生きる主人公を演じたシアーシャ・ローナン主演。
この作品では、我が強い女の子を演じてました。
こういう役が似合う。

田舎育ち、決して裕福ではない家、母親との確執…
今いる環境へ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.0

青春キュンものが好きだという話を会社の人にしたところ、イケメン揃いで好きなのでは?ということで、この作品をすすめられた。

たしかに旬な若手俳優揃い。
ですけどね、違うのですよ!
女子校育ちの私は、男
>>続きを読む

雪の華(2018年製作の映画)

1.5

これはひどい。
1にしようか悩んだけど、主演の2人は頑張ってたし、あまりに忍びないので1.5に。
(なんじゃそりゃ)
綺麗に描きすぎなのと、展開がぶっ飛びすぎちゃって、共感できない。
だだっ広いフィン
>>続きを読む

>|