majimakiraさんの映画レビュー・感想・評価

majimakira

majimakira

映画を観ることは、気持ちを高めたり、心を洗ったり、あるいはただただ胸を熱くして泣いたりするために欠かせないルーティンのひとつです。

深く愛する「男はつらいよ」シリーズのレビューを、Filmarksで改めて書き上げました。シリーズを愛するより多くの方々と交流できれば嬉しいです。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.8

この切ないからくりの何たるかに追い付くのに時間を要したが、その後はこの運命に寄り添って淋しさや苦しさを感じることができた。
主題歌であるback numberの「ハッピーエンド」がとても好きでよく聴い
>>続きを読む

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

4.4

引き続き、丁寧に発音される日本語と、家族の会話がリアルな距離とペースで映される山田洋次監督の美しいお仕事。
小林稔侍さん演じる丸田くんの人柄と、ひょんなことから連なる友情、そしてドタバタの果ての家族の
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

慣れ親しんだスパイダーマンが、アベンジャーズ新メンバーとしての適性検査を受ける姿のみにフォーカスしている…ともいえる、なんとも微笑ましいアベンジャーズ系譜作品。
新たな恋と、「宿敵」には相変わらずの楽
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

4.7

すべてのシーンと、すべての演者が素晴らしい。機内で涙が溢れた。

全てを委ねる先の運命がどのようなかたちであろうとも、そこにほんの僅かでも愛や希望を運ぶ光の美しさは、ぜひとも「言葉で」強く修飾すべき確
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.1

実はDCシリーズ初体験。
設定を把握することに苦労したが、ノッてくるとなんともクセになる面白さ。そして何より演じるガル・ガドットのしなやかさと美しさがもの凄い…。

人間の心に根強く生きる悪と、それを
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

5.0

60年代前半のアメリカ・NASAの苦闘と、それを支えた3名の女性の頭脳。どの角度でも新鮮なエピソードに、人種差別・性差別の現実が衝撃的なぐらい生々しく描き出される。ただ、宇宙事業の重要な一歩となる成功>>続きを読む

カーズ2(2011年製作の映画)

3.8

メーターの大冒険^ ^
冒頭のスパイカーチェイスも、クライマックスのレースシーンも、改めて映像美に魅せられた。

何者(2016年製作の映画)

4.1

原作のクライマックスで感じた、寒々とした自らの姿を明かされる恐ろしさが、とても巧みに表現されており、再び戦慄を覚えた。誰もがジャグリングするコンプレックス、自信、プライドの拙いバランス。就職活動で己を>>続きを読む

カーズ(2006年製作の映画)

3.9

初鑑賞。勝利に拘り過ぎる過程でいつしかひとりぼっちになったいたレーシングカーが、いつしか小さな田舎町の仲間との絆に守られ、その大切さに気付いていく。
ピクサーらしい優しさに溢れる物語。

聖の青春(2016年製作の映画)

4.0

早くからその刹那的な生き方を受け入れ、それでも踠き苦しむような若き棋士。鮮やかすぎるその、若くて痛々しい生き様に強く胸を打たれた。
役作りに徹した松山ケンイチ氏の迫力にも、衝撃的な潔さと力強さを感じた
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016年製作の映画)

4.3

シリーズ自体を久々に鑑賞したが、優しくおバカで痛快で、それでもやっぱりロマンティックな魅力を存分に楽しめる、ブリジット・ジョーンズに相応しい結末だった。
パトリック・デンプシーやエマ・トンプソンの参戦
>>続きを読む

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

4.2

テレビドラマっぽいかなという印象で観始めたが、その予想し切れなかった起承転結の効果と、何よりみんなの笑顔の温かさにいつしか強く惹きつけられ、目頭が熱くなった。
「楽しいに変換」して、自分も家族も笑顔に
>>続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015年製作の映画)

4.5

自由な言葉を紡ぐ若き天才作家と、実績ある天才編集者。
情熱的な共同作業を通じ、信頼と友情を育みながら2つの作品を世に送り出す。

やがて、相手の痛みを理解しない粗暴な若さをもつ作家トムに、編集者マック
>>続きを読む

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

3.9

君塚氏の脚本らしく、ワクワクする展開と疾走感、そして魅力的なキャスト陣と細かな笑いの数々。なんだか懐かしく感じた。

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.2

とてもユニークで、なんだか気になるが、少し腑に落ちない点が多い。
アン・ハサウェイ主演への期待は…微妙な満たされ加減だ。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.9

予想&期待した通り、前作より更によかった!ほんとに大好きなシリーズだ。

クイルの生い立ちに秘められた思わぬ難敵のもと、前作からのキャラクターも、新登場のキャラクターも、等しく相変わらずの面白さとかっ
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.9

東映の戦隊モノがとても好きだが、輸出され、英語圏で脈々ともうひとつの歴史を作ってきたパワーレンジャーシリーズは観たことがなく、長編映画化の本作が初めて。

どことなく日本の「恐竜戦隊ジュウレンジャー」
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

4.4

生きるための命綱だった将棋から、心から好きで、そして、心から大切な人々との繋がりを守れる人間としての成長を支えてくれる将棋に。
みんなが戸惑いながら、一歩一歩の成長と、幸せへの一手を探しながら前を向い
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.1

公開にやや先駆け機内鑑賞。
この歴史的ビジネスの始まりを学べる貴重な作品だが、正直気分は良くない…。
マイケル・キートンが、「創業者」兄弟を脅かす野心家のクロック氏を巧みに演じている。
それにしても、
>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

3.9

重松清氏の「ファミレス」が原作と後から知り、正にファミレスがキーとなる舞台設定とエンディングに納得。

「正しさ」のコーティングに「優しさ」を持ち、大らかに方向性を示し、目指し、共に歩むような人間にな
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

4.6

こんなに優しいラストの衝撃が…、としばし茫然自失。

幼い娘の喪失による深い心の傷を抉ると同時に、立ち上がるための光を探すための3つの言葉。
現実を離れんとする共同創立者を引き戻そうとする仲間の下、舞
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

4.0

想像に遠い出来事を、いつしか目の前のリアルに重ね身震いしてしまうような、「まさか」だけれど身近に捉えなければいけないお話。
大好きな深津絵里さん、大地康雄さんらの巧みな演技にそのシリアスさをより高めら
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.8

楽しみにしていたウディ・アレン最新作、想像の世界に等しい1930年代のハリウッドとニューヨークで人々の熱を帯びた、「カフェ・ソサエティ」を垣間見る。

ハリウッドで過熱する「夢は夢」の世界と、ニューヨ
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.9

正直劇場公開時に観なかったことを心から後悔しているほど、シリーズ内の重要なピースとも言える必見のスピンオフだった…。ストーリーはエピソード4のプロローグとも言える部分と事前に知りながらも、とにかくワン>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.7

やっぱり音楽は素晴らしいと、久々のミュージカル映画で改めて実感。ハリウッドの大きな夢と、想像してみるもうひとつの人生と…。その全てとシンクロして、時には心を深く抉りながら、やがてはやっぱり優しさ同士を>>続きを読む

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015年製作の映画)

3.9

隠棲し、静かに老いながら、その記憶の衰退と闘うシャーロック・ホームズ。
「最後の事件」の記憶が蘇る時、そこに自ずと戻ってくる痛み、信頼、そして翻って見る現在の生の意義…。
時代設定、英国郊外の風景、当
>>続きを読む

JOY(2015年製作の映画)

4.1

「世界にひとつのプレイブック」のキャストと製作陣。中心となる人物を突き動かすひとつの大きな動力と、それをやたら自然にハマる演技で魅せるジェニファー・ローレンス。
お掃除モップ発明家の栄光のお話に、そん
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.6

これはよかった^ ^
J. K. ローリングとデイビッド・イェーツの世界観がきちんと継続し、そこにエディ・レッドメイン、コリン・ファレル、更にはサービスのようなジョニー・デップまで。

魔法動物たちの
>>続きを読む

ニュースの真相(2016年製作の映画)

4.1

大統領軍歴詐称疑惑を追ったCBSジャーナリストたちの矜持と驚くべき結末。"TRUTH"は必ずしも行方を見せず、背景を司る政治的力関係と、そこに恣意的に紐付くかのような世論を騒がせる。

報道と権力の闇
>>続きを読む

死にゆく妻との旅路(2010年製作の映画)

3.9

もう、タイトルとイントロですべてが語り尽くされ、残りの時間を、ただこの理不尽なようでいてどこまでも必然的な悲しみの旅路にどっぷりと潜り込むだけだった気がする。
実際にあった愛と悲しみのエピソードなので
>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

4.2

老いや街の変化で、変えなければならないことに目を向けた一組の夫婦。変わらないもの、変わらないで欲しいものに後ろ髪を引かれ、やがてその等身大の今を愛おしみ続けることに決めるような、穏やかな結論。
深い愛
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

4.1

この切り取り方も好きだ。心に根付く確執とその雪解けを象徴するかのように、シーンの大半がメディア発表の舞台裏。その相手は、自分の決定的な弱点と、それと裏表のような凄さを嫌というほど知るキーパーソンたち、>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.1

生きるチカラを取り戻すきっかけは、きっとほんの細やかなことなんだろう。それでもいつでも、きっとそれは誰かの支えなしには成り立たないはず。…このストーリーがどうあろうと、それでもやはりそのことを改めて感>>続きを読む

最後の初恋(2008年製作の映画)

4.1

改めての再鑑賞。少し我が儘任せの大人の恋も、きっかけとなって物語を貫く医療事故のことも、この映画ではとにかくさりげなく、海辺と嵐の幻想的ですらある強烈なベースに刺激される感性が、それらの要素も包括して>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

3.9

改めて観ると、最後までワイルドだ…
前に見た高倉健さんの「新幹線大爆破」もインスピレーションを与えたというエピソードを思い出し、映画におけるプロットとコンセプトの意義と偉大さを感じる。

>|