alecさんの映画レビュー・感想・評価

alec

alec

映画(107)
ドラマ(0)
  • 107Marks
  • 3Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ALONE/アローン(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

予告編を見て、「ザ・ウォール」や「フォーンブース」系の映画だと思って見たけど、最初はそれに近い感じで進むけど、精神的な部分にウェイトが置かれた話になるとは想像外で深い。

君が君で君だ(2018年製作の映画)

5.0

スゴイ、池松や真島に変態純愛青年役やらせる、向井と YOU の関係性・掛け合い、脚本も奇妙奇天烈、何もかもがぶっ飛んでる!#君が君で君だ

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

4.0

ドタバタ喜劇、イタリア人の男の喋り圧が半端なく見てる方まで暑苦しくなる。でもってマサカノ続編に突入、神戸ではいつ上映されるのだろう?

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.0

ウッディアレンは元々コメディ系の映画も撮っていたからか、段々吉本新喜劇かと思えてきた。

男と女、モントーク岬で(2017年製作の映画)

3.0

過去の恋愛を追い求める事に良いことは無い、二人の女性を傷つけてしまった。

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.0

監督の思い入れが強すぎて、3 時間近くの大作だけど逆に纏まりに欠けているのではないか。

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

4.0

何が真実で何がフィクションなのか、ポランスキとアサイヤスに騙される。

スウィンダラーズ(2017年製作の映画)

4.0

詐欺師を騙す詐欺師に観客も騙される、「コンフィデンスマンJP」と共通する面白さ。

マッド・ダディ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ニコラスケイジが「最高に楽しかった」ようなコメントをしていたらしいが、最高なコメディだった 、お気に入りはケイジの親父が襲いにくるところ。

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.0

元々戯曲なのでストーリーは練られていて面白いいとは思うけど、途中からグダグダ家族みたいな感じでうーんと言う感じ。

名もなき野良犬の輪舞(2017年製作の映画)

4.0

韓国フィルムノワールというのか、オトコの世界、容赦なくドンドン殺されていくのが痛快。

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.0

最後の一瞬まで凡作、最後エッと思わせたので、その点が気にかかる。

殺人者の記憶法:新しい記憶(2017年製作の映画)

3.0

これを別映画にして見せることが、、、あまり良いとは思えない、「殺人者の記憶」とのセット割引で観れたから、その点は良かった。

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

4.0

キャラの立て方が斬新、敢えて言えば「メメント」を彷彿させる、韓国映画ならではの粗削りが良い。

リミット・オブ・アサシン(2017年製作の映画)

3.0

評価を 3 にするか 4 にするか悩んだけど、3 で。ストーリーは面白いけど、主人公が改心した部分の描写が甘いかな。

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

4.0

リンクレイター監督だから見たけど、この日本語タイトルはダメだ。アメリカ人の国旗への憧憬が理解できないのは仕方ないけど、この日本語タイトルだと意味合いが違ってくるのではないか。

V.I.P. 修羅の獣たち(2017年製作の映画)

4.0

ライブ感を取り込んだ脚本が凄く練られていて、観ていると頭がヒリヒリしてくる、タランティーノとか好きならオススメ。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2017年製作の映画)

4.0

「月がとても綺麗ですね」、最近別の映画でも聞いた台詞、言葉の美しさ。榮倉奈々も映画自体もチャーミングでした。

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.0

モリーがお客の情報や PC を FBI に渡さなかったのは、彼女のビジネスモラルとして、保身の為に他人を蹴落とす事を選ばなかった、だから映画化もされるんだろう。

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.0

70 年代のイタリアは左翼テロの拠点みたいになっていて、映画にも出ていた「赤い旅団」の社長誘拐とか頻発していたようだから、パウロくんの誘拐もそんな数多ある中に埋もれた話だけど、豪傑なお母さんのオチが、>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

小松菜奈は天使だな、彼女に告白されて振ってしまう大泉洋は、、ありえへん。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

家族が口ではなんやかや言っているけど、みんなレディ・バードを愛してる、思春期だと父親と交わるの嫌だろうし、母親は付かず離れず接して、映画も笑わせる、しんみり泣かせる、良い映画だった。#ladybird

孤狼の血(2018年製作の映画)

5.0

白石監督を「凶悪」以降フォローしているモノとしては「やったな」と歓喜をあげたい、広島弁はカッコ良い。

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

4.0

ポイント鑑賞 現場を離れて幕僚になる人が、愛国心に駆られて現場に戻ろうとする心意気が日本人には理解できない部分だな。

>|