あかりさんの映画レビュー・感想・評価

あかり

あかり

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

3.5

2022年一発目
気軽な映画が観たくて視聴

アクション映画と思いきや話芸を楽しむ映画だった
むしろアクションはしょぼい

飲み会の場で盛り上がったストーリーを映画にした感は否めないけどとても楽しい映
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.9

2021年ラスト映画

芸術と人生、それがどう互いに影響を与えるか
後悔と悲しみと自分を受け入れること
対話すること

徐々に明らかになる各登場人物の内面と、美しいシーンに目が離せない3時間だった

漁港の肉子ちゃん(2021年製作の映画)

3.5

原作はとても良かったんだろうと思いながら所々小ネタのせいで萎える(現実に帰る)シーンが多すぎてなんともだった

大竹しのぶは流石の演技力だったしcocomiがとてもうまくて好きになった

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

4.0

あの変な編集アクションシーン以外はめちゃくちゃ刺さって面白かった

表現とは何か
それを社会において行うとはどういうことか
沢山の人たちが関わって作られる映画というメディアだからこその面白さを改めて直
>>続きを読む

エルフ 〜サンタの国からやってきた〜(2003年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

お父さんがマイケルの訴えを聞いてくれてよかったな

ラストの北極シーンは笑うしかなかったけど
クリスマススピリットが100%になるところは美しくてめちゃ泣いてしまった
メリークリスマス

シングル・オール・ザ・ウェイ(2021年製作の映画)

3.7

王道クリスマスラブロマンス映画
悪い奴がいなくて疲労した脳みそに優しかった

主人公がグダらなければこんなことにはならなかったのではと思いながらも
いや怖いよね一歩踏み出すのは、とちゃんと共感できる構
>>続きを読む

TOVE/トーベ(2020年製作の映画)

3.7

他者からは自由に見えるかもしれないけど
こう生きるしかなかったトーベが傷つきながらも自分の道を突き進んでその結果自分を肯定できたのが嬉しかった
ヴィヴィカの存在が大きすぎる
ムーミンもトーベの排泄のよ
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

4.0

ものすごい瞬間に立ち会ってしまった...

音楽がえぐいくらい良い
マシーンの造形が美しいし
砂が美しいし
演者もめちゃ良いし
画に対する意識が高い

あのポールの見る夢が決まった運命ではなくていろん
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.8

これを撮れるのはほんとすごい
子供の頃に見えていた世界を思い出した

登場人物がみなすこしずつ欠陥があってでも愛があってとてつもなく愛おしかった

不思議惑星キン・ザ・ザ(1986年製作の映画)

3.8

大学生のころからずーっと観たかったキンザザを35mmフィルムで鑑賞した
ストーリーはもちろん理解できなかった

ただ
映像や設定の面白さはもちろん、
人が一生のうちに行ったり経験したりする悪いことと良
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たいと思っていたNetflix制作配信作品

ポンジュノのバランス感覚がエグい

屠殺の現場を見たことはまだないから今後どうなるかは分からないけど、私は今のところ食肉する
私の代わりに屠殺をし
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

4.3

え最高なんだが

作り込み方とそれでいて冷静に引いて笑っている感じのバランス感覚がとても心地よかった

「フィフスエレメント」可愛かった

スイング・ステート(2020年製作の映画)

4.2

めちゃすごい映画だった
大どんでん返し

面白いポイントはこの映画の主眼が、選挙制度の歪みとメディアが煽る分断にあるところ

小さい町を舞台にすることで「世界が100人の村だったら」的な視点を取り入れ
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.6

「まとも」とかマジで意味わかんないよね
とか思いながら
「まともじゃない」と批判されることには非常に臆病な私たちのための映画

数学について語る成田凌が美しすぎて悲しくなった
主人公の洞察力は半端ない
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

失うという変化を受け入れること

失わないためにもがいて
それで取り戻せるものもあれば取り戻せないものもあって
変化を受け入れる主人公の姿が美しかった

本当の聞こえ方かどうかはわからないけど
人工内
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

え3作目にしてめちゃ完成度が高い

お決まりの海外遠征に始まり
新しいクールな仲間
007のルーツチラ見せ
大切な仲間の死
ド派手なアクション

寅さん+アクションみたいな映画が一気にレベルアップした
>>続きを読む

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.7

いいホテルに泊まりたくなる映画

ボンドはもうちょっと生捕にしようとしてもいいのでは&仲間に報告してもいいのでは

組織が複雑すぎてシリーズ2作目にして既に理解が追いついていない...

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

3.8

イケオジがいっぱいで興奮してしまった

ダニエルクレイグめっちゃかっこよくない?

007の過去作が一挙アマプラで配信しはじめたので、ダニエルクレイグ主演のものを最初から観ようと決意し1作目

鍛えた
>>続きを読む

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

期待より全然面白かったし、このジャケット写真素晴らしい

メインの役者3人に平等に感情移入できるこの演出は単純にすごいなと思う

マデリンがポーションを飲む決意をするシーン
手にフォーカスが行くあたり
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.7

ヴィヴィアン・スー很可爱

前作よりは「騙したぜ」感が控えめだけど、大団円で爽快でした

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

4.0

好々爺っぽいお爺さんは普通にお金を稼ぎたい実業家で
些細な人件費削減をしたために裏切られてそれが組織を壊す

「人間怖い」的な怖さが主眼であって恐竜はただ恐竜であるというのはわかるけど
ひたすらに恐竜
>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

3.8

大学時代、農水省でポスターを見かけてからずっと気になっていた映画

自然から恵みを受けて生きているのはみんな同じだけど、一次産業に関わるからこそ見える「神」の姿があって、「人」の姿がある
というのがと
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.4

ピーターラビットがこんな野生動物いたら嫌すぎる代表
でもミスターマクレガーが可愛いのでそこは相殺

感電する人間の描写が良かった

ビアが一番鼻につくキャラクター

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.7

思ったより全然人間ドラマだった

人間だって「心」とかいうけど結局は脳みその電気信号だもんね

魔女がいっぱい(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

まさかの少年、ネズミのまま生きていくエンドで衝撃を受けた

ブルーノの親も毒親すぎない?

世界はすこしずつやさしくなっていると思いきやそんなこともなかった

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

女性が男性には腕力ではかなわない、ということが私にとっては意識が芽生えた時からずっと恐怖だ

だからこそこの物語のラストが私の中では爽快だった
暴力に負けても相手をきちんと法の下に罰することで報復する
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

3.9

Die antwoordが好きでこの映画はずっと観たいと思っていたのでようやく

何が自分を自分たらしめるのか

南アに住んでいた人からさまざまなエピソードを聞いて、私は、南アは命が軽い国だと思ってい
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

結が「いかれたメンバーを紹介するぜ!」でしかなくてめっちゃ笑った
「野球部だ...」というのも同じく北東アジアの国の一員としてあの運動部の謎の耐久性求められる感じがわかるが故に声を出して笑ってしまった
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.7

性格悪くて何が悪い
って思えてめちゃ救いのある映画だった

いやああのバロネスの車の上に乗ったときの衣装最高でしたね

エステラとしてのファッションもクルエラとしてのファッションもバロネスのファッショ
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

主人公がちゃんと殴られたり切りかかられたりすることにダメージを受けていることが非常に「良く」それが故に観ていてうわあ痛そうというのがずっと続く

“Give me the god damn kitty
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.0

エンタメとしての完成度がはちゃめちゃに高い
コメディーとアクションと音楽
うまい具合に組み合わさりすぎ

出所するシーンから「ああもうこれは名作だな」と確信する

そしてブラックミュージックがめちゃか
>>続きを読む

1秒先の彼女(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「自分を愛そう、誰かが愛してくれているから」
と最後出てきたとき
自分を好いてくれている人たちを思ってちょっと泣いてしまった

消えた1日と増えた1日
自分でさえ見たことがなかった自分をあの写真屋さん
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.8

愛することか
愛されることか
そのゴールの違いがあるからこそのすれ違いがたまらなかった

大倉忠義にはもうちょっと厚み(肉体的な)が欲しかったけど
成田凌エロすぎでは?

映画的には成田凌演じるイマガ
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

自助の究極の形!自力救済!笑

主人公たちが陥る、努力ではどうともできない状況がなんともリアルで、それだけに強盗が成功して良かったなと思う

それにしても元義息子がハッパ売ってるとか犯罪が身近すぎるア
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.9

踊りまくりハッピー映画だと信じて疑わず観はじめたら横っ面を張られたような気持ち

ブルックリンのイタリア系コミュニティでもがく若者たちの話

丁寧に切り取られたアネット、フランク、ボビーCといった脇役
>>続きを読む

デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング(2020年製作の映画)

3.9

「デニス・ホー」という1人の香港ポップスターの人生を通じて、自由と民主主義を守ろうとする香港市民の戦いを描いた映画

デニスの生き様の鮮烈さに感銘を受けると同時に
あるべき社会について考えて発信すると
>>続きを読む

>|