オールバック侍さんの映画レビュー・感想・評価

オールバック侍

オールバック侍

基本的に何でも好きなので平均点が高いです

映画(283)
ドラマ(0)

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.2

フェイズ1での作品だったら楽しめたかもしれないけど
インフィニティウォーの後の作品としては物足りなさがあった

立ち上がるところの演出と在りし日のコールソンが見られたのはよかった

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.6

インフィニティ・ウォーとの繋がり方は良かった

もう少し蟻さんを出して欲しかった

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

序盤からクライマックスでテンションが下がる隙が無い

ストレンジの闘う前のルーティーンがクソかっこ良い

サノスのルックスは元から知ってたから頭悪そうで中ボスっぽい雰囲気だなって思ってたけど
情を持ち
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

ワカンダの設定がロマンがあった

ブラックパンサーもカッコよかったが
オコエの戦闘シーンの方がカッコよかった

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.9

バランスの良い作品だった
ストーリーも説明が少なく簡潔で見やすかった
バトルシーンはハルク対ソーからドッグファイトまで見所が多かった
新しく登場したキャラクター達はガーディアンズっぽくて今回はギャグが
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.7

サム・ライミ版が自分の中のスパイダーマン像だったから凄い明るい世界観でちょっとびっくりした

テンポが良く相棒のデブもいいキャラだったので楽しんで見れた

スタークを見て育った世代のヒーローって感じで
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.8

ヨンドゥがカッコよすぎるMCUのキャラクターで一番好き
今回の主役は間違いなくヨンドゥとアライグマだった

戦闘シーンもドラマもこの2人が良すぎて他の見所が霞んだ

全体的にキャラクターの魅力が深堀さ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.7

映像がかなりインセプションっぽかった

ここに来てこんなに強烈な世界観を更に投入してくるとは思わなかった
今までのMCUの世界観ではソー寄りだったけど、ソー以上に他アベンジャーズ作品との整合性を感じな
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.0

こいつら仲間内でごたつき過ぎだろ…

ヒーロー同士の戦闘シーンは物凄く興奮した
ただ、なんでその陣営に着いたのかイマイチ分からないヒーローが何人かいた
尺の都合があるのは分かるけどもう少しそこら辺を描
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.7

アリを使った演出が良かった

小さくなる技術よりアリを操る技術の方が気になった

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.5

全てカッコ良すぎた
アクション、メカニック、SF要素、キャラクター全部かっこよかった
特にファルコンがカッコいい

アナログ技術を力技で超技術にしてるとこもカッコいい

アベンジャーズの時は銃持ってる
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.8

めちゃくちゃ続きが気になる終わり方

前半はアズガルドばっかりだったけど終盤では地球人とソーのシュールな絡みが見れてよかった

ロキが凄いいいキャラしてる

アイアンマン3(2013年製作の映画)

4.1

スーツ着脱する戦い方カッコよすぎる

ただ展開が少し早かったエクストリミスとかはもう少し解説欲しかった

三部作を通してスタークがアイアンマンというヒーローに至るオリジンが描かれているように感じた
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.4

ソー見てないとアベンジャーズの世界観わからんな

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.5

バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!

バーフバリ 伝説誕生<完全版>(2017年製作の映画)

4.0

2作目を前提とした作りになってるので、今作では世界観や登場人物の説明が重になるものの、非常に楽しめた

インド映画のダンスシーンを初めて見たが、歌がちゃんとそれぞれのシーンの説明や、キャラクターの心理
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.1

立川シネマシティの極爆で鑑賞したせいで、めちゃくちゃ怖かった
今まで見たスリラーで1番怖かったかもしれない

怖がらせ方としては、突然モンスターが襲ってくるビックリ系のスリラーホラーだが、ビックリの恐
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.2

アクションシーンが良かった
キャラクターも皆一癖あってよかった
ヨンドゥが一番好き
展開が早く飽きないところは良いが
そのせいで少しキャラクターに感情移入しづらかった

ハンナ・アーレント(2012年製作の映画)

3.9

アイヒマン裁判を傍聴して、アイヒマンについての記事を書いたハンナ・アーレントが、その記事の中で大衆の期待に反してアイヒマンを極悪人として分析しなかった事に対して、世論が牙をむく、事実を元にした映画。>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.6

良い意味でオタクのための作品だと思う

ストーリー的にはバーチャルとリアルの落とし所とか疑問に思う点は多かったけど
ガンダムのシーンが日本版の予告の50倍くらいかっこよかったのが何より良かった

最終
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

4.0

期待してた謎は何一つ解明されなかったけど
見ててめちゃくちゃワクワクした

イカリエ-XB1(1963年製作の映画)

3.5

現代のsfでの宇宙や宇宙技術へのイメージの原点を見た

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

4.3

思ったよりドンパチしてなくて意外だった
立川のシネマシティの極音で鑑賞
爆撃音が腹の底まで響いてきて最高だった

鑑賞後は町山智浩の解説を聞いた
製作時の話などを聞くと当初の構想と大きく違っていたり、
>>続きを読む

サンタ・サングレ/聖なる血(1989年製作の映画)

3.6

一言で言えは親離れの話
後半から面白くなった
二人羽織的な演技はほんとに面白かった

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

4.2

画的に面白いものが多すぎた。
エル・トポで東洋思想を用いながら西洋批判を行ったのに対し、こちらは表面的に東洋思想を取り入れるだけでは、西洋の思考様式からは根本的には抜け出せないという事を描いていたよう
>>続きを読む

エル・トポ(1969年製作の映画)

3.8

かなり抽象的でわからない部分も多かったが前半は現代の支配的なキリスト教への批判を東洋思想を交えて行い、
後半は古代の貧するものに手を差し伸べるというキリスト教の本質を主人公を通して体現したような内容な
>>続きを読む

我は神なり(2013年製作の映画)

4.6

全編通して胸糞悪い

とても出来のいい作品だった
信じる人間、信じたい人間、信じさせたい人間それぞれの心理をしっかりと物語の中で描写していた

どのように宗教が必要とされるかがわかりやすく描かれてい
>>続きを読む

>|