会長さんの映画レビュー・感想・評価

会長

会長

このやりすぎなぐらい鍛え上げた時のクリス・エヴァンスすこ。

映画(111)
ドラマ(0)

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

特殊な能力を持った奴らが結託して闘えばそりゃもう必然的にカッコよくなるわけだ。
ただ、演出面でのカッコよさに欠けるというか、痺れるようなインパクトが無かったかなと思った。
仲間を集める→敵を倒すを一気
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.3

人生を変えうる力を持つ名作だと感じた。

「お前らは歌って踊るだけのこの世のクズだ」

右にならえが染み付いた日本人はこれを観て今の生活と向き合うのだ!(かと言ってタバコ酒薬女爆破をやれというわけでは
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

1.5

大野君を好きなら観ればいい。
そうじゃないなら観なくていい。

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

3.2

内容ほぼ無しの寒い演出多めアクション。

アナ・ケンドリックが可愛いというただそれだけのために観る価値はあるが、映画館で観るのではなく家でたまたま付けたテレビでやってるのを観るのがベストだと思った。
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.8

カッコイイ役者達がひたすらドンパチして罵声を浴びせ合う作品。

来るぞ…来るぞ…というドンパチ開始の緊張感を演出するのがとてもうまいと思った。

ハードコア(2015年製作の映画)

3.7

ストーリーがほぼ無いひたすらドンパチの作品。

グロ描写多めなのできついどころか無理な人もいるだろうなと思った。

fpsゲームが好きな人なら観て損ないと思う。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

宗教学的な話が多めだから万人にはオススメできないけど、個人的には刺さった作品。

親も子も各々大変なんだなー。

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ(2017年製作の映画)

3.5

ひろしとみさえが露骨なまでに子を庇う演出はクサいながらもグッときてしまう。

懐古補正があるからか、やはり昔のしんちゃんよりおもしろくないなーと思ってしまった。

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.6

実話ということで内容に不満は無い。
けど終始退屈だった印象。
爆発のシーンは映像的に素晴らしかったけど、107分もいるかなーと思った。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.7

あ、これで終わり!?と思わず周りを見渡してしまった。

原作が大人気漫画ということでストーリーは良かったのだが、無駄なカット多めな上にまた続編を出しそうな出さなそうなという変な終わり方に違和感を覚えた
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.6

自分が若すぎるからか、内容がかなり難しく感じた。

LGBTや人種差別、家庭問題、いじめ、薬、暴力、あらゆる訴えがあり多くを考えさせられたが、突き詰めると純粋なラブストーリー。

アカデミー賞作品賞受
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.8

登場人物ハゲorマッチョ率高めのゴリゴリ爆発アクションの第8作目。

安定のカッコよすぎ演出にワクワクが止まらなかった。

ネタバレになるから言えないけど、シリーズファンに向けたギミックがイイね!!
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.7

久々に出会った、心を突き動かされる作品。

アカデミー賞脚本賞&主演男優賞受賞ということで、賞を取りうる作品というのに納得がいった。

まずキャストが素晴らしい。
ケイシー・アフレックの繊細な芝居はリ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

ディズニー作品が故にクオリティーは保証されているが、きっと原作を知っていたらもっと楽しめるんだろうなと思った。

あまりツッコムべきではないのかもしれないが、シナリオの説明不足感が否めなかった(冒頭で
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.7

ジェームズ・マカヴォイの1人多役はさすがと言わざるを得ない。
この人はもっと大きく評価されてもいいと思う役者の1人。

同監督作品のアンブレイカブルを観てからの方がより楽しめると思った。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.8

MCU作品ということでお金がかかった安定の素晴らしいクオリティー。

ただ、前作同様下ネタジョークやギャグ多めが故につまらないという事は絶対無い反面、常にコメディ色が強くてシリアスなシーンとのメリハリ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

2.0

「旬のイケメン俳優達を見る映画」という認識がありつつそれを加味してもなぜここまで評価が高いのか疑問しか浮かばない。

中高生の女の子にのみ層を絞って作られた作品…だよね…?そうであってほしい。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.2

主人公の子がとにかく可愛い。

ギャグとシリアスのメリハリがちゃんとしてて良かった。

えっちぃ要素結構多めだけど、老若男女誰しもにオススメしたい作品だと思った。

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.6

ヒットメーカー神木隆之介君、らしさ全開で配役ド刺さりしてたと思う。

あと有村架純エロかった。

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.5

設定はすごく好きだしマットデイモンすごくカッコよかったけど、なんかいまいち印象に残らない作品。

敵の化け物の種類が少なすぎると思った。基本的に一番下っ端の化け物との戦闘しかないからもうちょい中ボスみ
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0

「私は映画を観てる!!!」と、強く思った作品。

ストーリーはほぼ無いに等しいけども、デカくてカッチョいい怪獣が戦ってるというただそれだけで熱い。
女性受けはしなさそうだけども。

途中、コングとサミ
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.4

実話に基づいているが故に内容は申し分無かったのだけれども、演出が良くないと思った。

オチに持っていくために無理やり時間を引き伸ばしている感じが否めなかった。

ラストの募金うんぬんのくだりもいらない
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.9

意図的なんだろうけど、終始ゴチャっとしてたのが気になった。お祭り感を出したかったのならまあ別にいいんだけども、人によってはタルくて見てられないかも。

ただ、ラストでこの作品が伝えたかった事がしっかり
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.6

前評判がさほど良くない中大して期待せず観たからか、意外と楽しめた。
映像が綺麗だしカメラワークが個人的に好きだった。

ただ、たけしはあれたけしである必要無いと思った。だってただのたけしだったもんね。
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.2

大した期待もせずに観たけど、かなり面白かった。

ディズニーが故に無駄なハラハラがなくただただ純粋に楽しめた。

モアナが可愛すぎる。

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

2.0

昨今のアニメ映画ブームに乗っかろうとして見事に失敗した作品。
大学生が作ったんですか?これ。

君の名はやら時かけやらサマーウォーズやら鉄コン筋クリートやらパプリカやらの成功したアニメ映画の成分を抽出
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.8

個人的にちょっと難しい内容だなと思った。
好き嫌いがわかれる作品だと思う。
内容を完全に理解すれば、とっても素敵な作品になること請け合いである。

ただ、邦題が気に食わん。
原題が「Demolitio
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.6

映画館のマイレージ稼ぎのために大して期待せず観たけど、結構おもしろかった。

かつて酷い芝居で名を馳せていたあの広瀬すずが、歳を追うごとに成長していってる様を痛感できた。
そして、天海祐希、さすが名女
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.6

ウィル・スミスはゴリゴリのアクションでもカッコイイけど、やっぱりこういう静かな役の方が好きだ。

内容が比較的難しめ?なせいか途中よくわからなくなるかもしれないけど、最後にあーそういうことかってなるか
>>続きを読む

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

3.7

過去2作を観ずに「まあヴィン・ディーゼルのいつものやつでしょ」程度の軽い気持ちで観たが、最高に熱い作品だった。
みんな言ってるけど、ドニー・イェンのアクションがかっこよすぎる。

ヴィン・ディーゼルの
>>続きを読む

アサシン クリード(2016年製作の映画)

2.7

アサシン特有の型が映えるアクションシーンはスタイリッシュでかっこよかった。

大して厚くない内容なのに続編をにおわせる終わり方で、観終わった後「???」となった。

ゲーム原作の実写化としてはまあこん
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.9

前評判がとても良く過大なワクワクと共に観に行ったが、えげつないぐらいにいとも容易く期待を超えてきた。

予告で散々観たあのシーンやらあのシーンが実はこういう意味だったのか…と随所で驚かされた。

歌や
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.2

パッと見サエないボーイズが織り成すジュブナイル劇。
日を追うごとにルックスに箔がついていく様がカッコよかった。

観終わった後、無性に家族や友達に会いたくなった。

「今でなければいつ行く?」

若き
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.5

あまりの衝動に、観終わった後、行動する事も思考する事もできなかった。
打ち震わされた魂を止めるのに大層な時間を要した。

ジャズをテーマにした、狂気の作品。
個人的に、万人にオススメしたい。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.0


戦闘シーンやら敵の立ち回りが舞台芝居っぽいというか茶番臭さ溢れてて、良くも悪くもTheいつものティムバートン作品って感じ。

子供向けかと思いきやグロテスクなシーン多めが故にどこの層をターゲットにし
>>続きを読む

>|