真夜中さんの映画レビュー・感想・評価

真夜中

真夜中

映画(1654)
ドラマ(0)

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

相変わらずボコボコにされ、車に撥ねられる(良い意味で)隙のある殺し屋ジョン・ウィックや、ハンパないディテールの作り込みに心くすぐられっぱなしでした。
殺し屋御用達のコンチネンタルホテルや謎の通貨などに
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

無駄を削ぎ落とした一級のガンアクションでした。どことなくニコラス・ウィンディング・レフンの影響が感じられます。
「俺の車と犬をよくもー!」といって仇を討つだけの単純明快なストーリーなんだけど、キアヌ演
>>続きを読む

ウォーリアー(2011年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

主軸となる兄弟とその父親のみならず、周囲の人々にまで視線を配り、丁寧に描いているので彼らの視線がひとつに注がれるクライマックスの盛り上がりがとにかく半端ない。
絶対に負けることのできない熱き魂のぶつか
>>続きを読む

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

痛烈な社会批判を展開するブラックコメディの体裁を取りつつ、「家族とは何か」という普遍的なテーマに着地させた逸品。
スパイとして潜入した偽家族が本当に切ない。
言い争いが絶えない傍迷惑な敵国の隣家族に逆
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

こんなに笑えて切ないキスってある?

ウィズネイルと僕(1988年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

開始5分で「あ、この映画好き」って確信できました。
主人公二人の佇まいやウィットに富んだ会話と音楽がとにかく秀逸。
ルックとしては凄くお洒落なんだけど、描かれているのはちょっとほろ苦い青春の終わり。
>>続きを読む

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

これまでどんなことにも動じなかった、あの丑嶋社長の心が揺れる瞬間が衝撃的だった。
だからといって情には流されず、あくまで己の信念を貫き通す姿がかっこいい。

みんなそれぞれの想いがあり、それをずっと引
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ネットワークビジネスのからくりやそれに嵌まってしまう人間の心理や行動がとても解りやすく描かれていて、それがとても興味深かった。

今回は本業俳優じゃない、アイドルやタレントの起用が目立ったのがちょっと
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

欲望や虚栄が剥き出しになった人間の滑稽さと悲哀を感じました。
清く正しく平穏に生きている私には、到底うかがい知れない世界なので
その人間模様をとても興味深く堪能できました。
ああやって人は堕ちてゆくん
>>続きを読む

色あせてカラフル(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

過去の自分との付き合い方。
なんだか自分と重ね合わさるようなところが多くてカナミに感情移入しまくりでした。

過去は過去。決して消えることはない。
だから過去と向き合うことも大切だけど、前を向いていま
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

いままで観た映画の中で一番好きかも。

ドッグ・ソルジャー(2002年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

登場人物のキャラの良さ(K・マクキッドの熱さとS・パートウィー演じる軍曹の漢っぷり)、
ユーモアに富んだセリフ、無駄の無い展開や徹底した危機とそれに立ち向かう軍人という構図、
伏線の回収(狼男にまつわ
>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

早いカット割とかスピード感のあるカメラワークとかオシャレな音楽の使い方とか所謂「スタイリッシュな演出」というのはこの映画(や「トレインスポッティング」)がはしりだと思う。
その後に出てきたフォロワー的
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

傑作。
それまで空虚な生活をおくってきた人間が、自身の存在価値を見出したときに時として陥る闇。
歪んだ野心と捻じれたハングリー精神が彼を蝕んでゆく。
誰よりも早く現場に到着し、誰よりもリアルな映像撮る
>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

実話ベースの映画で「主人公が助かるのがわかってるから緊迫感がないんだよね~」などという、頭を抱えたくなるような評を見かけますが、それは全くの的外れだということを改めて感じました。 重要なのは「誰が生き>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

必要最低限の登場人物とミニマルな展開で期待以上に楽しませてくれる傑作でした。
自分のアイデンティティーをめぐるSF作品という意味では前作「月に囚われた~」に通じるものがあり、手塚治虫や藤子不二雄を思わ
>>続きを読む

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

予備知識なしで観たのが大正解でした。ミステリアスな中にも切なさをたたえた素晴らしいストーリー、サム・ロックウェルの名演技、そして音楽。すべてがひとつに集約されシンプルながら奥深い作品として昇華していま>>続きを読む

ファニーゲーム U.S.A.(2007年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

内容的には9割方オリジナルと一緒。一番の違いはもちろんキャストなんですがティム・ロスとナオミ・ワッツというスターを起用したことで画面が映え、映像的に華やかになりました。ナオミ・ワッツが下着姿で傷め付け>>続きを読む

ロリータ(1997年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「小悪魔みたいな女の子に振り回されたい」という願望のある男性には共感できる作品ではないでしょうか。ハンバートを手玉に取るロリータ、彼女に振り回されやがて自滅に至るハンバートやキルティをジェレミー・アイ>>続きを読む

ミネハハ 秘密の森の少女たち(2005年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

「エコール」が敢えて謎にしていた部分を思いっきり俗っぽく描いてしまってます。とにかく展開が雑。トウシューズが血に染まってゆくオープニングタイトルは良かった。

17歳の夏(2005年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

夏場のキャンプ場を舞台とした思春期の少女と妻子いる中年男の切ない恋。
演出もストーリーも非常にベタだけど、
ドニ・ラヴァンの枯れ具合がなかなか良い感じで、人生に疲れ、親子ほどに歳の離れた少女に自分の生
>>続きを読む

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編(2008年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

Part1に比べると若干テンポが悪。Part1における「成り上がり物語」的な求心力のある軸がなくなってしまった分、脱獄やメスリーヌが踏んだヤマを描くしかなくストーリー性に欠けている。Part1のオープ>>続きを読む

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

純粋な伝記映画にせず、金と女と弾丸にまみれた伝説の犯罪者というキャラを前面に押し出したエンターテインメント性のある犯罪映画に仕上がっているのが自分好みでした。テンポの良さと様々なテクを駆使しつつタイト>>続きを読む

トゥモロー・ワールド(2006年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

重い映画なので体調を整えて腰を据えて観るべき。SF的な設定にもかかわらずテオドアの視点のみに絞ったことで世界観にもリアリティ・臨場感を感じさせ、全編テオドアと行動をともにしているような錯覚を受ける。途>>続きを読む

アンストッパブル(2010年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

あのデブ職員は転職先でもやらかすに違いない

ロフト.(2008年製作の映画)

2.5

共同でヤリ部屋を借りた男どもの狼狽を眺めるだけ。

アイアンマン2(2010年製作の映画)

2.3

ミッキー・ロークがチマチマPCのキー叩いてるところなんて観たくない。

CARGO カーゴ(2009年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

スイス産SF映画ということで珍しさにひかれて鑑賞しましたが、非常に地味。設定や演出も古臭いうえ、終始淡々とした展開で事が進むので緊張感などあるはずもなく何度も寝落ちしそうになった。 こういう宇宙ものは>>続きを読む

>|