水辺の君にさんの映画レビュー・感想・評価

水辺の君に

水辺の君に

201708から新しいログとして始めました。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

-

待ってましたのチャプター2ソフト化!!そして期待通りの面白さ!ジョンの無双だけじゃなく裏の世界で有名すぎる殺し屋っていうww1から一気にスケールアップして、犬殺されるから自宅全焼に動機もスケールアップ>>続きを読む

アリーキャット(2016年製作の映画)

-

窪塚がこーゆー主人公を真正面から演じることが珍しかったので新鮮。いつもやパプリックイメージ的にはkjが演じたリリー的な役回りが多かったわけで。
内容も嫌いじゃなかったんですけど、無駄に長いですよね2時
>>続きを読む

湿地(2006年製作の映画)

-

北欧ミステリー実写化あるあるな寒々しい空気感は期待度上げますが、内容は地味でイマイチな…。時間軸のシークエンスも最初わかりづらいですし。
原作を読むと面白いんでしょうけど、この映像化は本国ではどーなん
>>続きを読む

アメリカン・バーニング(2016年製作の映画)

-

いやー、、この地味さが良いというか。最近のユアンはこーゆー作風に出演し続けてるイメージ。
アメリカの一般的家庭がどーかは知りませんけど、アメリカ的家族が崩壊していく様っていうのはもうグッとくる面ありま
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

-

最近こーゆーSF作が増えてるのは名作大作の続編やそこそこ当たる作品達があるせいで、泥鰌狙いなんですかね??
今作もありきたりの感じで特に…。そもそも内容知らずにレンタル鑑賞してる時点でお察し。せっかく
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

いやー、面白かった!!新年1発目がこれで良かった!っていうレベルのはちゃめちゃさ。続編というしがらみを前作の成功によるビッグバジェトによって良い意味で破壊して自由奔放にやりつつ、英国伝統=キングスマン>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

-

原作既読。予想以上に面白かったです!吉田監督の成功後だから成立したバジェットって気がしますし、それがちゃんと効果的に機能してますよねー。リアリティの上手い表現の仕方もそうだし、大杉家みんなが抱えてる閉>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

徹底したシンプルさというかミニマリズムというか…。ドラマやキャラ性をあえて剥奪しただの人間として描写させることで当時のダンケルクの時間軸をそのまま切り取ったかのよーな作品に。それが面白いかどーか、好き>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

-

ジェンダーと偏見の話に子供の成長絡めてるのわかるし、グッとくる内容なのもわかるんですけど、なんかこうイマイチのりきれないのは何なんですかね??うーん。男の子の自殺未遂ももっとの深刻なことだし、そーゆー>>続きを読む

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

-

虹郎はどーでもいいんですけど綾野剛で鑑賞。そして体重変化も含めた役への没頭ぶり、さすが俺の綾野剛。自堕落な自分から目が覚めてく過程を表現するのに肉体変化は必須条件ですけど、そこだけじゃない演技力で魅せ>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

-

実話っていう凄まじさもさることながら、この規模を映画にできるバジェットのスケールがハンパない!そしてこーゆーの、マーク・ウォールバーグ出演ってだけで安易に信用してしまうくらいにこーゆー災害系似合うわ…>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

-

原作既読。公開前からミソついてましたけど満を持しての実写化。結局実写の際の落としどころとしてどこを選ぶか?ってことだと思うんですけど、原作の初期テーマでもある相反する倫理観(世界)ってところはホント上>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

-

ダークユニバースが何か知りませんけど、有名俳優キャスティングしてやってる以外は何ら取り立てて特徴もないアクションホラーというか。序盤の全く無双しないトムに物足りなさしかなかったですし。まぁラストは強く>>続きを読む

結婚(2017年製作の映画)

-

ブレイク後にどんな作品に出るかってのが結構重要で。で、ディーンが次に選んだのがこれか…ってなると微妙ですよね。
エンタメ的にも文学的内向感にもどちらにも属さず独特ではあるんですねど、そもそも私もみんな
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

-

原作既読。やっと鑑賞。実写アレンジの良さもさることながらやっぱりキャスティングの妙ですね!上手くハマってるのが凄いし、93年組の最高のメンツ!その揃いに違和感なく溶け込む千葉きゅんw今この時代にこの作>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

-

やっと鑑賞。ビフォアーWWってことで前日譚なんですが、世間知らずとか無垢さとかそーゆーのは確かに良かったですねー。で、クリス・パインのおかげで人間共を信じてくれるよーになったっていう動機もドラマティッ>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

-

予告で凄い期待してたんですけど、そこまで…って感じ。シチュエーションは好みなのにシナリオが…。オチも弱いし。てか、作戦たてなさすぎだし、みんな銃弾あたらなすぎだし、そのわりには被弾してもなんかかすり傷>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

-

待ってましたのJL!面白かった。しかしまさかのスーパーマン復活とか!これはしびれましたねー!!彼を失った地球をどう守るかってことでベンアフバットマンがジャスティスリーグ結成のため仲間集めるっていう始ま>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

-

というわけでザム3なんですが、ザム2からの期待値高かった分、物足りなさは否めませんでしたねー。2時間で一応のケリつけようと思ったらあれでも何とかまとめた方かなー…。個々の見せ場的アクションシーンが少な>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

-

評判通りというか物足りないというかとにかくガフッとくる内容。
当たり前のよーに心の喪失と時間の概念はそう簡単に快復できないし、なんなら快復することなんてないのかもしれない。そこで強く前を向いて生きてい
>>続きを読む

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

-

予告編で気になってたので鑑賞。シリアルキラー対ソシオパスかと思いきや、まさかの宇宙人?謎の生命体?とのやりとりだったとはw
しかし、ソシオパスっていうより思春期の厨二感ってレベルの主人公。友達の親やセ
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

-

予想も期待も越えて面白かったです。勿論事実なのでそんな簡単ではないんですけど。
序盤はマーク・ウォールバーグが演る必要ないって思いながら観てましたけど途中から彼でよかったと思う仕上がり。とにかくド派手
>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

-

待ちに待った鑑賞。確かにありきたりな設定かもしれませんけど、画と演者の説得力の強さもさることながら、やっぱり家族に恵まれなかった子供達が大人になって家族を持ちそれぞれ自分の家族を守ろうと生きている姿を>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

-

というわけで3作目。ハルクはわかってましたけどすっかりストレンジのこと忘れてたので、カンバーバッチ観れて何かよかったww
で、相変わらずの家族・親子の話なわけですが、今までで1番シナリオ良かったですね
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

-

やっと鑑賞。オールドマン・ローガンが原案なんでこーゆー流れはわかってましたけど、想像以上に西部劇、親子、世代交代、老い朽ちはてていく命etcが丁寧に描かれてましたねー。アクションの緩急も良かったし落ち>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

-

この内容はじっくり1クール使ってやれるテーマだし、その方が色々深まってより良くなりそうなんですけど、それやると話進まないってことで打ち切られることが目に見えてるわけで。でも2時間に収めるにはなかなか難>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

-

なんなんですかね、アメリカで実話だともうちょっと空気感違うと思うんですけど日本のこーゆー実話モノはトーンか大体同じなんですよね。
で、キャストが豪華でもまぁそこが変わらなかったそんなもんというか。あり
>>続きを読む

リベンジ・リスト(2016年製作の映画)

-

結局、96時間以降のアクションメソッドである「家族の救出or復習」っていう掟を色々捏ねくり回しつつ演者を変えてやってるパターンを踏襲してるのはしょうがないのかも。それをトラボルタが演るならどーするか?>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

-

深夜放送にて鑑賞。
子供の頃以来で何となくしか覚えていなかったんですけどこれ、今観たら先行きすぎてますね!電気羊〜知らなくても分かる内容ではあるんですけど、やっぱりあの世界観ありきでこの実写を当時やっ
>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

-

どこまで実話ベースなのかわかりませんけどとにかく、まさかの桃李メインのストーリーとは!観るまでは圧倒的に菅田将暉メインの話かと思いきや、前半全てでほぼほぼ桃李メインで挫折まで描くのが客観性というか持た>>続きを読む

サクラダリセット 後篇(2017年製作の映画)

-

というわけで後編。原作未読。結局世界観じゃなくてストーリーがクローズドワールドすぎて知らんがな!っていうことしか出てこないんですよねー。原作好きの人にはこの実写どー写ってるんでしょうか?そして野村周平>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

-

久々にシャマラン作でアタリですね!面白かったです。勿論ジェームス・マカヴォイの演じ分けの凄まじさもすごいですよね。そしてまさかのダン登場でアンブレイカブルと繋がってたなんて!!あの花束でビックリしまし>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

-

待ってましたのソフト化!そして相変わらずのバカ内容で面白かったです!!
ホント、ネタ出しで言葉や文字にしたらふざけてんのかってことを真面目に実写化することで問答無用にカッコよく仕上げてるのが最高ですよ
>>続きを読む

ブラッド・ファーザー(2016年製作の映画)

-

昨今の96時間以降の「娘を救う父親シリーズ」っていうテンプレに習った作品。ただ違いといえば無双しない点とメルギブソンが過去を後悔するダメ親父っぷりがよかったですね。そこは予告編通りの期待に応えてくれて>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

-

て、引き続き復習として再鑑賞。これはもう続編として成立させるための内容なのでそれ以上ではないんだけど、やっぱり西田敏行ヤバイし何よりあのシーンを1人で演じる松村邦洋を思い出して観ながら笑っちゃいました>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

-

最終章にむけて復習として再鑑賞。
全てはここから始まった!やっぱ殺し方もこだわってるし何よりエンタメを意識した監督作ってだけで面白い。今ここまで評判良くなるとは思ってなかったけど当時はw

>|