amandapandaさんの映画レビュー・感想・評価

amandapanda

amandapanda

基本的に映画館で観たものだけレポ。洋画メイン。星は甘め。3.4以下はお気に召してないものが多い。過去に観たものは気が向いたらレポするかも。
※諸事情あって2015/6/22に再出発

映画(450)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

モーリス(1987年製作の映画)

3.7

久しぶりの鑑賞。4Kは美しく、陰影が良い。
が、私はアナザーカントリー派。
こちらは恋愛、アナカンは友情、とメインに描いているものが違うから、一概に◯◯派とは言えないけれど、公開当時この2作品はよく比
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.6

うーん。マーゴット・ロビーだとイメージが違う。役としてはハマってるけど、実物のトーニャは小柄で可愛らしい顔立ちで、なのにとても運動能力が高くて、スピッツとかみたいな雰囲気だった。(黙ってれば可愛いけど>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.6

アクションは凄い。
冒頭の私視点アクションは『ハードコア』、ストーリーの大部分は『ニキータ』、と美味しいところを使ってる感が強くて、もやもやしてしまう。ロングドレスでスナイパーはMI:RNでもほぼ似た
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.9

サスペンスとしてものすごく巧いと思う。油断してみてるとついていけなくなるかも。
しかし主役のソル・ギョング、たぶん初めて観たけど、本当に上手い!

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.5

レスリングは五輪の時くらいしか見ないけど、結構好きなので観た。
しかしもやもや。
後ろの席のおじさんはかなり泣いてたけど、女性はもやもやする仲間が結構いそう。

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

4.0

『タクシー運転手』とこちらを見ると、民主主義への力強い意識を感じる。そうだよなぁ。
ドイツでの排斥運動を見ると悲しくなるけれど、カウンターグループ内に当たり前だけどドイツ人もいる。その事に有り難さを感
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.3

オリジナルの『白い肌の異常な夜』と『ピクニックアットハンギングロック』の融合を期待していったら、スカを食らったような……
キャストも衣装も美しいのだけど、いかんせん話が薄味になりすぎて。

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ノオミ姉さんが相変わらず強い。
キャスティングで黒幕がわかってしまうのがもったいない。JさんとMさん、どちらが悪役でもおかしくないキャスティングなのに、途中でいなくなったら、そっちが悪役だなってなって
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.6

吹き替えが好きではないので、インターナショナル版で。染谷さんも阿部さんもいい感じの中国語だったと思う。中国語話者ではないからあくまで私の耳頼りだけど、他の出演者と比較してボビーオロゴンやアグネスチャン>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

3.9

非常に寒々しい。
しかし画面が力強く、ハッとする。
ラブレスというか、自分しか愛してない人達でなんとも言えない。
そんな中、ボランティアの捜索隊の無私の献身が唯一の救い救いになる。

母親の慟哭も一時
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.8

線画アニメとナレーションで始まるのとか、うまく行かないかと思いきや、こなれている。

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.7

生の煌めきなんて綺麗な言葉ではくくれない。かといって激しく闘うというのもありきたりになってしまう。パターン化されないそれぞれの人生、ということを考える。
ぜひAIDS(フランス語ではSIDA)と製薬会
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.9

主人公のカティヤと法廷の外で話をする息子を失った父親との会話、あそこで泣けてしまった。立場は違えど、家族をなくした者の寄り添い方。
そしてカティヤの実の母親による逆撫でするような物言いにより、口論に発
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.9

ヒューマントラストシネマ有楽町での試写会に当選して幸運にも劇場で観られた。
全米で公開中止、と言われていたが、日本人からみたらそこまでショッキングではない。たぶん。
ぼんくらな私が観ても分かるキリスト
>>続きを読む

>|