しょーごさんの映画レビュー・感想・評価

しょーご

しょーご

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.7

とにかくかわいい夫婦の話。
コメディ超で見やすいし、結婚について考えさせられるバランスの良いお話。

【2021/04/27】

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.6

不器用で歪な関係の登場人物たちが素敵だった。

書きたいことたくさんあるけどまとまらないので少しずつ書き足していく

【2021/04/27】

小さいおうち(2013年製作の映画)

3.6

こういう映画は甲乙つけがたい。
演技や雰囲気、音楽はすごく好きだった。
ストーリーは少しありふれてたかも。。

出てる人たち豪華


【2021/04/17-2021/04/18】

怒り(2016年製作の映画)

4.3

2時間怖くて、5分悲しくて5分感動する映画だった。

怖すぎて1人で見れなくて、電車の中で見たり、リビングで見たりして頑張ってみた。

怖さが凄すぎてこわいこわいっていうレビューになってるけど、内容め
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

4.4

良き映画だった。
ややこしいルール説明もきちんと順を追って説明していたからわかりやすかったし、何よりストーリーがとてもよかった。
久しぶりに良い邦画に出会った!


学校始まると映画めっちゃ進むな
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

4.0

元彼の働く理髪店に元カノが来店し、14年ぶりの再会を果たす話。

2人ともすごく不器用!でもそれが最高だった。

【2021/04/07】

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.8

人生の大きな選択をやり直す映画。
幸せって人それぞれだし、選択するものによって人生は大きく変わる。
超感動したし、大好きで大切な映画の一つになった。

【2021/3/28〜3/30】

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.2

久しぶりの映画鑑賞
外れたくなかったので、レビューを見て決定した。

吃音を持つ国王が国民の前で立派なスピーチができるようになる、実話をもとにした話。

問題を改善するには、きちんと現状に向き合うこと
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.4

変わっていくことと、変わらないものを時間と2人の関係性から読み取れる映画だった。
小さな描写から愛おしくて、些細な表現が素敵だった。
2人はそれぞれ変わっていき、新たな社会にそれぞれ適応していくんだと
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

思ってたものとは少し違ったけど、これはこれで面白かったかも。

【2021/02/02】

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.7

現在も未解決の事件を事実に基づいて映像化した作品。
終始緊張感が走っている映画だった。噂には聞いたことがある事件だったため視聴することにした。

ひとりの犯人を追うために何人もの記者や捜査官が人生をか
>>続きを読む

デンジャー・ゾーン(2021年製作の映画)

3.3

AIの上官とその部下が世界を救うために闘う話。
設定とアクションは面白かったし、コンゴAIが発展していけばドローンやロボット兵士はこんな感じになっていくんだ、と想像を描き立たせてくる映画だった。ただ、
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.8

ウディ・アレンと俳優陣に惹かれ視聴。
NYで恋人がすれ違いあい、様々な人に出会っていくお話。
様々な人と出会っていく中で登場人物の心情やNYのきらびやかさは上手く表現されていたと思う。
新年一発目の映
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.6

クリスマスということで視聴。2人の失恋した女性がお互いの自宅を交換しクリスマスを過ごす話。
視聴後すごくスッキリする映画だった。好きという気持ちに正直でいること。そして、常にまっすぐ生きていくこと。見
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.3

超王道有名ラブコメ。
ハワイに住むプレイボーイが、一日で記憶をなくしてしまう女性に恋をする話。

好きな女の人のために、何度だって恋をさせ努力する主人公の姿はとても素敵😚

【2020/12/09】

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.6

とても良い映画だった。タイムスリップする能力を持つことになった主人公が恋をして幸せになっていく話。
何気なく1日をこなす私たちは、小さな幸せに気づかずに生きている。そして、自分の選択が運命を決めていく
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.3

聞き覚えのあるタイトルということで視聴。
確かにテイストはコメディ要素が強かったが、この映画から感じられるものはすごく重かった。
1人の人生を世界中が視聴する。そして彼がそれに気づくと、周りは狂って見
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.8

たまに実話ベースの映画を見ることがあったがこの映画はその中でも特にリアルだった。所々、本人が出てきてその時の心境だったりを説明していたせいもあるだろう。

確かに刺激が少ない生活の中で、何かしたい!っ
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.7

ドタバタすかってする映画!
やっぱりMARVEL、DC系統のアクション映画は脳死でみれるから好き

登場人物も好きだった

ディパーテッド(2006年製作の映画)

4.0

2人のスパイの話。
2人の視点でコロコロ話が進んでいくから、どっちの立場にも立って映画を楽しむことができた。

出演者の豪華さがすごかったのもこの映画を楽しめたひとつの要素だと思う。マーク・ウォールバ
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.5

有名な胸糞映画。やっと観た。
登場人物や設定はよくできていると思った。極限状態になった人の感情の動きや精神的な追い詰められかたの表現も絶妙だった。

最高最悪のバッドエンドでした。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.4

素晴らしい映画だった。
マルコという知的障害をもつ子にとって、あの一年間は、時間で言うと15分の1だったかもしれないが、最も幸せで充実していたと思う。
愛に溢れた描写に同時に、世間が理解し受け入れよう
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.7

裁判に負けた雑誌記者が、ある一族の謎を解き明かす話。

難しく感じるところもあったが、結末は割と分かりやすかった。リズベットがとにかくかっこいい。

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

5.0

想像以上に良かった。3回は泣いた。

ジェンダーレスを受け入れようとする風潮がある社会の中で、当事者の本当の苦痛と生きづらさを表現していたと思う。
この映画の中にはいろんな愛があって、それは性別や親子
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

不思議な映画だった。

妻を失い、自分が壊れていることに気づく主人公。最初は主人公がなんで物を壊すのかわかんないし、言動行動が意味不明だったけど、1日たって考えてみると何となく理解出来た気がする。言葉
>>続きを読む

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

4.2

誰しも自分の中には、人には魅せない1面や弱みを持っていると思う。
それがたとえ、どんなに素敵な人や人を励ましたり明るくしたりするのが上手な人でも。

近頃、芸能人の自殺が世間に波紋を広げているが、その
>>続きを読む

>|