アンビさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

アンビ

アンビ

脳筋状態から脱出するため、感じたことを意識的に言葉にしてみようという試み。
今好きな映画の系統は個性溢れるキャラがたくさん出てくるチーム・仲間で何かする系、恋愛とか音楽とか日常的な日々を切り抜いたような(刺激的な展開も欲しい)映画、筋肉系のズドンズトン爆発音が響き渡るアドレナリン出まくりのアクション系

映画(144)
ドラマ(4)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

サノスは貧困や飢餓の解決手段として人を削減するべく、力を求める。それは愛する娘をも犠牲にするほど。強大な力で支配してやる的支配欲求に満ちたよくある悪役とも何か違った。
「お、一滴の血がでたな」のサノス
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.4

形式的なお茶会等の連続、そんな到着駅の見えるレールを歩く人生に嫌気がさした上流階級の美しきローズに無一文で冒険家のジャックが一目惚れする。デッサン等日常的な楽しさを知る繊細なジャックにローズも惹かれる>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.3

世の中の汚い面が詰められた映画。静の軟派で下品な雰囲気が福山にピッタリ。クズ人間だがカメラへの信念が人一倍ある姿勢は引き寄せられる。内容も現実性に欠けるが、芸能人が仕掛けに引っ掛かりパパラッチされるシ>>続きを読む

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

4.8

舞台はラスベガスの最高級ホテルのスイートルーム、二日酔いで目が覚めたら、なんと大変なことに!!
悲惨な部屋と消えた仲間がいたことを目の当たりにする。失った記憶のピースを小さな手掛かりを頼りに掘り起こし
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.5

くんちゃんが妹の未來ちゃんに対しての嫉妬をのりこえて、人の気持ちを理解していくストーリー。暖かいけど、面白くはなかった笑
細田守の大都会の顔の死んだ町行く人とか、愛のない駅員等風刺っぽい演出の仕方は独
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

1はなんかグロくて残酷でただただ暗い映画だった印象だが、好評価だったため2も観ることに。前半は絶望のどん底だが、後半にかけてデッドプールが愛や友情によって希望を見いだしていく尻上がりな映画。ラストが超>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.8

君の名は前半の日常的感、音楽、テンポ、映像は最高なんだよな、、
特に女性の萌え仕草を掴んでいらっしゃる!!
でも前前々世の音楽を境に後半はセリフもRPGっぽくなるし、なんか臭い台詞が多くて嫌だ。夢のよ
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

2.7

まあまあかな。最初のドウェインにあのクソデブの体は不意討ち笑。アクションにしては物足りないし、キャラに感情移入できず。友情のきっかけも革ジャンだけ、見ている側として敵への怒りも生まれないから倒した爽快>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.2

何気なく目でみている自然の景色をこんなにも美しく、でも何か寂しく切ない気持ちにする新海誠の画!
公園での非日常、現実は先生と生徒である。お互い引かれ合うけど、でも愛し合ったらダメな関係性な
わけで、最
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

2.8

デッドプールに似て、主人公自身がヒーローを演出し作り上げる。「ウルヴァリンより」みたいな自虐的なセリフをヒーローが吐くのも類似
うーん、マーベル系は好きじゃないかも。ヒーロー映画なのに暗い。しかも映像
>>続きを読む

イヴの時間 劇場版(2009年製作の映画)

3.3

理解不能。エンドロール後のシーン、暗い部屋でしきる女、サミィの悪夢、トキサカ事件等々。サミィやカフェ店員に「辛さの中の優しさ」があるの何故?
モノ扱いする人、人と通じたいロボ、架橋となるリクオとマサカ
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

2.3

発想は面白いけど、ストーリーは中盤から明後日の方向へ。マットデーモン(奥さんがドタキャンでww)が13センチの小人化社会(家とか模型サイズになり相対的に富豪気分)に移住。人権4分の1に、宝石つけ放題広>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

1.7

どこに面白さを感じるのか、
ハングオーバー的なキャラ立ちしたコントのような掛け合いを想像してたが期待外れ。「いつまでも学生気取りの主人公」と「それ以外4人」くらいしでしか登場人物覚えてない。中盤から街
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.7

本当に素敵!素晴らしい!
キス連発の恋愛映画とは一味違う、様々な側面の愛を感じる!
父と子、母と娘、一夏の愛、ごまかすための偽愛
しがらみや責任に葛藤し愛の選択をする繊細な演出が好き!
「平凡な一生・
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.4

友達と作曲して音楽作ってみてぇー!「wewillrockyou」のなりたちとか、音楽ができてくところが一人称視点っぽく描かれてて、なんか自分も作曲できそうな気になるw
queenって「楽しむ」みたいな
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.6

前半つまんなすぎて焦ってた笑
DVDとめて「カメラを止めるな つまらない 評判」でググった、、、
と思いきやの後半の大爆笑の嵐!!
後半のために、前半をすべて捨てるてたってかんじ!!
酔っぱらいのじい
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

うん。予想通りに面白い感じかな。
オーシャンズイレブンにはまって、それ以来なんだが、同じようにボス猿二人が仲間を集めながら完璧な計画を立て、長いドミノが倒れていくようなスムーズな犯行が行われていく!
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

ナチス、今のドイツを理解してたらもっと楽しめるかも!ヒトラーの時代の場違い感が笑えたと思いきや。
ヒトラーの考えって、人間の無意識の差別意識とかを具現化しただけとも言えるなと。頭ではダメってわかってる
>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

3.7

「お前ら、良い歳して鬼ごっこかよ、バカかっ」と終始突っ込みたくなる内容。だが大人になっても子供心を持ち続けさせてくれる、そんな友達がいるっていいよなと再確認させてくれる。
バカかよっていうこのストーリ
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.5

誰も悪い奴いない映画かも。自分らしい音楽と売れる音楽をすりあわせ、これがよくある「方向性の違い」ってやつなのかな、、最後に二人が寄り戻すのかと思いきや、、
都会で絶望してる二人がデビューの夢見て、楽し
>>続きを読む

俺たちフィギュアスケーター(2007年製作の映画)

2.5

ジャンルはスポーツコメディかな。ジミーがはじめしゃちょー似笑
自分がスポーツやってたからかスポーツ×コメディに共感できなかった。
自分の好きなスポーツ像が「根性」「泥臭さ」とかだから。
終始アホクサイ
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

2.7

しんどい。理想の自分を彼女との愛に重ね合わせたギャッツビー!再会を果たすが今の彼女の求めるものは違った。彼女のための今の自分なのに、ならその期間を消し、過去からやろうと。狂気なるギャッツビー笑
また「
>>続きを読む

スーパーバッド 童貞ウォーズ(2007年製作の映画)

3.9

町中のちょいエロ雑誌に興奮し、脳内は「女」「H」の2文字だけで構成されてそうな高3の非リア充を代表する3人が、大人への階段を0.5歩のぼる映画。
やれてない日常からある日卒業パーティーの酒調達をすべく
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.1

生について考えさせられる恋愛映画、、
四肢麻痺で体の仕草がない分、会話メインで進行。
ウィルの口角を少しあげる笑み、野太眉が動きまくるルー、この表情の掛け合いが良い笑
エドシーランの音楽と流れる風景と
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

3.9

人との向き合い方について丁寧に描かれている作品
人から求められなくなるのが怖い自分がいて、向き合う前に逃げようっていうのは分かる、、
恋人に完璧を見せたいと言うウィルに、「愛していれば恥ずかしさなんて
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.2

予告編にキュンとさせられて思わずみちゃったけど、若干展開がくどい。
幼なじみだからこそ、踏み出したいけど踏み出せない見栄はり合う関係性にキュンキュンさせられる序盤。じれったさがたまらない!!
後半は噛
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.4

久しぶりのアクション。昔は頭使わないけど視覚だけでドキドキさせられる刺激的な映画好きだったけど、、
人の感情の動きとか、一人一人の生き様な面が薄くて、感情的に揺さぶられず、、
戦いと正義のヒーロー的な
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.2

ものすごく孤独な戦いなのにめちゃくちゃ明るい映画!!矛盾するけど、伝わるはずw
不運にもマットデイモンが火星に残され物語は始まる。酸素・水もない危機を化学で乗り切る!
生死の際を生きぬくドキドキ、0か
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

2.6

激しい感情の浮き沈みなく、距離の大きな変化なく、ただただハーモニーのあるゆったりした音楽が流れ続ける映画
小さな田舎町で偶然の二人が出会い、ラブに行くかと思いきや、音楽を通じて一歩前に進み会うことを助
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

いつもみててとりあえず片っ端から悪いやつ殺せよって思うんだがww
まあ悪を殺さず運ぶってのが面白くしてるのか笑
罠にかかったり、逆にしてやったぜ!的な好転・悪化を繰り返す展開は毎度あり
後半のハラハラ
>>続きを読む