まぐろのあかみさんの映画レビュー・感想・評価

まぐろのあかみ

まぐろのあかみ

映画(108)
ドラマ(0)

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.5

店長が大泉洋?という不安が霞むほど小松菜奈と濱田マリがよかった
適当なシーンが端折られていてかなりテンポが良く感じた。加瀬があきらのホッペにキスするシーンがなくて本ッッッ当に良かった。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

アベンジャーズを見て、ここ数年IWを待っていた…
そのためならなんでも見た…
でも急にインフィニティストーン全部集まっちゃうし…完結まで焦らされるなんて…

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

家族の反対を押し切り自分のやりたいことをやろうとするミゲルを最後まで応援して見ていました。

単純なお話かと思いきやチェイスやサスペンスあり…

死者の国が鮮やかでこれでもかというくらいカラフルでとに
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

4.0

エルサのサプライズは駆け足で流行りにあやかってるな〜って思ったけど今作は曲もたくさん聞けてよかった。

原題のとおりオラフが主人公のお話でした。

正式続編につながるちょっとしたお話なので過度な期待を
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.9

好きなことがうまく出来ないことを悔しいと思い、悪口を言われても努力を惜しまずに続ける音大生のおはなし。

MVPをとることや、友達がたくさんいることだけが重要ではない。
好きなことでも時に苦しくてつら
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

ヒュー・ジャックマンが終始かっこよかった…ウルヴァリンしか知らないので、歌って踊ってすごいよかった…

楽曲が多く、どれも素晴らしかった…アルバム買います…

ゼンデイヤ〜(;o;)
ホムカミで学生
>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(2017年製作の映画)

3.0

肉が削がれるシーンの痛さが目に余るため一回見れば充分なのと五ェ門が覚醒するシーンが盛り上がりに欠けた 五ェ門を見守るルパンと次元が義理堅くてよかった。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.0

メスカマキリに食べられて死ぬカマキリ神木隆之介が見られるのはここだけ

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

耳をすませばのリメイク。
マーリンは月島雫。
スウィーニートッドみもある。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.0

山崎まさよし流れるのに横浜はかすらない。各話ごとの体感時間が1時間くらいに感じる。主人公が、なんでも出来て優しく芯があまりにもない感じですきではない。

言の葉の庭(2013年製作の映画)

4.0

仕事を続けることもやめることも苦しくなって朝から缶ビールを飲んで、チョコレートを食べるユキノに共感を覚えてマンションの階段のシーンで泣いた。

夢を追う男子高校生が眩しかった。
私もDIANAの靴を履
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

5.0

マーベル作品を見たことない方にオススメ。自分もここから見て、他作品を見始めました。

ロキがすごく悪いことをしていますが、面白いので憎めないです。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

ずーっと斜に構えて見てこなかったけれど続きが気になって面白かった! 軽い気持ちで、恋愛に重点をおかずに見るといいかなと思いました。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジョニデの部屋からたくさんの人がぞろぞろ出て来たのは草。

グレムリン(1984年製作の映画)

4.0

ギズモかわいい… 表情豊かで仕草も愛らしい 気軽に見られる オカンが強すぎて急にグロくなる

サプライズ(2011年製作の映画)

1.5

密室に現れたマンウィズ(無差別殺人集団)を主人公の大学院生が知恵と力でボッコボコにする話。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.5

犬の件は本当に許せないので、あのクソガキを殺すまでキアヌ応援上映した。

コンスタンティンを見た後だったのでキアヌがふくよかに見えた。

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

モネ・ゲームを見た後だったのでコリン・ファースがこんなに出来るおじさんとは知らずそのギャップに惹かれた。何でもアクションは初だったとか。

人が殺されるシーンが苦手な人もコミカルな表現になったいるため
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.8

舞台はニューヨーク。時系列は原作よりかなり昔。
原作より盛り上がりは少ないですが、パン屋になりたいジェイコブと人の心が読めるクイニーの関係や、ニュートが手塩にかけて魔法動物を育てる姿とそのやり取りが愛
>>続きを読む

モネ・ゲーム(2012年製作の映画)

3.2

終始主人公にめっちゃイライラしたけど、最後はスッキリ終わる。
キングスマンとのギャップがすごいので、コリン・ファースが好きなら見るしかない。

ライオンカットされた猫がかわいい。

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.8

殺人事件、遺産相続、プリズンブレイク、ホワイトアウトなどハイテンションアクションムービーだったが、猫の件については許せない。

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

宇宙人かわいい映画。軽い気持ちで見た方がよい。

激流(1994年製作の映画)

3.5

犯人溺れ死んでしまえ と思ったが、メリル・ストリープが鬼カッコいいため清々しい気持ちになる、そんな川下り映画。

ALWAYS 三丁目の夕日(2005年製作の映画)

3.0

映画は映画でストーリーよくできてるけど、原作のキャラクターを借りただけ。オムニバス映画とかにすればよかったのに。

ティンカー・ベルと月の石(2009年製作の映画)

5.0

喋るタイプのティンカーベル。
ピクシーホロウの設定が作り込まれ過ぎていて純粋な気持ちで引き込まれる。

ガーディアンズ 伝説の勇者たち(2012年製作の映画)

5.0

ファンアートでアナ雪のエルサと一緒に描かれている青年はここにいます。

ネバーエンディング・ストーリー(1984年製作の映画)

5.0

装丁が立派な分厚い本とりんごを丸かじりすることに憧れを抱く。

ファルコンに乗りた〜〜〜い

モンスター・ホテル(2012年製作の映画)

4.0

ハッピーエンドで気軽に見られるし、藤森慎吾がよいのに、唯一メイヴィスの口癖のヤバイを、吸血鬼にかけてキバイっていう翻訳のセンスがなさが寒すぎて減点。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.5

ホラーサスペンス映画。

SNSが怖いのではなく個人情報を根掘り葉掘り聞こうとする人や、それに応じて安売りする人たちが怖かった。
マルチ商法や宗教勧誘に引っかかった時のような気持ちになった。

いいね
>>続きを読む

>|