あめこさんの映画レビュー・感想・評価

あめこ

あめこ

映画(303)
ドラマ(42)

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

これが80年の事だなんて。いつでもなりうるし、軍隊が、政権が無抵抗の市民に銃を向ける日はいつだってくるし、今もそんな国はたくさんある。
悪夢のような現実のなかでも市民の人と人が繋がり合って、支え合って
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.0

頭を空っぽにして見ましょう。楽しいのだけどちょっと物足りなかったーなんだろーまぁB級だとおもって見とけばええか。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.6

すげー面白かったんだけど酔う(笑)これから映画館で見てたらまじ吐きそうになるかも…

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

2.8

良くも悪くも、1らしさを2にも引き継いでる。展開早くて見やすい。気軽に楽しめる。

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

2.6

映像はきれいなんだけど…つ、辛い…。きっと救いを与えたくて作られたんだとは思うけど、実際に起こった事件だと思うとほんと辛くなる映画…

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.0

新型コロナの状況に似てると話題で見た作品。未知の感染症の話だけど、パニック映画ではなく家族と世界と科学者の目線から淡々と描いてくところが余計リアル。ワクチンの摂取の順番そう来るか!ってなるけど、現実だ>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ほろ苦くて切なくて胸にグッと来る現代のすぐそこにありそうな思春期のお話。曖昧な線の恋と友情。それぞれに悩みを抱えてるところの描き方も素晴らしいし、伏線をああやって電車のシーンに持ってくるの泣ける。中国>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

2.5

お洒落だし、偉人たちと会える設定は面白い。ただエンディングが男の都合いい終わりだなぁって意外性なくてちょっと拍子抜け。まぁ夢物語だし。

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

3.0

プロレス少女の成長とプロレス家族の物語。コミカルでいて、胸に迫るところもある。展開が読めてしまうのがちょっと物足りなかったかな。実際にいるプロレスラーと一家の話が元に作られてるということで最後に実際の>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

電話の会話と主演の表情で見えない現場や状況がありありと見えてくる。そしてあの展開…。一気に見え方が変わる。今までも電話の会話劇だけの映画あったけど、また違った良くできた映画でした。無駄がない。そして二>>続きを読む

ザ・ライダー(2017年製作の映画)

4.5

その生き方しか知らないことは尊いけど、夢が破れたらどう生きてくのか…考えさせられる。絶望的なことが続いてくのに景色が物凄く綺麗で淡々と進む。その分絶望的なことが起きると辛くなる。「男らしく」のそのもの>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

4.5

こういう映画を待ってました!って嬉しくなる。ハチャメチャでカラフルでキラキラしててアクション満載。ヴィランなのか正義の味方なのかもあやふやなままハーレイはハーレイのまま。そこが良かったー!ここ最近はチ>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

2.5

ずっと嫌ぁ~な気分にさせられるやつ。その嫌な気分が、普段感じてる非道ではないけど、優しくはない、人の偽善とか他人との距離感とかの気まずさを描いてるのかな。普段モヤっとしてることを形にするとメッセージ性>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.8

女の子のためにパワーアップしたチャーリーズ・エンジェル!って感じでワクワクしました。小さい頃に観たかったなぁ~。テンション高いクリステンスチュワート好きー!このメンバーで続いてほしい…。

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

家族で見ちゃアカン。これ始まりで本家見たら止まらなくなって、このキャスト好きだけど、もう完成されてるから別に作らなくても良いんじゃっ…て思っちゃいました。

ミスト(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

鬱エンディング分かっているけど何度も見ちゃうよねー。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

無理解が人の命も簡単に奪う。鬱過ぎるエンディングだけど、現実もそんなところ。

パプリカ(2006年製作の映画)

3.8

男の理想すぎてちょっと引く。映像と音楽の美。意識って繋がったら怖いよね。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.5

うー、青春~!痛々しさと瞬間の美しさ。麗しすぎるエズラ・ミラーとエマ・ワトソン。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.8

く、苦しい…。家族だからって分かりあえる訳じゃない。家族だからこそ苦しい。

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.0

愛されたいのだよね。エズラミラーが麗しすぎ。それだけで苦しくても見ちゃう。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

楽しみにしつつ、観るのが嫌という不思議な感覚で映画館にきましたが、怖さで言えば個人的にはヘレディタリーの方が耐え難く、こちらはとても観やすかった。カップルが入ってきてワクワクしたのは私だけではないはず>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

爆音映画祭で観ました。見終わってすぐ「戦争ダメ…辛い…。」ってなる。没入感凄くてあっという間で、息も上手くできない感じだった。どう撮ってるのか分からなくなる。戦争なのに画が美しくてハッとする。音楽も素>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

韓国映画のコメディはなかなか観なかったのですが面白かった。ただ悲しいかな字幕でワンテンポ早めにボケが分かっちゃうのは惜しい…ネイティブならもっと笑えるんだろうなぁ~。映画館で見てる人たちみんなで笑える>>続きを読む

>|