外は雨さんの映画レビュー・感想・評価

外は雨

外は雨

映画もアニメーションも音楽も大好きです。以前の鑑賞記録をちょこちょこ記載もしつつ編集しつつ。

映画(401)
ドラマ(33)

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.0

雨降る夜様々な境遇の人達がさびれたモーテルに集まってくる。そこで起こる惨劇が。呪われたモーテルの仕業かと思いきや!レイ・リオッタの毎度怪しい顔がステキ。

パリ20区、僕たちのクラス(2008年製作の映画)

4.0

移民の多い地区の中学校の国語(フランス語)の授業の教室を中心に描かれたドキュメンタリータッチの作品。この映画では何かが解決するわけでもないし、生徒が劇的に変化をするわけでもない。ただただ教室の様子が描>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.3

結構シリアスなストーリー。マーベルヒーローものは全部を観ているわけじゃないので、ところどころ誰でしたっけ?ってなっちゃう。中盤でアベンジャーズが仲間割れしてバトルするところはまぁ楽しい。スパイダーマン>>続きを読む

スネーク・フライト(2006年製作の映画)

2.3

飛行機のフライト中の動物パニック映画。まぁーお決まりのストーリー展開やエロやらが次から次へと。予測がだいたいついてしまって。なんでサミュエル・L・ジャクソンが出演してるの疑問というか。あ、そういやサメ>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.5

映画館で「かぐや姫の物語」の予告を見たけど、あれは凄かった。なんていうか、悲しみをたたえたような、何もかもを捨て去るような、疾走感。予告編だけで震えたのを覚えている。高畑勲監督の作品は結構説教臭くて、>>続きを読む

孤独のススメ(2013年製作の映画)

3.4

タイトルとはちょっとなんか違う。規則正しく敬虔なクリスチャンの男の元にやってきたのは、息子の生まれ変わり?かと思いきや。ルカによる福音書の善きサマリア人になぞらえ男を家に招き入れる。厳格であるが故の過>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.7

コンビニのだらけた店員とその彼女。実はCIAの秘密兵器だった記憶を失った男がガンガン命を狙われる、というアクションもの。

アウトサイダー(2018年製作の映画)

3.4

戦後の大阪が舞台の任侠ヤクザもの。みんな紋紋凄いですw ジャレッド・レトーの静かな狂気がどこからくるものなのかちょっとよくわからない。「外人」の指詰めは「ザ ・ヤクザ」でもありましたね。監獄は変だけど>>続きを読む

ヘルボーイ(2004年製作の映画)

3.0

デル・トロ監督。んー。面白そうな要素は色々あるんだけれども。半魚人は「シェイプ・オブ・ウォーター」と似てる、卵好きってとこも同じなのね。まぁ腐ってるけれどもw ヘル・ボーイあんまり猫にデレてくれない。>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

2.7

「四畳半神話体系」はあのギュルギュルギュルルルルルな巻き戻し感が面白おかしく尺も一話25分のあの短さがよかった。正直、そのナンセンス京都徘徊ストーリーと早口のおしゃべりとスタイリッシュかもしれないけど>>続きを読む

ダフト・パンク リビールド(2014年製作の映画)

2.0

特に新しい映像もなく演奏風景もなく。延々とダフト・パンクの軌跡のナレーションとインタビュー音声。

ストップ・メイキング・センス(1984年製作の映画)

4.0

トーキング・ヘッズとトムトム・クラブがお好きなら!昔観てから随分時間が経っていたので、MVとごっちゃになっていたかも。デヴィット・バーンが変でカッコいい。ジョナサン・デミ監督亡くなってたの知らなかった>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.5

かわいいアイドルバンドの懐かしい映画みたいな感覚。80年代の音楽シーンとMTVブーム。舞台は不況真っ只中のアイルランドダブリン。

カッコいい男の子じゃなくて、女の子を誘いたいがために、正直成長の遅い
>>続きを読む

ビザンチウム(2012年製作の映画)

3.9

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のニール・ジョーダンのヴァンパイア映画。姉妹のような親娘。出会った男の古いホテルに住まい、かつていた街角で過去が自分を振り返り見る。招き入れられないと入ることはで>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

4.0

サイレントな世界にいる二人、異なった時空のニューヨークを音楽がそっと繋ぐ不思議。博物館の驚異の部屋ヴンターカンマー。

ボウイの「スペース・オディティ」とデオダート の「ツァラトゥストラはかく語りき」
>>続きを読む

Death Note/デスノート(2017年製作の映画)

2.0

んまぁ、なんて雑なリメイクw でもリュークがウィレム・デフォーなんですけど!ウィレム・デフォーの無駄遣いったらない。しかもリューク暗くて全然よく見えない。そしてLって感じでもないし、日本語が超ヒドイw>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.0

イラクに従軍した実在の人物の物語。子供達にサーと呼ばせる父の元育った子供時代。テキサスのカウボーイの時代。アメリカ大使館爆破事件をきっかけに軍に志願する。スコープから覗くスナイパーの視点。その画面の緊>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.4

旧作と同じ場所の設定なので昔のバギーとかギアが出てくるのは楽しい。ラプトル隊はカッコよかったのにあっという間に懐柔されちゃうw そしてゴジラVSメカゴジラ?そしておうジョーズが持っていくのかw ブライ>>続きを読む

ブラインドネス(2008年製作の映画)

4.3

人間性を問う物語であり、聖書の盲目の話。ヨハネによる福音書のパリサイ人との会話。

追放され閉じ込められる事と他者から何もかもを奪い合う恐ろしさ最悪の醜悪さ。それを全てたった一人で見なければならない事
>>続きを読む

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

3.5

筋ジストロフィーちょっと偏屈な少年と、介護士とのロードムーヴィー。旅先で出会う口が悪いけど真っ当でしかもクールな女の子との出会いが青春だ。父という存在。くだらない望みを叶えていく事の素敵さよ。

サンシャイン・クリーニング(2008年製作の映画)

3.9

学生時代は花形チアリーダーだったシングルマザーとアルバイトも続かない妹。底辺で生きる姉妹が殺人や事故現場などの訳ありの場所を清掃する事業を立ち上げる。やり切れなさもあるけれど、家族みんなが出発する!>>続きを読む

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

2.7

いきなり全知全能の力を得てしまったニール。サイモン・ペッグが主演なので、もう完全にそういう感じですw 言葉が喋れるようになったワンコかわいい。

モンティ・パイソンのテリー・ジョーンズが監督。声はロビ
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

4.3

宗教団体の指導者とその男の船に、時に乗り込んだ男の話。ホアキン・フェニックスが演じる戦争で傷ついたアル中の男、野犬のように誰にも飼われず危なっかしく、それでいて怯えた男。二人の男はお互いに惹かれあいな>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.6

夢の中の二頭の鹿のいる風景は幻想的で本当にその瞬間の奇跡のようにとても美しい。人との関わりが上手くいかない男女の不思議な恋模様。

んー、でもなぁ、正直あんまり好きにはなれない。ちょっと作為的に衝撃を
>>続きを読む

アップサイドダウン 重力の恋人(2012年製作の映画)

3.2

二重重力の世界。上の世界と下の世界の恋物語。その惑星丸いの?太陽どこにあんの?ピンク・パウダーって何それ?なんで発火?頭に血が登らないの?とかいろいろ疑問は尽きませんし、Photoshop感がちと過分>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

2.9

ロシアからドバイのビルそしてムンバイ。トムちん体張ってるなぁ。絵的には全体的にフラットにかなり明るくて魅かれるものがない。もーどんどん内容とかどうでもよくなってジャッキー・チェン映画って感じ。

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

4.1

お面を被ったフランクはバンドマン。とてもガレージでオルタナで奇妙だけどいい曲で声なんかベックみたい。アイルランドの田舎の小屋でアルバム制作の合宿生活がなんとも面白くて。

特別な才能を身近に感じること
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.0

マーベルヒーローの映画は多すぎて、アクションが連続すると眠くなる癖が。。。アベンジャーズは人数も多いし、格別どのキャラクターにもさほど思い入れもなく、物凄く観るのに時間かかる。AIなのかと思ったらスタ>>続きを読む

終戦のエンペラー(2012年製作の映画)

3.7

終戦後マッカーサーの元で昭和天皇の戦争責任の是非を調査するフェラーズ准将を描いた作品。恋愛の要素はフィクションなのでもっと少なくて良かったけど、皇居ロケを含めかなりちゃんとしてる。
宮城事件も描かれて
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.5

ライフラインが全部止まってしまった世界をフツーの家族がどう生き抜くか!ユーモラスにダメさを披露しながら生きる!電車止まってても会社や学校優先しちゃうのは日本人らしいというか。でもまぁ普通すぐ復旧すると>>続きを読む

ザ・ワイルド(1997年製作の映画)

3.2

熊 VS アンソニー・ホプキンスw 大富豪の老人が指南書片手にサバイバル!とりあえずその取り合わせが楽しいので、まぁいっか。

ゴールデン・カムイーーーw 的な。

ハンス・ジマー ライブ・イン・プラハ(2017年製作の映画)

3.0

ハンス・ジマーの映画音楽が特別好きって訳じゃないけど、映画界のヒットメーカーでアガる曲を作るよねぇ。若干ダサさも感じるところはあるんだけど、「シャーロック・ホームズ」とか「インセプション」とかカッコい>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

2.9

原作は未読。なんで毛沢東の言葉の引用なんですかね?文化大革命で大粛正を行った人物の言葉とかw んーとまぁ皮肉?ですかね。

まぁ今をときめく男の子達の変なテンションwおバカ映画。マイムマイムやら、褌太
>>続きを読む

さようなら、コダクローム(2017年製作の映画)

3.5

コダクロームって外式リバーサルフィルムのことか。2009年に生産終了し、現像も終わった。人でなしの父親、それでも死を間際に一緒に旅をすると、ただその一言だけでわだかまりは溶解する。エド・ハリスがよくて>>続きを読む

武士の献立(2013年製作の映画)

3.4

主に饗応料理を作る、所謂包丁侍を加賀騒動を絡めて描かれている。加賀藩の御用料理人として舟木家は7代勤めた。「料理無言抄」などのレシピ集を記した人物。もうちょっとお献立をじっくり観たいのですが。包丁神事>>続きを読む

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

3.9

モーリス・ルイスの重なるインク。捨てられていたハーモニウム。真面目だけど衝動的な怒りが抑えられない男。旅もしないのにマイルを貯める。He needs me. 赤いドレスとブルーのスーツ。バックライトで>>続きを読む

>|