Aさんの映画レビュー・感想・評価

A

A

2016.1.1〜

映画(244)
ドラマ(0)

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.1

遠い国のお話なのになぜか身近に感じられたのは、自分があの家にいるような感覚になれたからだと思った。モードの強さに憧れた。好きなことがあるってほんとうに人生を豊かにするんだな。
お芝居が凄過ぎた。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

希望の部署が適性不可で、気持ち新たに付いた部署でも落第。
あの事件に遭遇していなければ、もしかしたら辞めていたかもしれないと思うと、運命ってあるんだな…と。

前情報として知っていたはずだったのに、本
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

2.7

高橋一生さんの繊細なお芝居が印象的。
上映中気になってたぽくぽくという木魚の音、煩悩の数だったとは。

マチルダ(1996年製作の映画)

3.4

わたしもこんな先生に出逢いたかったな〜。
将来自分の子供が出来たら見せようと思う。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.5

1人1人のコンプレックスに焦点をあてるなら、もっと掘り下げて欲しかった。
これが見たいなら生のショーを見に行けばいいと思った。

コーラスラインを見て欲しい。

犬猿(2017年製作の映画)

4.6

兄、弟、姉、妹
主の目線がコロコロ変わるところが面白い
意を決して決断して行動してもやっぱり戻ってしまうところが
もうどうしようもないというか人間みんなこうなんだって思って愛おしく思った
映画の始ま
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.6

爆音上映にて。
アクションもストーリーもとても面白い。
観客皆んなでスクリーンに集中してる感覚があって、良い体験だった。

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

3.9

兄の面倒を見ることが自分の生まれてきた意味だと明るく話す桑原くんに胸が痛くなったけど、憎んだりせずむしろ兄に感謝できるなんてほんとうに凄い。

下田翔大くんと渡辺大知さんの演技が素晴らしかった。

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

4.0

ラストは胸をえぐられるような感じ。辛い。

お芝居が素晴らしかった。

ほとりの朔子(2013年製作の映画)

3.6

気にはなってるんだけど、大人びて、強がって、余計な気を回してしまったりする朔子。

朔子には弱い部分を見せるたかし。女の子が近づいて来た理由が分かったときの情けなさ。

告白したりはしないけど、2人の
>>続きを読む

トイレのピエタ(2015年製作の映画)

2.8

どうしようもなく惹きつけられる恋には思えなかった。
花ちゃんが登場してやっと物語が動き出したように感じた。
芝居大事だな。

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

2.5

要領を得ない会話。
不気味な人間。
家の雰囲気が好き。

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.8

人ごととは思えずフランシスに共感しまくり。
テンポが物凄く良くて見やすい。

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.0

アニメ版を見たときには湧かなかった感情がふつふつと湧いてきた。あああれはそういうことだったのか。アニメ版のファンタジー感が無く、同じ内容のはずなのにこちらの方が圧倒的にすっと入ってくる。
あの年齢特有
>>続きを読む

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

3.0

長回しがほとんどなくどんどん切り替わる画を見ているとあっという間に3時間経つ。音も面白くて台詞のたびポンっと鳴る。
紙芝居を見ているような気持ちになる。
「みんなが理解して作ったら感動しないで感心で終
>>続きを読む

>|