mamiさんの映画レビュー・感想・評価

mami

mami

美しい星 Forever✨ 吉田大八監督大好き💞
美しい星の宇宙一のファン
トロント日本映画祭で101回達成
日本での再上映のために、ドリパスリクエスト中
https://www.dreampass.jp/m358230
twitter💫 Stella Meravigliosa@JaeuckHedwig

映画(50)
ドラマ(0)

たそがれ清兵衛(2002年製作の映画)

-

WOWOWで。最初の20分は見逃した。

清平、良い人過ぎ。。。切ない。
最後の決闘場面、見事で、涙が流れた。
人間の気持ちの闘い。
素晴らしかったのに、最後、一気に説明でまとめすぎで、決闘の感動がし
>>続きを読む

青い春(2001年製作の映画)

-

泣き虫しょったんの奇跡に感動して、豊田組の結束に興味があったので、WOWOWで観てみた。⭐をいくつにすべきか分からない作品だった。
不良グループの話だから、私の心には響かないけど、屋上の映像と音楽が良
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

-

観た理由は、「犬猿」が面白かったから。でも、この作品は過激過ぎて、私は⭐は付けられない。男性客が圧倒的に多かったのも納得できた。
見終わって、何か、言葉が出ず、どっと疲れた。
力作なのは間違いないけど
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

4.3

テアトル新宿にて、監督、龍平さん、瀬川さんの舞台挨拶で、3回目鑑賞
監督の作品を観てもらいたいという強い気持ち、瀬川さんの人柄の良さ、龍平さんの監督への愛を強く感じた。司会、要らなくても良かったかも。
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

2.9

ひたすら淡々と日常が描かれてる
嫌みなく、3人の関係を描いてる
しかし、作品としては、飽きた
でも、役者は良かった
特に、染谷くんの、自然体の存在感は素晴らしい

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

2.0

無★なんだが、🐱に敬意を表して星⭐2つです。
つまらなかった。途中帰ろうかと思うぐらいイライラした。
古典的な恋愛テーマを、もっともらしく、こねくり回しただけ。
何故、カンヌに行けたのか?
二役の一人
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

WOWOWで観て、号泣
泣き過ぎたので、とりあえず、記録
✨💫💫💫✨
韓国でヒットしたのは知ってたが、ゾンビは観ないからスルーしていた。
カメ止めでゾンビに耐性ができたので観たんだが、面白さと感動にび
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

-

無☆です

悪趣味、非常に気分が悪い

面白いとか、面白くないとか、そういう問題ではない

何故、観てしまったのか、激しく後悔

黒猫と三毛猫が出てきたことだけ評価

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.3

すっごく面白かった~
エンタメに徹した作品、あまり観ないんだけど、単純に楽しく、スッキリ🎵人気シリーズなのは知ってたが、先日、TVで11観たのが初めて。
観ておいて良かった。
私は8の方が好き。

>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

機内で、何とはなしに観て、二人が夜中に待合せするシーンの前で時間切れ
退屈だったけど、後半、盛り上がるの?
イタリアが舞台だし、期待してたけど、出演の彼が、Nativeじゃないから、イタリア語が不自然
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.0

前編の将棋にかける熱が、後編では、川本家の家族問題にシフトして、退屈だった

川本家の描き方は、アニメの方が良かったと思う

ただ、次女役の清原果耶は、強さと透明感があり、良かった

前後編で感じたけ
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

4.0

蔵之介の『島田』目当てで、完成披露の特別レポーターとして観た。

原作は予習のために、二巻分読んだ。

原作ファンでなくても、将棋分からなくても楽しめたし、それなりに感動した

蔵之介の島田が、素晴ら
>>続きを読む

超高速!参勤交代 リターンズ(2016年製作の映画)

3.9

ある意味、私を『美しい星』に導いてくれた作品。
蔵之介の舞台『Bent』でファンになり、邦画をほとんど観たことがなかった私を、劇場に観に行かせた。

ライト時代劇、誰でも楽しく観られる、芸達者な役者達
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.4

WOWOWで。
すっごく!面白かった。
事実とエンタメが両立。
気持ちの良い作品。
最先端のNASAで、こんなに差別があったとは、驚き。
女性としては、服の規則、パールだけ許可が、強烈に心に残った。
>>続きを読む

ウンギョ 青い蜜(2012年製作の映画)

-

パクヘイル、キムムヨルの、ちゃんとした作品なのに、日本での売られ方が、ロリコンエロ映画みたいになってて、ショックを受けた

この作品でdebutしたキムゴウン、今や、売れっ子実力派だよ


ソウルでD
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

-

吉田大八=桐島 って感じだから、とても期待して、DVD最後の1作として取っておいて観たのに、何か退屈で、途中で飽きた。

大八ファンとして失格な気持ちになった。

もう一度、ちゃんと観るけど、劇場で観
>>続きを読む

人類滅亡計画書(2012年製作の映画)

-

東京国際映画祭で、キムムヨルのカメオ出演が目的だった。
全部、不思議な世界で、それなりに面白かった記憶はある。
当時は韓国の俳優、ほとんど知らなくて、今、キャスト見ると、パクヘイル
キムガンウが出てる
>>続きを読む

仮面の男(1998年製作の映画)

3.0

WOWOWで。
何も考えずに観られる歴史物
ディカプリオに、魅力を感じないが、
騎士たちが、豪華過ぎるキャスト

予兆 散歩する侵略者 劇場版(2017年製作の映画)

3.2

本編を劇場で観たので、スピンオフに興味があり、WOWOWで観た。
本編より、ストレートに恐怖感を描いていて、映像的にも、私は、こちらの方が、面白かった。
本編のしつこい妻の愛より、こちらの夫婦の愛の方
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.0

原作舞台が、圧倒的に良かったので、映画は別物。
エンターテインメントとして、普通に面白いけど、妻に焦点が当り過ぎ。
もっと、広いmessageのある作品なのに、妻の愛が主役みたい。
松田さんは、安定の
>>続きを読む

ALWAYS 三丁目の夕日(2005年製作の映画)

4.0

WOWOWで、何となく観始めたが、ストレートに泣いてしまった

血の繋がらない家族の関係

万引き家族とは全く違う描き方

どちらが良いとか、そういう問題ではない

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

5.0

人生を変えた大切な作品

6年前、韓国ミュージカルの予習で観たが、その時点で、原作映画が好きになった

名曲ぞろいだが、
特に、
The origin of love
Midnight radio
>>続きを読む

名前(2018年製作の映画)

3.0

Udineで上映されたので観てみたかったし、主演の津田寛治さんにトークショーで会ってみたかったので観た。
全体を通して清々しい感じ。
主演女優が瑞瑞しい中に強い芯があり、好感が持てた。ちゃんとした演技
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.6

カンヌの盛り上りで、逆に、それほど期待してなかった。TVで観た「そして父になる」が、普通だったし。
でも、胸がいっぱいになった。感動しましたっていう感覚というより、切なくて、涙が溢れた。人間の寂しさ、
>>続きを読む

パーマネント野ばら(2010年製作の映画)

2.5

私には合わなかった
映画としてという以前に、話が面白いと思えず、吉田大八作品という感じも余り受けず。。。
なんで、これを作ろうと思ったのかな?

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

詳しく説明できません
観ていただきたい❗
世界で受けるのが納得の面白さ。
Borderlessの人間ドラマ
血がゾンビが苦手でしたが、Udine映画祭での絶賛、吉田大八監督をホテルまで独り深夜歩きたい
>>続きを読む

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(2007年製作の映画)

-

点数つけられない。。。
吉田大八作品の原点
シュール過ぎる
好きだ
やっぱり、casting、最初から素晴らしいんだね
原作読んで、映画になると思われたそうだから、私も読んでみたい

アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜(2008年製作の映画)

5.0

人生を変えた映画、今でも大好き。
偶然、WowWowで観て、キムジェウクに落ちたが、映画として、本当に素晴らしい作品。
今観ると、本当に豪華なキャスト。
日本の原作漫画を、こんなにおしゃれに描き、美し
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.8

万引き家族の宣伝のためのTV放送で観た。
役者、子役、良かったです。
涙も自然に流れ、葛藤も描かれ、普通に良い話だけど、普通だった。
2つの家族の違いが、ちょっとステレオタイプに描かれてて、ありがちな
>>続きを読む

紙の月(2014年製作の映画)

3.9

TV版は観ていて面白かったが、吉田大八作品として観た時、普通に面白かった。内容的に誰でも楽しめる作品。
商業的にヒットしたのも分かる。
原作との違いは知らないけれど、映画として、面白かった。

小林聡
>>続きを読む

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

4.0

昨年から海外で上映されていたから気になっていて、エアカナダ機内で観た。comedyだと思ったら、すごく、赤裸々で胸が痛くなる話。
大人の女性なら、誰でも、共感できる部分がある。女という生き物を、赤裸々
>>続きを読む

枝葉のこと(2017年製作の映画)

-

気にはなっていたけど、トークに水澤紳吾さんが出られるので観た。
私には、評価をつけられない作品でした。生々しくて、ドキュメンタリーのような感じ。酒とタバコの男臭さが、私には、辛かった。感情を出さない閉
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

Parisからの機内で観たので評価は暫定。
光州事件の映画は、以前にも観ていて、悲惨さと、歴史的に比較的最近起きたことに驚き、本当に辛い気持ちになった。
この作品は、本当に普通のタクシードライバーの目
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.9

Paris行きのエールフランス機内で観た。
ミステリーとして、人間ドラマとして、最後まで一気に観客を引っ張る作品。
storyは、それなりに楽しめたが、やはり、役所さんの演技に尽きる。それだけで観る価
>>続きを読む

>|