iwasawaさんの映画レビュー・感想・評価

iwasawa

iwasawa

映画(116)
ドラマ(1)

架空OL日記(2020年製作の映画)

3.9

しんどい事件何もなくて最高だよね〜バカリズムすごいわ〜
最後のシーンだけちょっと寂しい。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

自分が刺されたのに「俺が死んだらあの人が人殺しになってしまう!」って言えるの世界中で炭治郎だけでしょ…

正直アニメ観たときはいや全然漫画越せないやん!と思ってたけど、映画は映像ならではの良さが出てた
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

何をやっても上手くいってたのにジェニーのことだけはずっと上手くいかなかったなあ。でも最後は結ばれて良かった。
運命ってなんだろう。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

間違いなくロックスターだった。
レコーディングで曲が生み出されていく様子がサイコーだったな…
あと孤独と闘う描写、かなりつらい気持ちになってしまった…

パターソン(2016年製作の映画)

3.4

前半は退屈だったけど後半に入ってからは愛おしさマシマシだった。
ラッパーの詩(歌詞)を字幕で見るのナンセンスだな〜と思ってしまった。どうしたらいいんだろか…

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.2

アンディの誠実さに救われたな〜。
"希望は永遠の命だ" 心に刻みました。

メメント(2000年製作の映画)

3.7

時間逆行は前知識として把握していたのである程度はついていけたけど、やっぱりカラーとモノクロの映像の交差でどんどん分からなくなっていく…あとで解説見てア〜このシーンそういうこと!ってなる。
うまく利用さ
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.2

結構楽しみにしてたけど、とんでもイカレ映画だった…………

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.7

『鍵泥棒のメソッド』を彷彿とさせるハートウォーミングなお話でした。記憶失う前の黒田総理はどれだけクソだったんだろう…

わたくしは田中圭の顔が本当に好きです

しあわせのパン(2011年製作の映画)

3.6

水縞くんが素晴らしすぎる…多くは語らずとも、りえさんのことを大事にしているのがわかる…
わたしもパンを分け合う人たちを大事にしようと思えた。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

3.6

全編ワンカット風にする労力!
シーンの切り替えがないからドキドキ感もリアルだけど、表情をクローズアップして余韻を残すような描写もないから良くも悪くも淡々と進んでいく感じ。途中で出てきた女性も行かないで
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

夢の階層が多くて大混乱…夢の夢の夢…虚無…?
ラストがすんごく意味深だけど、コブがずっと囚われていたコマから目を離して子供を見たということが答えだよね。どの世界であってもコブが幸せと向き合えたのならハ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

脚本がマジで狂っていらっしゃるので、あと2回観ないと理解できない。

冒頭から分からない単語の連続でしばらく???の状態が続くけど、話が進むにつれてパズルのように謎が解けていく感じが面白い〜
とにかく
>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.2

極彩色の蜷川実花ワールド…
どこまでもゴミ男の太宰治でも、ここまで儚く美しい生き物のように仕立て上げられるのが映画だな〜

“人間は恋と革命のために生まれてきたのだ”

二階堂ふみの顔がとても好き

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

サブリミナルすごい!あとで解説サイト読みながら見返したらたしかにブラピがいた…
ストーリーもオチまで読めない感じになってて面白かった〜

ていねいな暮らしの反対側だ

インターステラー(2014年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

今までSFって全然興味が持てなかったけど、この映画を観て見方が180度変わった。

とにかくスケールがでかすぎてメチャクチャおもしろい!時間が触れる世界ってもう訳が分からないな…あとマン博士はクソすぎ

自殺サークル(2002年製作の映画)

2.7

これは…すごい…何もわからない…消化不良すぎる…園子温…
最初のシーンのインパクトが強すぎる。内容は訳わからん。病院でバッグがひとりで動いて来るので爆笑した。ホラーなの?
演者のB級感が半端じゃない。
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.2

結構期待してたけど🤔

フォーカスするのは鈴木(青柳)だけで良かったような…テーマというか、軸になる部分がぼんやりしてたな〜ほんとに分かりづらい!

過去の罪の背負い方。
加害者、その家族、遺族、それ
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.8

周りがオススメする映画(たぶん)第1位。ようやく観た!

ドリスがフィリップを障がい者としてでなく、ひとりの友人として態度を変えずに接する姿に心打たれた。これメチャクチャ難しい。私にはこの映画を見た後
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.7

Amazon Primeを開くたびに出てくるし目立つから気になりすぎて見なきゃいけない気がして…

原作読んでないけど、菅田将暉は適役なのでは!漫画顔というか…(?)
あと竹内涼真が好きすぎる…

>>続きを読む

同級生(2015年製作の映画)

3.6

草壁くん完璧なモテ男だな〜この人は女子にも男子にもモテるな…駆け引きが絶妙すぎる…グイグイ具合が…そしてバンドマン高校生…モテの要素しかない…

こんな高校生現実にはいない…と思いつつも楽しく観られた
>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

2.0

なぜか映画館で観たけど驚くほど何も記憶に残ってない。突然大きい音出るタイプのやつ嫌いだからずっと身構えてたのだけは覚えてる。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.5

三浦春馬のことが頭に残りすぎて結構しんどかったけども、話自体は愛に溢れててすごく優しい気持ちになれる映画だった。

鹿野さん、最初はムカつく要素しかなかったけど、ボランティアみんなを家族のように大切に
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

GACKT様がただただつよい。多言語を話すGACKT様。あと途中の伊勢谷友介が艶かしすぎる。
内容はしょうもなすぎてよくこんなの描いたな…という感想しか出てこない。あとBLなんだ?!という驚き。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.8

伏線回収で超スッキリ!
終わり方それ?!となったが非常に爽快で面白かった。香川照之が男前。

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

3.4

麦ちゃんがひとりで絵を描き始めたところで、『世界は今日から君のもの』というタイトルに納得した!

ストーリーに深みが絶妙にない!
YOUにイラつくタイムある

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.2

ジメジメ怖いしオチもふんわり匂わせる感じなので全然スッキリせん!

クロユリ団地(2013年製作の映画)

2.5

一人暮らしで家あんなに広いの違和感、実家かと思いきや引っ越してきた設定だし…??みたいなちょっとした疑問が多かった。
勝手にひとんち入るなよ!!屈強すぎワロタ!

途中途中のあからさまな照明効果が結構
>>続きを読む

>|