pakeさんの映画レビュー・感想・評価

pake

pake

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

4.1

初めのカットから心が躍った。なんて美しく素直なカメラワークなんだろう。そこには正直な意図しか存在せず、こんなにも監督のずるさを感じないのは珍しいと思った。

誰か一人に捧げたものほど他人によく刺さる、
>>続きを読む

DEATH DAYS(2021年製作の映画)

-

死んでない〜♪
心のどこかで言語化出来てなかった面白く不安な感覚を長久さんが映像にしてくれて良かった

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

4.0

核心に迫らずとも真髄を撫でてくれる感じ、ジム・ジャームッシュは良いなあと思った。
"今"観たので泣いてしまった
私もこういう曖昧さと一緒じゃなきゃ、はっきり生きてはいけないと思った。

デリカテッセン(1991年製作の映画)

4.5

ホラー映画なのに途方もなく心が動かされるのは、ジャン=ピエール・ジュネがきっかけで映画が生きがいになった思春期、その諧謔精神で私の鬱屈をやさしく愛してくれたからなんだと思う。
中学生からずっと一番大好
>>続きを読む

オアシス(2002年製作の映画)

4.2

私の中での"映画的"という言葉の意味は、運命的弱者しか理解出来なくて/知らなくていいことをわざと知らないままでいる高潔さ/分厚い唇や艶のある肌、身体の曲線を手入れし続けるだけでは到底辿り着けない色気/>>続きを読む

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(1994年製作の映画)

-

うわあこれ中學生の内に観ておきたかったやつだわあとなる。耽美。

四月物語(1998年製作の映画)

3.5

松たか子って本当に…本当に…泪
改めて美しいまま死にたいと思いました(内容とは直結しない)

キャリー(1976年製作の映画)

3.8

お母さんのヒステリックなシーンで、こっちも友達の家で観たことあったの思い出した。
いじめられた中学時代、私もキャリーにならんかなとソワソワしてたけど、今となってはならなくて良かったなと思います。

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.0

生きてることが怖くて号泣したり、思いの丈をノートに書き殴ったり右往左往した夜更かしの末、行き着いたのは以前から視界には入っていたこの名作。京都みたいなもん。ぶぶ漬けおあがりかよ!!!!!
タイトルから
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.6

観ては眠ってを繰り返した
わざとらしい演出は何一つないのに気持ち良くなる
何か根底に忌々しいものがあるように感じるが、見ようとしても見えず、人間の本来の姿で生きようとする姿が安心を覚えた。キスもしない
>>続きを読む

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

3.8

あのラブホテルで咽せながら初めて吸った煙草
そこはもう潰れてしまって俺の手にはiQOS

東出昌大って日本人で男である前に、役者なんだな…と思った、彼がスクリーンに映っていると訳もなく嬉しくて哀しくな
>>続きを読む

雨水(2021年製作の映画)

-

雨が好きなので、この映画の質感も好きだった
観てからずっと中華街行きたい

ピアッシング(2018年製作の映画)

-

観つつ雰囲気を纏うくらいが丁度良い。
村上龍原作の国外で映像化は今後もやって欲しいなと思った。

KOTOKO(2011年製作の映画)

4.2

「油断すると、命に関わるから、毎日が真剣勝負です」
「ものが二つに見える事がないのは、歌ってる時だ」
自分の中にいつ培われたのか分からないけど、確かにここにある、私の記憶が映画にあった

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

4.2

私は本質とは異なる、勘違いされた印象を人に与えてしまう傾向にあって、その相違が辛い故に、他者から提示されたペルソナへ段々と自分から擦り寄って、思春期以降、自分は何だったのか、迎合する毎に落として来てし>>続きを読む

左様なら(2018年製作の映画)

-

高校の友人と観ないと苛立ってしまいそうだなと思い、自宅に友人を呼んで鑑賞。
意図が皆無に思えるカメラワーク、手持ちは画面酔いを誘う、ソフトじゃないソフトフォーカス、あえてNGカットを使用したかのような
>>続きを読む

ゾンビの中心で、愛をさけぶ(2018年製作の映画)

-

おもしろい。
私たちが生きてる世界ってこんなもんだよ、と云われた気がして笑っちゃう。

ドラッグ、セックス、酒、煙草、子孫繁栄、恋、拳銃、輪廻転生。
全てまぼろし。不可抗力。

大事な場面で「ノッティ
>>続きを読む

美しいひと(2008年製作の映画)

-

観ないでとっておいた映画シリーズ。
コートの下の裸体が美しすぎて、身体がビリビリした。
映画批評てきに観たらどうなのか知らないけど、私もジュニーに魅せられた痛いやつなので、要所の好きな描写だけで前頭葉
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

4.0

まだ全ての感じたことを言語化できない程に没入感が凄くて、帰り道では、すれ違う人全員が敵だと思って気を張っていた。ははは。Filmarksの試写会にて。

云うまでもなく、叙事詩的なSFが大好きな人には
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.4

以前、親友におすすめされたので。

ハッピーエンドのその先。
男の格好悪さが著実できれいだな~と思う。
演技は拙い部分もあるが、丁寧な脚本とカメラワークが心にじんわりくる。

クルエラ(2021年製作の映画)

4.0

犬も可愛いし何もいう事ない。
一度でもファッションに身を捧げたことのある人なら皆んな好きだろうな。
ありがとうございます。

うつしみ(1999年製作の映画)

-

愛デーーーーーース。
大根ってこんな宗教的なものだっけ?

カーライル ニューヨークが恋したホテル(2018年製作の映画)

3.4

だいとゅき。ここに泊まるまではしねない。
ウェスアンダーソンかわいい(定期)
あとビルマーレイってタモさん的だよね。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.0

なんだかんだ、遺伝子レベルで惹かれてしまうのかな、こういうの。
でも段々、ティモシーシャラメはこの時、何を考えて演技してるんだろうか?という疑問で頭がいっぱいになって、感情移入ができなくなる。この作品
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

-

若葉竜也と藤原季節もっと好きになった。
終始、対比の構図が良かった。
笑っちゃうポイントに実はちゃんと伏線があるのは新しいな。

キャスト脚本カメラワーク等、良いんだけど、自分と同じくらい若い人達がこ
>>続きを読む

少女〜an adolescent(2001年製作の映画)

4.2

おじさんと少女の映画は過去のトラウマのお陰で観るのに覚悟が要るけど、これはもう…もう……。
ジメっとしてそうという印象で、じとじと雨が降る今日を狙って観た。予想を上回って、品のある湿っぽさが良かった。
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

4.0

今の日常にはこういうのが必要ですね..
私も、仕事に遅刻したことを指摘されて「わたしには仕事よりも大切なことがたくさんあるのよ」って言いつつ素敵にジタン吸いたくなった。、
女性のための映画としてもっと
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

-

自分はヤクザ系を観るとき、役者が好みじゃないとアガらない事を知った。but 極私的

バグダッド・カフェ 完全版(1987年製作の映画)

-

映画って素晴らしいな、と改めて思う。
雰囲気はハートフルで、感じるタイプのものだけど、ひとの弱さを突いた上のあたたかさに安心して、思わず泣いてしまった。

>|