myUaさんの映画レビュー・感想・評価

myUa

myUa

2018〜/劇場鑑賞のみ/支離滅裂な感想掃き溜め

映画(56)
ドラマ(0)
  • 56Marks
  • 116Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

草間彌生∞INFINITY(2018年製作の映画)

2.5

草間弥生の独特な感性と作品の裏側を知ることができた。作品は初期から根本的なことは同じなんだと思った。

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリーよりの作品に思えた。引きの画と風景画が多かった。多くを語らない主人公と構成から、この映画がなにを伝えたいのか観客に委ねられてると感じた。

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

3.5

東京国際映画祭にて。とりあえず美術がキラキラしてる。ポップな作風で身近にありそうな問題を問う、入り込みやすかった。

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

3.5

東京国際映画祭にて。エンドロールが黒バックで始まらないのが楽しい。

楽園(2019年製作の映画)

3.5

過去と今の場面転換が急に来て話を飲み込むのに時間がかかる。予告が良すぎた。庭にマネキンが立ってるとか美術が奇妙な雰囲気を漂わせていた。

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

4.5

久しぶりに観に行った映画がこれでよかったというくらいに観たことを後悔しない作品だった。映像も音も良すぎて余韻が凄い。4人の役者さんもそれぞれ良くて、鈴鹿央士さんはこれから注目したいと思った。

最高の人生の見つけ方(2019年製作の映画)

3.5

世代問わずに観て欲しい。とりあえず吉永小百合と天海祐希が可愛い!ムロツヨシは安定の面白さ。あとドローンを使ったカメラワークが多いし画が飽きない。最初のシーンの演技がちょっと残念、

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

2.5

世界観はほんと好き◎要所要所で花が出てくるところも好き。あとキャストが豪華。でも映画としてはこれでいいのかって感じる。(単館上映されてる作品の方がもっといい作品あるけどこれをシネコンでやるのか…)何も>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.5

とりあえずカット割りすぎ(笑)あとCGバチバチに使ってるなあって感じ。菅田将暉は帝一の國といい、ひと昔前の格好で奇人な役がハマり過ぎて好き。

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.5

美術がとても良かった。蜷川実花の世界観に迷い込んだ気分になれる。光の差し方がより幻想的な世界に連れていってくれる。

凪待ち(2019年製作の映画)

3.0

ティーチインで監督が仰っていた通り、監督の手がける作品の中では見やすい(優しい)映画だった。ティーチインに参加したことによってこの映画がより見やすく感じられた。映像の内容的には長回しのシーンが多かった>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

4.2

いろんなことを忘れゆくお父さんとその家族の物語。悲しいだけじゃなくて、ときどきくすっと笑える構成が良かった。孫と校長先生のgood-byのカットは凄くグッときた。見終わった後、無性にお父さんに会いたく>>続きを読む

小さな恋のうた(2019年製作の映画)

3.8

青春映画は最近見なくなっていて見るか迷っていたところ、レビューが良かったものばかりだったので思い切って見てみた。結果は◎少女漫画実写化とかではないからか、脚本が良かったからか満足できた。ただのバンドの>>続きを読む

さよならくちびる(2019年製作の映画)

4.2

構図も色味も画に関するもの全てがとても好きな作品だった。劇中歌もそれを歌う小松菜奈と門脇麦のハーモニーも良かった。

嵐電(2019年製作の映画)

3.0

ティーチインに参加できてよかった。現実と虚構が入り混じる不思議な世界観。ドキッとしたり、ほっこりしたり、嵐電を中心に3つの物語を見ることが面白かった。

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

3.2

ホラー系苦手だけどミュージカルの文字に引かれて…やっぱりびびってすごい震えたりしたけどミュージカル部分はすごく楽しく見れた。ただ何の気なしに見に来てスカッとして帰れるものではなかった。

バイス(2018年製作の映画)

2.0

予告だけみて面白そうだと感じてたけど実際は話が難しかったり、展開も分かりにくかった。映画よりバラエティーよりの構成にみえた。

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

4.0

完全なるミーハー心で見に行ったし若松孝二をよく知らなかったけれど楽しめた。めぐみちゃんに共感してしまうことがたくさんあった。でも"死んだら終わり"、生きてないと何も始まらないのはわかっているけど生きた>>続きを読む

映画 少年たち(2019年製作の映画)

2.0

映画としてみてはいけない気がした、、Jr.ファンのための作品。本家の舞台がより観たくなった。

キングダム(2019年製作の映画)

4.0

長澤まさみが映るたびかっこいいしか思えなくなる、、最初のカットからすごく引き込まれた。カメラワークは見てて飽きないし好き。台詞の効果?に違和感を感じるところがあった。途中コミカルな場面転換が使われすぎ>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.0

どこでどうやって撮影したのか考えながら観るのが楽しかった。百美の家のシーン、窓から差し込む光がとても印象に残る。埼玉県民に向ける映画というかネタがストレートに入ってくるのは埼玉県民だけみたいな、、でも>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.0

血の繋がりがなんだ、家族のあり方はひとつじゃない、と考えさせられた。好きなら殴らない、好きなら抱きしめるんだ(ニュアンス)ってセリフが心に残った…

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.5

どことなく行定監督色を感じた。つぎはぎだらけの映画ぽくない映画。でも映画館のでっかいスクリーンで観るのも悪くないし。青春なんて一瞬だって言うくらい、だったらあんな風に打ち上げ花火みたいな大きく咲いてカ>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.5

社会人になりたくなくなる。ちょいちょい笑えるシーンがあって、堅苦しすぎなくて見やすかった。構成と編集が良かった。とにかく話の流れに遅れることが(ほぼ)無かった、エンドロールが終わるまで楽しめる。役者が>>続きを読む

ニセコイ(2018年製作の映画)

2.0

予告が面白くて興味が湧いたから見に行ってみたら、まんまとはめられたなって感じ。キラキラアイドルと美少女ハーフモデル等の役者目当てとかその他コアなファン向けかと()最後のクロードと楽の対決(?)のシーン>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

やっぱり迫力がすごい。オープニングからアトラクションに乗ってる気分になる、三半規管が弱い私は2D映画館で若干酔った(笑)とりあえずエディ・レッドメインがいい。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.5

中身がちょっと?だったけど、よかったと思う。レディーガガがとても良かった、すごい人間味があってかっこよくて。私は好き。

来る(2018年製作の映画)

4.0

相変わらず奇天烈な作品をつくる人だなあと思った。ホラー系全般苦手だけど所々怖かったけどその中に面白さがあって良かった。渇き。よりは話の流れがしっかりしててわかりやすかった気がする。小松菜奈と松たか子の>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.5

全てに共感はできないけど、生きてるだけで褒めて欲しいのはすごくわかる。泣きたいくらいに。

>|