anankeigoさんの映画レビュー・感想・評価

anankeigo

anankeigo

基本的には映画館で。週一で。

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.8

日比谷シャンテにて鑑賞。公開されて随分経つが割と多め。年齢層高めで法廷劇なので寝てる隣とその隣の人からイビキが微かに聞こえた。
イギリスでは訴えた方には証拠を提示する義務がなく訴えられた方にあり、アメ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.0

満員の新宿シネマカリテにて鑑賞。若者特に女性多め。前評判の高さから見に行ったが、そこまでではない気が…
松岡茉優の演技の良いところもあったが、ファック連発するとことかで気持ちが冷めさせられて乗れていか
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

4.0

ジェフミルズ音楽ということで賛否ありそうと興味ある作品だったのですが、私的にはアリでした。
セリフまわしが気になったけど、なかなかの求心力ある展開でした。瑛太がイメージを壊すような演技力で良かったです
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.9

今年劇場公開された映画40本目で、まさかの1位かもしれない。何も知らなかっただけに衝撃がすごい。終盤涙が止まらなかった。思い出すだけで泣けてくる…

役者陣の演技も素晴らしく、カメラワークも演出も脚本
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.5

公開初日と次の日に鑑賞。深夜の回というのもあり、あまりの長さとダラダラとした展開、ダイバーシティなのかローズのドアップに耐えきれなくて眠ってしまった一回目の反省し、2回目に挑んだが、結果は同じ。まずは>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.2

殺人エンターテイメント映画で評判も良いとのことで観に行ったが、予想を上回るものではなかったかな。カメラワークとか演出は良かったと思いましたが、大牟田なのに多摩ナンバーの車や首ばかり攻めるセックス描写な>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.4

公開初日の日比谷シャンテにて鑑賞。トム・フリンの脚本とマッケナ・グレースの演技が光る作品。オリジナルの脚本で実際に子育ての中で作られた背景から来るリアルさとメアリーに感情移入しまくり何度も涙腺にくる。>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

面白いとの評判でほとんど情報なく見に行く。人種差別を巧く使っていてこちらが催眠にかかってしまいクラクラする展開。なぜグーぶつける挨拶についてこれなかったのかとかなぜ深夜にダッシュしてるのかとかやたら体>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.8

シャーリーズセロンがただただカッコいい…
ユージャルサスペクトスタイルの取り調べ室の回想で物語が始まるのも良かった。痛みの伴っているアクションと音楽、新しい時代が始まりを予感させつつ、スパイたちの運命
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

ホラーというよりダークファンタジー。スタンドバイミーというよりストレンジャーシングス。マイクも出てくるし。80sが流行ってるから作った感が否めず。怖さの表現が一辺倒で、もういいよと思ってしまったところ>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.4

ハウス・オブ・カード以降の映画という感じ。情報量の多い会話とテンポの良い編集でぐいぐい引っ張られる。ある程度ロビイストや銃規制、NRAなど予備知識がないと厳しいかも。バックグラウンドチェックなど細かな>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.8

観賞後は清々しい余韻に浸れる今年ベスト5には入る名作。演技、撮影、脚本、構成、ファレルの音楽と文句の付けようがない。チョークのシーンとトイレのシーンなどもう一度確認したい。差別をどうやって表現するかと>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

親として成長する話。この日、父と娘の距離は1番近くなった。1つだけ、あんなに一瞬でペットボトルの水と新聞紙を使いこなすなんて!と思いました。あとあの人物の最後に見た走馬灯のような映像が最高にダサい!褒>>続きを読む

戦争のはらわた(1977年製作の映画)

4.4

町山さん解説の会を鑑賞。戦車が足りない兵隊が足りないなどの裏話が聞けました。炎628と本作を合わせるとフュリーになるなど。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

4.6

キレッキレ。オープニングのダビデ像からのデイヴィッドで一気に引き込まれた。ただのグロアクションではなく、しっかりと根底にはデイヴィッドの創造主憧れが流れている。なので、ラストは必然。そうなるようになっ>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.2

女性人権を裏側にテーマを持つ作品。軍事会議のシーンでは女は出ていけなど、参政権がなかった頃の様子が描かれる。ダイアナは異世界から来たものとして現実社会を風刺した構図となっていて面白い。後半では敵によっ>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

いろいろと仕込まれている映画だと思う。
最後犯人と対峙する前に息子に先に帰ってるからと言ったのは、多分息子に見つけてもらい殺させることを意図していると気がついた時、めまいがした。隣人の奥さんの最後の言
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

新宿IMAXにて鑑賞。いつものノーラン節を期待していたらクールさだけを残してツッコミどころのあるストーリー展開がなく、セリフも削られていて感情移入しにくい上に、三者の場面展開があんまり良くなく、掴み所>>続きを読む

ボンジュール、アン(2016年製作の映画)

3.5

80歳のエレノア・コッポラが撮ったことが価値があるかと。フランス人の食に対する意識の違いがよくわかる。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.8

沖縄決戦のアメリカ側の話で銃撃戦は凄まじい。銃撃戦で泣ける。アンドリュー君もよかったし、メルギブソンはアル中の自分を投影してたのかな。銃の真俯瞰のショットが良かった。岡本喜八の沖縄決戦とこれをセットで>>続きを読む

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

4.2

夫婦崩壊もの。固定カメラでただただ追っていて、それがまた怖い。笑えるシーンもあるが。

光をくれた人(2016年製作の映画)

4.0

いろんな立場で見方のある作品。思ったより穏やかだった。

メッセージ(2016年製作の映画)

4.8

心に響く名作。2回目でいろいろループが繋がる気がする。

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

3.5

ウォーキングデッドのニーガンファンは見る価値あり。ご都合主義的なところがあって、ドンドブリーズの方が数段上。

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

4.2

面白い。クリステンの演技は見ていられる。ストーリーは謎だらけ。

>|