sasuraibouzuさんの映画レビュー・感想・評価

sasuraibouzu

sasuraibouzu

ナイン・ソウルズ(2003年製作の映画)

5.0

2000年代初頭の邦画のこのギラギラした感じ、最高だな〜。ほんで監督が豊田利晃かいな。もう一生着いていくわ。

全員切腹(2021年製作の映画)

4.9

そもそもキャストが俺得でしかないんよ。でもなによりほぼ背中だけの出演でありながらあれだけのオーラが出せる芋生悠すっげえわ。たった20数分に全て詰まっとった。

ドラッグストア・カウボーイ(1989年製作の映画)

4.4

更生するも良し、そのまま溺れ続けるも良し。その後の人生、自身で決めるべし。

ドッグマン(2018年製作の映画)

4.5

彼にとっては娘も友達も犬も同じくらい大切な存在だったんだろうな。う〜〜ん、、苦しい🤦‍♂️

セブン(1995年製作の映画)

4.3

何が胸糞悪いって、結局あいつの一人勝ちなところだよなあ

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.7

一線を越えることになんの躊躇もないのほんま好き。

ウィッチ(2015年製作の映画)

4.3

双子と母にイライラした。宗教的な諸々、理解し難いけどああいう世界もあるんだなと。僕もアニャの弟になってからかわれて拗ねた後、ヨシヨシされたいです。

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

4.7

頭蓋骨の中に入って油汲み取るなんて考えられんし、そもそも5〜6人がボートに乗って銛で捕るなんてのもあまりに無謀すぎてめちゃくちゃ興味深かったな〜。海の漢、かっけえ!🐋

ミスト(2007年製作の映画)

4.2

人間臭え〜、、終わり方もキツイ。SF苦手じゃけど鬱映画で有名ということで鑑賞。鬱というより胸糞だった。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.7

見たくもない現実があまりにもありすぎて、それならいっそ見えなくなる方がマシなんかなと思わされる。クソな奴はとことんクソなのに、そいつらにさえ向き合ってしまう。どうか報われてほしいけど、そうもいかんのも>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

4.2

自分があまりにも頻尿なため映画館で鑑賞すると必ず途中でトイレに行っちゃうんだけど、コーヒーがあまりにも出てきていつもよりヤバかった。

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.3

ジャケからして、こんな内容だとは思わんかった。世界観ばり好き。若かりし渡部篤郎イケ散らかしとんな〜!

>|