とれたてclubさんの映画レビュー・感想・評価

とれたてclub

とれたてclub

映画(219)
ドラマ(0)

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

5.0

今の日本の政権、政治の知識が少ない自分でもわかるくらいに、倫理的にやばい。記者の質問に答えないわ論点ずらすわなのに、テレビ局は政権に寄るし教育は政治的関心を排除しようしようとするしで、最悪。だから映画>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

-

私が幼少期に読んで一番大きな影響を受けたのは西森作品で、あらゆる所作や思考に確実に西森作品が関わっている。でも、ジェンダーや暴力に対する規範がある程度備わった今に見たら、どんな気持ちになるのか気になっ>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

-

アングラでダサい女神になって嬉しくなっちゃったり、都会を盲信しちゃったりは、自分がださい頃に若干あった気持ちだから見てて恥ずかしくなるし、恋愛への憧れを利用した未成年の性搾取は社会の成熟と共にバンバン>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

5.0

ハーレイクインはじめ強い女達がクソ差別権力ボコすシーンで、
今の黒人差別への運動とか日本のフェミニズムの後れとか自分が女性として受けてきた差別とか自分の身を守るために差別に加担してしまった瞬間とか周囲
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

-


もし私が前の恋人と付き合っている最中にこの映画を観ていたら、これほど感情移入でき、自分達のことを描いていると思った作品はなかったと思う
別れるまでに色々なことを対処できなかったし、直視できなかった問
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

4.2

おっさんきもすぎて、バーにいた青年達と同じノリでひたすらきも!うわ!きも!!!!きもいーーー!!!キモキモキモキモーーーーーー!!!!キモキモ世界大会優勝キモ選手権地球代表宇宙のキモキモ春のキモ祭り開>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

5.0

・食事が命を奪うことで成り立ってることを思い出す、私たちは日常的に暴力的なことをしている。
・ツイッターを始めてから、ビーガン叩きという言葉があるのを知った。過剰な菜食信仰で、常識的なバランスを崩して
>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.0

・ベッドの上まっすぐ歩くのを許しちゃうおばあちゃん
・イカれ女を求められたから全力でイカれ女したのにふられてしょんぼりしちゃうシーン
・カフェで悲しみ狂いたいのに周りの人に「あっすみません」って思っち
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

・依存先の移動についての映画
・最初に殺されたカップルの女性と全く同じザラのトップス持ってる、着るたび思い出すわ
・木におしっこしてマジギレされるところ、向こうの文脈理解してない状態で怒られるやつ、、
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

※パクソダムちゃんしゅきしゅきレビューです

これは感想の一部で全体の感想ではないんだけど、
・金持ち側のやってることが、私がインスタ映えでやりたいセレブ生活とわりと一致していた。日本人の女の子が韓国
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

-

めっちゃこわかった。
私がとんでもねー独裁者だったら、これ見て着想を得て、敵対する国民への差別をエンタメ化して自国民に差別意識をじんわりと植え付けるぞ。私が平和主義者でよかった。。てか自虐ネタ苦手なん
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

5.0

・娘がロリータの感想を「interesting」って言ってdisられるシーンで、「面白かった、興味深かった だけの感想は点数を与えません 。授業受けてなくても書けるから」ってレビューシートの提出の時言>>続きを読む

真昼の不思議な物体(2000年製作の映画)

-

映画館で見て、疲れた。
家とかでご飯食べたり踊ったりしながら見れたらもっと好きだったかも。とりあえず見ながらじっとしていたくなかった。

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

-

地元の映画館で観たんだけど、吹き替え版しか来てない田舎だったから、噂の「pikapika〜」を聞けず、「ピカピカ〜」だったのが悔しい。

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~(2019年製作の映画)

4.0

クレしんは、モーレツサラリーマン/ローンでマイホーム/専業主婦と子どもの平均化された家庭像、という団塊ベースがあるため、工夫しないと80年代にタイムスリップしたような気分になるが、

今回は
・みさえ
>>続きを読む

劇場版『えいがのおそ松さん』(2019年製作の映画)

5.0

トト子ちゃんが謙虚なだけで爆笑できる。ちょー面白かった。
映画館高橋さんみたいな人がいっぱいいた。私も共感した。トト子ちゃん大好き。トト子ちゃんのようなかわいいヒロインにこの先出会えるのか、、
すごく
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

5.0

犬がかわいかった。渡辺教授が殺されて悲しかった。飛行機で観てたら、隣のドイツ人がストップモーションをめっちゃ説明してくれてかわいかった。私は英語もドイツ語も全然わかんないので、とにかくドイツ人をがんば>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

5.0

良い夫婦だった。アメリカンで、主人公にとって最善の終わり方だった。

We Margiela マルジェラと私たち(2017年製作の映画)

5.0

脱却オタクマルジェラ、既存の概念から脱却するの好きすぎてファッションからも脱却してしまうという→まじウケる、、すき、、

・観終わったあとに今マルタンなにしてるのかなって話になった。個人的に健康食とか
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.0

カンヌの点数取りに行きましたって感じ。上手だった。センスある思いつきシーン詰め込む系の映画結構好き。ヒゲ男×猫のシーンもちゃんとあった。

ゴースト・シャーク(2013年製作の映画)

4.7

サメが透明でキラキラで、プリクラのネオンペンみたいだった。血が苦手な人以外には堂々と勧められる快作。美女の水着パートもたっぷり。主に陸で殺される。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

・フレディマーキュリーがクズマネージャーに流されるパートがこってり長くてイライラした。孤独を知っている人だと思うけど、売れるために孤独な状態にさせられたと思うと腹がたつ。セクシュアリティは必ずしも先天>>続きを読む

パニック・マーケット3D(2012年製作の映画)

3.8

Amazonプライムのサムネからクソ映画を予想してみたのですが、すごくしっかりした作品でした!展開も人間模様も真面目なので、急にCGがチープになるのもポップさを感じよかったです。3D作品だったんですね>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

5.0

・エリオが彼氏に似ていたので私はちゃんと結婚しようと思った。暖炉の前で彼氏が泣いたらかわいそうすぎる。好きな人の今後のために何も起こさないのも愛だけど、それでも忘れたくない大切な優しい繋がりだったと思>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃよかった。ガタガタなところも含めて愛しかった。わりとずっと爆笑してた。強いきもち・強い愛を殴り込みのBGMにするのと、富を昔のマブに分配するシステム素晴らしいと思った。

マザー!(2017年製作の映画)

5.0

神と人類に対してメタいです。

本当にめっちゃ超壮大スーパースペクタクル作品でした。 ホラーとしても普通に怖いですが、環境問題に対してかなり道徳的な作品です。とんでもなく自省的な心の持ち主じゃないと、
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

5.0

💞💚😆😂🐹❇💐🐰😃😄😉😆😁😋😘😍😚😂☺🙆👯👰👸👧👪👫👱👳👲👵👴👶👮👷❤💙💓💔💕💗💝💜💛💚💖💕💔💘🔥💋👄

幸せのちから(2006年製作の映画)

-

え、かなり利益上げてるように見えるけど19人無給なの、社会きっつ、、

>|